GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です


去年のちょうど今頃、おやじ転車は伊吹山ヒルクライムレースのための練習を開始していました。


「あれからもう1年経つのか・・」


いろんな出来事が思い出されます。

そして、1年経った今、おやじ転車は今後について考えていました。


「この冬も練習して、来年春にはさらにパワーアップするにしても、向かってる先がイマイチ分からんw」


そうです、今のとこ4/14に開催予定の伊吹山はもちろん、菰野とか吉野とか春先にあるレースが仕事で皆目ダメで、年間仕事スケを見てると、どうやら春以外もレースに出る事は叶わなさそうです。
まぁ、それがおやじ転車の通常なんですが。


しかし、レースの表彰台を経験すると、いくら野良TT野郎なおやじ転車と言えども、やはりそこに焦点を当てた練習が一番モチベアップに繋がるというものです。


「この『冬の練習モチベ』を保てる何かはないだろうか・・」

「なんかこう達成して熱いやつ」


うーーーむ

・・・。

あっ!

あったw


十三峠15分切り
そして、その達成を来年8月に誕生日を迎える50歳までに。



「あ、熱い熱すぎるやんけ・・」


タイムそのものは、十三峠の全体を見るとそんなに大した事ないかもしれませんが、おやじ転車にとってはかなりのチャレンジです。


「確か、昔どっかで『クライマーと呼ばれていいのは十三峠を14分台から』って誰かが言ってた気がする」


「クライマーって言葉が恐縮すぎるけど、それより何か一つ負けない武器を持っていたいってのは男の宿命やんな、ジョナサン」



おやじ転車、現在49歳。
そんな、初老真っ只中での現在の十三峠のタイムは、



BlogPaint


今年9月、ぴょん吉にディスられながら叩き出した15分31秒。(ほんま覚えとけよw )

ここから、来年の8月までに30秒以上縮める。


「い、いけるんかなw」


って、何度も頭をよぎったけど、この記録の前は6月に出した15分40秒。
さらにその前は、4月に16分フラット。
つまり、2、3ヶ月のスパンで結構な更新率。

このデータを見る限りでは、この冬にしっかりと本気の練習さえすれば、可能性はじゅーーーーーぶんに、、、


ある!!!!!と思う


「こんなんやるしかないよな、ジョナサン!」


人生、箔をつけてナンボやろ!!(たぶん違う


だって、50歳で十三峠を14分台なんて!自分の中では相当な気がする!!


だからやるしかないんや!!!(何ギレ


という訳で、この人生をかけた大げさな目標を達成すべく、これから練習日誌を公につけていき、どこにも逃げれない状況を作っていこう。

そして、決戦の日は来年6月!!


6月は、おやじ転車的にもっともタイムが更新する月!
そこで野良TT野郎の真骨頂を爆発させる!!


やってやるぞーーーー!!
ホルアァァァァーーーーーー!!!!!!


IMG_0182

あ、間違えたw




IMG_9984

こっちですたw





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 

おやじ転車です。

今日(8/26)は乗鞍でヒルクライムレースでしたね。
僕は最近まで知らなかったんですが、乗鞍で行われるヒルクライムレースは、「クライマー」と言われる方々にとって花形のレースらしいです。
超メインレース。

そのレースの表彰台に、僕の知ってる方々がいました。
普段ワイワイと遊んでくれる方、目標としてる方、憧れの方。


「もう、この方たちマジですごい!」
「僕も出てみたい!」



そんな風に思いながら、関連するツイートを見たりリザルトの速報を調べたりしました。

と同時に、表彰台に乗ってる方々とはまだまだ相手にならない僕ですが、一丁前に「悔しい」という思いもありました。

「みんなと争えるくらいになりたい」
「追いつきたい」
「追い越したい」


こんな気持ちって、幾つになっても変わらんなと思ったりもしながら。



先日、「高取城・戦国ヒルクライム2018」というヒルクライムレースで、総合6位・カテゴリー別2位という成績を収める事が出来ました。

僕の中では、伊吹山ヒルクライムに匹敵する快挙でした。

正直なところ、とても満足のいく結果でした。
ただ、レースに出れる事自体がまぁまぁ奇跡的な僕にとって、満足な結果の後のモチベーションってどうなるんやろうと少し不安だったのですが、今日の乗鞍の結果を見て、その不安は一掃された気がしました。


僕は、まだ強くなりたい。


仕事の都合上、レースにはなかなか出れないもんだから、「野良TT野郎」なんて言葉作って自分を鼓舞してみたり、言葉で「まだまだ行きますよー!」なんて言ったりしてましたが、気持ちは少し下降気味でした。

でも、今は違います。
これから先、どうその気持ちを維持していけるのか分かんないけど、違う事は間違いない(どっち)



もともと、自転車に跨って風を感じて、通り過ぎてく風景を感じて、そして、あのなんとも言えないペダルを踏んでいる時の精神状態がめっちゃ好きなので、やめるって事は全くないと思うけど、それ以上に今は強い方々と渡り合えるくらいの強さが欲しいのです。

この歳になって、こんな気持ちになれるなんて、僕は幸せです。
皆に感謝しかありません。

思いっきりペダルを踏み切った後に、すんごい良い笑顔で話をしてくれる仲間に感謝しかありません。

青春やわ、ほんま。

ありがとうございます。

強くなろ。ほんとに。



酒を飲みながら書いてるもんで、全く取り止めのない話になってしまいました。

結局何が言いたいかと言うと、

ハイエンドフレームが欲しいです。







読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





 

おやじ転車です。


今では既に遠い過去となった「伊吹山ヒルクライムドライブウェイ」
あれから2ヶ月半経った現在、おやじ転車はすっかり落ち着きを取り戻し、、てはいませんでした。

伊吹山が終わってもその気持ちは切れる事なく、体重も増えるどころか減っていき、おまけにカロリー計算も今だやめる事なく、只々突っ走っしる事を生き甲斐とした「野良TT野郎」(いわゆるデフォ)となっていました。

伊吹山が終わってからアタックした山や峠は、おやじ転車的に驚異的な記録更新をし続けました。
中でも印象に残ったのは、体が仕上がった伊吹山直前の時に出した記録が、伊吹山後にチャレンジしてみると、全て圧倒的に塗り替えた事でした。


高野山 4/10 45分31秒→5/24 44分54秒

鍋谷峠 4/4 20分27秒→6/12 19分35秒

十三峠 4/11 16分1秒→6/19 15分40秒



特に十三峠の16分切りと鍋谷の20分切りは、ほんと長年の夢だったのでかなり嬉しかったです。
もちろん歓喜の舞も踊りました。

そして、これら以外のコースでも、かなり嬉しい記録更新が多数ありました。

まさに調子乗りまくりの2ヶ月半だったと言えます。

しかし、この調子乗りまくりを打ち砕いてくれたのが、何を隠そう(隠さなくてもいいけど)金剛RWでした。

調子に乗ってたおやじ転車は、その目標タイムを大人の仲間入りが出来ると言われている「27分台」と密かに思っていました。
この時のおやじ転車タイムは29分56秒(ストラバ29分59秒)だったので、27分台は今にして思えば無謀なタイムだったと言えます。

しかし「今の自分ならいけるやろ、ははん」と思い「むしろ27分台出せないなんてありえんやろ、ははん」

完全な自惚れw

そしてチャレンジ。

結果、

28分47秒(ストラバ29分16秒)

ふぅ・・・。

IMG_0460

ショックと目覚めを同時に体験しましたw


この時、一緒に走ってくれたS樺ちゃんの後ろ姿が涙で滲んでボヤけていたのを今でも覚えています。


IMG_0489 2

それからと言うもの、体の調子が優れず気持ちも上がらずでプチ鬱に入ってしまい、野良TTの意味すらをも考える始末になってしまいました。


どんだけメンタル弱いねんって言うw


しかし、このまま終わる訳にはいかん!!
と、今日(7/1)ようやく気持ちの方は切り替える事が出来たようなので、その記念に筆をとった次第です。
まぁそもそも終わるとか終わらないとか無いねんけどw


と言うわけで、
明日からまた頑張るぞ!っとぉ!!!


結局、伊吹山が終わっても何一つ変わって無い最近のおやじ転車でした。 


おしまい。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 

このページのトップヘ