GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。



今回の記事、自転車の事は全く関係のないお話です(ぺこり

もう梅雨が始まるかぁと感じてる今日この頃、ふと過去にあった出来事を思い出しました。

いつ頃の出来事だったのか忘れましたが、もうかれこれ10年以上経ってるかと思います。




その当時の趣味はリバーカヤックでした。

06040027



今の僕が自転車にハマりにハマっているように、このカヤックも自転車に負けないくらいハマっていました。
そらもう、来る日も来る日も増水した川へ赴き、ひたすら漕いでました。
ほんとカヤック浸りの生活でした。

そんなカヤックにハマっていた、ある年の夏の出来事。

いつものように、練習フィールドだった保津川で技の練習を終え、カヤックを車に立て掛け着替えていた時の事でした。

夕暮れ時だった事もあって周りには誰一人いてない中、一台の軽自動車が僕の車に横付けして停まりました。

運転席の窓が開き、

「すみませーん、ちょっとお聞きしたいのですが、、」

僕はその人を見てドキッとしました。


め、めっちゃ可愛いやんけ、、、。


ショートボブでクリっとした瞳が印象なその方は、僕にそう話かけてきました。

あまりに可愛かったので、少しニヤッとしつつもそれがバレないようにクールを装い、


「はい、どうしました?」

「この辺りって、BBQとか出来るんですかぁ?」

「えぇ、大丈夫と思いますよ。この時期になると見かけるし。なんで?」

「そうなんですねー。いえ、今度友達とBBQするんですけど、良い場所ないかなぁって探してるんですよぉ〜。」


喋り方とかもめちゃ可愛いやん、、。


「そうなんや。やったら、この辺りとか良いんとちゃうかなぁ?あんまり人来ないし。穴場やと思うよ。」


練習でよく通っていた保津川は、そのコースも詳しかったのでちょっと得意げに答えました。



「そうですかぁ!教えてもらってありがとうございますっ(ハート)」


本当に可愛い娘でした。


「ところで、この船って何て言うんですかぁ?(ハート)」

「あ、これ?カヤックって言うねん」


俺のフィールドに自ら飛び込んで来るとは、、。
何て健気な娘なんやろう。



手振り身振りを交えながら、カヤックの素晴らしさを語り、その娘は嫌な顔一つせず興味津々に聞いてくれました。


「すごいですね!わたしもやってみたい!(ハート)」


何この素晴らしい流れw


鼻が大きく膨らむのを隠しつつ、クール&トークを続けてると、


「体、すごいですね(ハート)」


上半身はノンスリのウェットを着たまま話をしていたので、その体つきを見て、その娘は言いました。

当時、自転車の体つきではなくカヤックの体つきをしていたので、胸、背中、肩周りは、今よりかなり筋肉が付いていました。


筋肉自慢したい僕は、多分めっちゃ嬉しそうな顔して、今度は筋肉について語り、その娘はうっとりした目をして、その話を聞いてくれました。

これ、ひょっとしてひょっとするんちゃうん?(天変地異

しかも、

「胸とかちょっと触ってみていいですかぁ(ハート)」

お、ま、まじかw

「え?あ、うん、いいよ」

窓から手を伸ばし、その娘は僕の胸を触りました。

僕は僕で、もはや調子が有頂天だったので胸筋をピクピク動かしたりしましたw
今思うと、アホの丸出しが満開ですw


「筋肉すごーい!(ハート)」

「そ、そぉかぁー、めっちゃ照れるわぁ」


俺、ひょっとしてナンパされてんのか?!

これ完全にいける展開やん!

やるやん、俺!!!
しかもめっちゃ可愛いし!!!


自惚れがピークに差し掛かった時、ふと冷静になりました。

いや、ちょ待て。
よくよく考えたら、なんかおかしくないか?
こんな可愛い娘が、いきなりナンパやでw
普通する?そんなんw


今思えば、この時我に返って良かったと思います。

そして、その娘を見ると、その娘は可愛い瞳でじっと僕を見つめています。


いや、でもやっぱめっちゃ可愛いなw
いやいやいや、ちゃうちゃう、冷静に考えろって!やっぱおかしいってw


心の葛藤が続く中、ふと彼女を見てると、何故だか少し違和感を感じました。


!!!!




「そーゆー事かぁ!!!」


思わず口に出して言いました。


「え?え?どうしたん??!!」


彼女はビックリして、僕の方を見ます。

「自分、男やんw」

「!!」

「えーーっ!!なんで分かったん??!!」


彼女、いや、その男は完全に動揺して僕に言いました。

「あごw」

「え、あご?」

「ヒゲ!!」

「!!いやん!!!」

「いやんとちゃうわ!!!!」


そう、かのry、その男の顎には薄っすらとヒゲが生えていたのですw

化粧で全くわかりませんでしたw



カヤック的な気分で表すと

06040028

こんな感じですw




「こんな上手い話あるなんて、おかしいと思ったわw」

「えー、でもめっちゃ好みやもーん」

「今度飲みに行こうよ」

「ムリw」

「えー、しょっく〜」

「まぁでも仕方ないかっ」

「うん、仕方ないw 」

「じゃあ、最後にキスさせて」

「は?」


その男は、そう言ったかと思いきや、僕のウエットをグッと掴み、めちゃめちゃ野郎の力で僕を引き寄せ、


ぶっちゅーーーー(ハート


「な、な、何すんねんボケ!!!!」


その男の手を渾身の力で振りほどきました。

その男は、ニコっとしながら、


「ちょっとだけだったけど楽しかった(ハート)じゃねっ」


軽自動車は爽快に走り出し、おまけに手を出してバイバイまでしてやがりました。

僕は、しばし動く事も言葉を発する事も出来ず、ただただ呆然と立ち尽くしていました、、。



薄っすら涙を浮かべた夕暮れ、、、。

カラスの鳴き声だけが虚しく響き渡っていました。




〜おしまい〜



これは実話ですw
ふと思い出したので書いてみました。


そして、明日は富士ヒル!!

参加される皆さん!!陰ながら応援しております!!!

どうぞ全力を出し切ってください!
ファイト!!!




読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


おやじ転車です。


大台ケ原物語は、これで最終回となります。
最後までのお付き合い、誠にありがとうございました。


それでは、大台ケ原ファイナル 〜夕暮れ男道〜どうぞご覧ください。



 補給食なし(羊羹は最後のパンクの時に食べた)、水はごくわずか、現金0。

ある意味極限の状態で、おやじ転車とぴょん吉は出発しました。


「ぴょん吉、俺が最後まで牽いてやる!」


こおぉぉーーー、、、

ホルアァァーーーー!!!!


おやじ転車、大迫ダムの道沿いを持っている力振り絞り、ぴょん吉を牽き走りました。


「これが俺のど根性!夕暮れ男道じゃぁーーー!!!!」

「時間的にもちょうど夕暮れぇーー!!!」



おやじ転車の心の中では『夕暮れ男道』の曲が永遠とリフレイン!

後ろをチラ見すると、ぴょん吉は姿勢を低くして完全ツキイチ体制!

そもそも交代する気ゼロw


「それでええ、、それでええんや、ぴょん吉」

「もうすぐ50歳になる俺のケツ!しっかり見とけこの野郎!!!」

「夕暮れ男道ぃぃーーー!!!」


おやじ転車がカウンターアタックをかまして、直ぐに吸収された道の駅『杉の湯川上』が見えて来た!
ほんまはここで補給したかったけど、二人とも現金持って無いからパス!!

「とりあえず吉野ローソンや!」

「そこまで行けば何とかなる!」


吉野ローソン!
吉野ローソン!!
吉野ローソン!!!
開いてます!あなたのローソン!!!!



もう、吉野ローソンで補給する事しか頭にない!


やがて吉野川を横断しラストスパート!!

到着!!!

牽き切りました。

電子マネーで直ぐに食べ物と飲み物を買い、すぐさま補給。

そして、ものすごく安堵w


「おやじさん、脚復活してますやんw所々キツかったっすw」


おぉ、嬉しい事言ってくれる。
頑張って牽いたかいがあったっちゅーもんや。


「さぁ、こっからどのルートで帰ろうか」

あたりはすっかり暗くなっていました。

「多武峰ルートとかあり得んやろ?w」

「はい、あり得ません」


スタート始めの勢いはすっかり消えて、まじモードw

二人は真剣な表情で、最短で平坦なルートを考えますw

が、二人ともアバウトな性格なので、


「よー分からんから、いつもの竹内峠で帰ろうか(笑」

「そうしましょう(笑」


出発w

ここからも終始おやじ転車が先頭で走りました。

川沿いからR309に入り、アップダウンを越え、山麓線を竹内峠目指してひた走ります。



「おやじさん!ライトの充電なくなりました!」

「わおwマジで?w」



暗闇の山麓線で二人は止まります。


「でも大丈夫です!予備バッテリー持って来てるんで!」


良かったw


「あれ?点きません!!」


おいww



とりあえず、おやじ転車の持っていた携帯バッテリーで、ぴょん吉のVOLT800を充電。


充電してる間、星空の下、もうすぐ50歳と20歳前半の二人は語り合います。

こんな経験まぁないw

時間もかなり遅くなったので、その場しのぎの充電を切り上げ、再び走り出し最後の登り『竹内峠』へ。

「最後やし」と、せっかくなんで全力で登りました。


「踏みましたね!やりますね!」


この日一番の嬉しい言葉でした。

そのまま下り切った所で、ぴょんのライトが再び切れたのもあって、ペースを落としてゆっくりと石川まで。

「ぴょん、どうする?とりあえずリビエールまでゆっくりペースでアテンドしよか?」

「ありがとうございます。でも、申し訳ないんでここまで親に迎えに来てもらいますわ」

「そか、うんそれがええわ。じゃあ、俺は車の鍵ないし、リビエールではなくこのまま狭山抜けて帰るわ」

「わかりました」


IMG_1671


こうして、おやじ転車とぴょん吉は「また行こな」というセリフは出さずに別れw、おやじ転車は自走で帰途に着いたのでした。


リザルトです。

1位 おやじ転車

ぴょん吉・なかむらくん DNF


優勝者:おやじ転車

ぴょん吉に通算4勝目。


7回を数える自走大台ケ原シリーズの中で、ある意味伝説となったライドでした。




IMG_1677




なかむらくんへ

500円を貸してくれて、ホントにありがとね。
あの時カップ麺を食べてなければ、道の駅からぴょんが待ってたトコまで行けなかったと思います。
助かりました。
またご一緒して下さいね。
ありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。

 
下山編、どうぞご覧下さい。



 ぴょん吉ぃー!!今助けに行くぞー!!!


濃霧のドライブウェイを、おやじ転車は気合い十分の割には全く回らない脚で進みます。


「あかん、脚がパンパンで全然っ進まんww」

「むしろ俺が倒れそうやw」


もう気合いだけでペダルを踏み続けました。
ドライブウェイはアップダウンコースなので、帰路もアップダウン。
登り返しが特にキツく、おやじ転車の体力は更に奪われていきました。

道中、最悪な事態(ぴょん吉を発見したけど倒れてた。全て初見のなかむらくんをビジターセンターに一人残したまま。おやじ転車の財布見つからず。)が全て揃ってしまったらどうしようと、その対策を頭の中で考えまくります。

そうこうしているうちに、辻堂とドライブウェイの分岐点へ到着しました。


「あれ?!ぴょん吉とスライドせんかったぞ?!」


あたりは人っ子一人いません。

「ぴょん吉どこ行ったんや?!ぴょん吉はどこや?!」

「ぴょん吉ぃーー!!!」

「ぴょん吉ぃーー!!!」

大台ケ原のドライブウェイで、おやじ転車は一人叫びました(マジで


しかしこれ、どんなシーンやねんw
しかもハンドルネームで叫ぶっていう


「ひょっとして、このままドライブウェイを下ったんか?!」

「それはそれで良いような良くないような、、。状況が全く分からんし。」

そう、もしそれが本当だとすれば、おやじ転車はビジターに一人残してるなかむらくんを迎えに行かなければなりません。

正直なところ、再びこの10kmも続くアップダウンを走るには、あまりにも脚がない状態でした。
でも、当然なかむらくんを見捨てる訳にはいきません。

「あかん、今度は俺が倒れる番か、、。」

「あ、そや電話か!」


圏外ではなかったので、ぴょん吉に電話をかけてみます。

「もしもし、、」

「ぴょん吉!どこいてるん?!」

「今、なかむらくんとビジターセンターにいてます、、」

「え?今なんて言った?w」

「なかむらくんとビジターセンターにいてます」

「ビビ、ビジターセンター??!!」


おやじ転車、軽度のパニックw

「え?どゆことww?」

「スライドせんかったぞw」

「優しい方が、へばってる僕に声を掛けてくれて、自転車ごと車に乗せてくれたんです」

「それで、ビジターセンターまで送ってくれました」



ど、どっかーん!!(驚愕の意



「な、なんとwマジでかww」


そりゃスライドしても気づかんわw

しかし、なんちゅー展開やww


「わ、わかったw そしたら、二人とも十分に休憩を取って、行けそうになったらドライブウェイコースで下山して来てくれw」

「俺は登って来た辻堂ルートを下って、道の駅で財布探すわ。道の駅着いたら連絡するし。ぴょん吉たちも下山する前に一度連絡ちょーだい」


そう言って電話を切り、辻堂へと下っていきました。


「ふぅ、、とりあえず良かった、、。」

「しかし、あの激坂区間を下らなあかんのかぁ、、。めちゃ憂鬱や、、」

「ドライブウェイルートやったら下りもそんなにキツくないのに、、。」



ヒルクライムレース以外では、ほとんど路面整備されていない辻堂ルート。
落石後の小石などが散乱、荒れたグレーチング。下りとなるとパンクリスクがかなり上がります。


「ここは写真でも撮って、心を落ち着かせよう」


パチリ。
IMG_1670


一枚撮った後、再び下ります。


そして、激坂区間の中盤で案の定パンクw

「さ、最悪やw」

早く道の駅に戻って財布を探したいのにこのザマ。

風が吹き抜ける淋しい激坂区間で、一人パンク修理に勤しむおやじ転車。

予備チューブは持っていたけど、万が一を考えてパッチ修理。


「ふう、、出来た。先を急ごう」


再び下りだし、今度は激坂区間の終盤でパンク。


「なんでやw」


風が吹き抜ける淋しい激坂区間で、一人パンク修理に勤しむおやじ転車。


「ふう、、出来た。先を急ごう」


再び下りだし、今度は緩斜面の区間でパンク。


「…。」


おやじ転車、精神的にハンガーノック。


「俺はここで死ぬのか、、。」

「大台ケ原で死ねるのなら本望か、、。」


精神状態がおかしいから、考えてる事もおかしいw


「ふう、、出来た。先を急ごう」


再び走りだして、ようやく道の駅へ。

携帯が圏外の辻堂でかなり時間がかかってしまったので、直ぐぴょん吉に電話。


「もしもし!パンクで時間かかってしまって、ようやく道の駅に着いたわ!」

「もう下山した?!」

「いえ、まだビジターセンターなんですよ」

「え?」

「実はなかむらくんと相談して、彼と一緒にバス使おうって事になって、、」

「バ、バスうぅーー?!」

「はい」

「お、おう、そうか、、で、そのバスでどこまで行くん?」

「なんか吉野川まで行くらしいです」

「え?」



ちょ待てよw
て事は、スポーツ羊羹1本とわずかな水だけで俺大台ケ原で一人ぼっちかw


「そ、そうなんや。ま、まぁ二人とも体やばそうやし、うん、き、気をつけて、、。」

「ありがとうございます。」

「ちなみに、そのバスって吉野川までノンストップなん?」

「分かんないで調べてみます。また電話します」

「わかった、じゃぁ俺は財布探しとくわw」


やっばーーーいwww

これはやばいw



財布見つからんかったら、これマジ遭難やん!
そうなんです!
いや言うてる場合ちゃう!

おやじ転車、焦りとともに財布を探し出しました。

ない!

ここもない!

ここにもない!

全然ない!!!


財布は結局見つかりませんでした。

最寄りの駐在所に連絡してみましたが、なんか転送ぽい呼び出しで誰も出ず。
開いてるお店やG.Sを尋ねるも、届いてないとの返答。


おやじ転車の自転車人生最大のピンチ。


しかも、なんでかスローパンクしてるww


もう見つからないと諦め、カード会社等に連絡し、ストップをかけてもらいました。

そして、本日4回目のパンク修理w
流石に新しいチューブ使ったw

時刻はこの時点で16時過ぎ。

すると、ぴょん吉から電話。


「おやじさん、どうですか?」

「財布なかったわ。そっちはどんな感じ?」

「今、ドライブウェイを下り切ったとこに居てるんですよ」

「下り切ったとこって、和左又山の看板あるとこ?R169に合流するとこの?」

「そうですそうです。バスの停留所があったので降りました。」

「おやじさん、とりあえず待ってます」

「ありがとう、すぐ向かうわ!」


良かったw


しかし、道の駅からそのバス停留所まで約11km。
しかもずっと登りw

おやじ転車、肉体的にも精神的にもボロボロの状態でしたが、もはや帰巣本能だけでひたすら登り続けました。


そして、最後のトンネルを登り切り、彼らが待つ場所へ。


「おやじさん!」

「ぴ、ぴょん吉!!」

感動の再会w


この時は本当に嬉しかった。

しかし、なかむらくんの姿が見当たりません。

「あれ?なかむらくんは?」

「なかむらくんは、吉野川まで行きましたw 」

「えw? そうなんやw」

「ほんとにすみませんって言ってましたw」

「いや、でもこれはそれで正解やわ」

「なかむらくんには、逆に申し訳ない事した」

「すみません何て言わなくていいと思う」

「ただ心配なのは、全て初見やったから、多武峰ルートで帰ってないやろかw」


そんな会話しながら、二人は安堵の談笑。

ぴょん吉から補給食をもらい少し復活。


「ぴょん吉、お金持ってるん?」

「いえ、現金は僅かな小銭しか持ってないですw」

「俺は0円やw」


そんな状態で今から帰るんかw

しかし、かろうじて二人ともキャッシュレスでの支払いは出来るので、それが唯一の救いでした。




ふと、ぴょん吉を見ます。


言うても、ぴょんはまだ本調子じゃないな、、。

ここは俺が根性出さなあかん

…。

…この命燃え尽きるまで牽くか。



「よし、じゃあ帰ろう、ぴょん吉」

「はい、行きましょう」



最後のホルアが、

今ここに始まります。


〜出来るだけ続く〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ