GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。


長きにわたって読んで頂いた、この「大台ケ原物語」も今回で最終話となりました。
ここまでお付き合い頂いて、ほんまに感謝しております。
ありがとうございます。

この「大台ケ原物語」も、僕の中ではとても気に入った記事となりました。
それもこれも、ご一緒して頂いた方たちの楽しそうな表情のおかげだと思ってます。


それでは「大台ケ原物語」最終話、どうぞ最後までお付き合い下さいませ。 


その1 その2 その3






2017-05-23-14-58-43

道の駅・杉の湯川上にドラミングをしながら現れたあだっちゃいさん。

わざわざ来てくれたという気持ちが嬉しく、うめぴょんに引きずり回された瀕死の身体が少し元気を取り戻していました。

しかし「これ、今から更に強度上がるやつとちゃうんか・・」

そう思うと、その身体は再び瀕死の状態となりましたw


あだっちゃいさんにNさんを紹介し、今までの出来事を話すと、あだっちゃいさんも驚いていました。




ここでハルさんは、おやじ転車たちの勢いだけで帰る感じに付き合いきれず、単独ゆるゆる竹ノ内峠経由で帰りますと、僕たちとは少し違うルートで先に走り出しました。


ハルさん、お疲れでした!!



さぁ、ドラミングの雄叫びとともに、最後の白目が幕を開けました。
ここから僕たちの聖地「滝谷セブンイレブン」まで約50km。

まずは、あだっちゃいさんのドラミング牽きです。


「すげぇ安定した牽きや!さすがコピートと呼ばれる事はある!」


ドラミング牽きは全くブレる事なく、スピードの変動もなく、めちゃめちゃ安定した牽きでした。

こうなっては、おやじ転車も負けてはいられません(なんで

そのまま前に出て、ホルア牽きでみんなを連れて行きます。

ペースは、復路にしてはかなり速いペースでした。

そして、あだっちゃいさんとおやじ転車の牽きから、満を辞してうめぴょんが青い翼牽きです。

「おー!!翼が見える!!」

軽快な青い翼牽きで、ますますスピードは上がりました。

おやじ転車、意外と脚は回っていたので付いては行けたのですが、そこでハッと気づきます。


「しまった!!Nさんは!!」


あまりにもトレインに夢中になりすぎて、Nさんの事をすっかり忘れてしまったおやじ転車、


「Nさんすんません!!見送りに来てくれただけやのに、復路もこんなに飛ばしてしまって!!!」


バッ!!後ろを振り返ると、


つ、ついて来てる!!ww

Nさん、すげーーーー!!!!!



そう、見送りに来ただけのNさんは、最後尾で僕たちのスピードにしっかりと着いて来ていたのです!!

「Nさんすごい!!!大丈夫ですか?!いけますか??!!」

「なんとかギリギリですけどね、はは」

これには、ほんと驚きました。
ツキイチとはいえ、見送りに来ただけで何の心の準備もなく、初見で大台ケ原を登って、結構なペースの復路をしっかり着いてくる。

流行り言葉で言うと、俺マジリスペクトです(古


そして、先の補給ポイントである吉野のローソンまで、見送りに来ただけのNさんはしっかりと着いて来ていました。

ローソンでは、最後の水越峠について色々話し合います。

Nさんも覚悟を決めたのか、水越峠を登るつもりでいました。


「じゃあ、ぼちぼち行きますか!」


ローソンを後にしようとすると、先ほど、ゆるゆる帰ると先に出たハルさんが追い付いて来ました。


「あ!!ハルさん!!」


グッとこちらに引き込みますww


こうして、また元のメンバーに戻って一行は水越峠へと向かうのでしたw



ここから先は、ちょこちょこアップダウンがあるので、さすがにNさんとハルさんは千切れてしまいましたが、うめぴょんのナイスフォローもあって、無事に水越峠の麓までやって来ました。

この水越峠も全力で頑張ります。

ただ、注意しなければならないのが、この峠は野犬が出るので、もしも遭遇したらとにかくひたすら「ワンワン!!」と吠えなければなりません。(前回経験済み)


この事を皆に懇々と説明し(失笑ムードやったけど)、それでは最後の登り水越アタック開始です!

当然ながら、青い翼を持ったうめぴょんが先行し、あっという間に見えなくなりました。


「ほんまどんだけ元気やねんw」


そう言いながら、おやじ転車はあだっちゃいさんに必死のパッチで食らいつきます。
しかし、その差が徐々に開き、


「あかん、やっぱ付いて行くのがキツイわ」


と、情けない顔で前を見上げたその時でした。


「あれ?うめぴょん??」


かなり先行していたはずのうめぴょんが、足を地につけて止まっていました。


「どないしたん!?」

写真 2016-09-09 16 38 10
(前回遭遇した時のやつ)


「あwまじかww」


何とマジで野犬に遭遇しました。

3人は爆笑でしたw

しかし、ここはコピートのあだっちゃいさん、そこどけそこどけで見事に野犬を追い払い、うめぴょんは再び青い翼を出して飛んで行きました。

そして、おやじ転車もなんとか耐えに耐えて水越峠を踏ん張りながらゴールしました。


タレる事なく登れて良かった。
帰りも水越峠で良かった。



そして、ハルさんとNさんも無事ゴール!
Nさん、見送りに来てくれただけやのに、最後の水越峠も足つきせず登り切りました!
もうほんま、事あるごとに感動を与えてくれました。

2017-05-23-17-23-43
Nさんナイスです!!


水越峠の県境で、皆さんやり切った感じだったのか、とても笑顔でした。

2017-05-23-17-25-05
いい表情!



そして、後はなけなしの登り、滝谷不動の坂を越えて、、、



全員が無事ゴールしましたーー!!!!わーい!!!



僕たちの約束の地、滝谷セブンイレブン!!
帰って来ましたよ!!!





BlogPaint



そう、Nさんは早朝にココを離脱するはずだったんですw
それを思うと、ほんとすごい。


そして、笑顔で夕焼けを見つめる、ご満悦のコピートとぶど神さま

2017-05-23-18-07-03

もう最高のショットw



みなさん、お疲れさまでした!!



ちなみに、うめぴょんは

「あと少し登ったら、獲得標高4,000いくから帰り十三峠登って帰ろかな」

と、何言ってるかよく分かんない事を言ってましたw


そんな今回のログがこんな感じです。
image

アベレージも、何とか25km/hまで乗せる事ができました。


ただ、唯一の心残りが大台ケ原HCのタイムですw
さすがにあのタイムは頂けないので、次回リベンジしようと思います。
ちなみに、うめぴょんも自身のタイムに納得がいかなかったようなので、リベンジを誓っていました。



大台ケ原物語、皆さんと楽しいライドが出来ただけでなく、こうして全員が無事に戻って来れたので、最高な物語となりました。

また、こんな楽しいライドが出来たらいいのになって思います。




それでは、みなさま!
またお会い出来るその日まで!!

2017-05-23-13-24-11


アディオス!!!





※次回の大台ケ原、「大台ケ原物語リターンズ」と称して6/6(火)に行います(もうすぐw
またご案内しますね。






読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


大変お待たせを致しました。
いよいよ佳境に入ってまいりました「大台ケ原物語」
それでは、その3どうぞご覧下さいませ。


その1です その2です



さぁいよいよ最初の関門、大台ケ原HCアタックです。

Nさん、100太郎さん、ハルさんが出発した10分後、おやじ転車はスタートしました。

ここで、ご存知の方もきっと多いかと思いますが、この大台ケ原HCのルートを確認してみましょう。


58

大台ケ原HCの公式ページより拝借を致しました。
やはり難関は、赤で記されている『激坂区間』と、その後につづく約10kmものドライブウェイではないでしょうか。

前回の自走アタックでは、激坂区間でタレ気味になり、ドライブウェイでは完タレ(完全にタレッタレの略)となってしまいました。
今でも、あのドライブウェイでのもうどうにでもしてくれ状態をおやじ転車は忘れません。

そんな前回の完タレ大台ケ原アタック、その時のタイムは1時間35分でした(照


あれから8ヶ月かぁ・・

俺、あの時から強くなってるよな?

信じてもいいよな!?ジョナサン!!(誰



おやじ転車、スタート直後の緩斜面を飛ばし気味でCAAD12を走らせました。

ガーミンには、前回のタイムを画面に出して「仮想競争モード」にしています。

脚は回っていました。


「いいぞいいぞ!前回のタイムより既に3分も上回ってる!」

「この感じでいけば、必ず1時間30分は切れる !!」



やがて本格的な激坂区間に入るヘアピンを曲がります。

僕が思うに、大台ケ原の激坂区間は、例えて言うなら十三峠をやたらと長くした感じでしょうか。

そんな激坂区間でも、ガーミンの「仮想競争」では3分のリードを保ったままでした。

そして、ハァハァしながら激坂を登っていくと、Nさんの姿が見えて来ました。

「すごい、Nさんしっかり登ってる!」

追い抜く際に「無理せずファイトです!!」

と声をかけ、Nさんをパスして行きます。

Nさんは、はぁはぁしながらもしっかりとした声で

「はい!」と返事してくれました。

「やっぱNさん根性あるわ・・」


そして、再び登り続けます。
この「登り続ける」という言葉が、まさにピッタリなコースでした。


「あれ?なんか急激にしんどくなってきたぞ?」


今まで、比較的快調にペダルを踏んでいたおやじ転車に異変が生じたのは、Nさんをパスして少し経った後でした。

「あ〜〜あかん!」


そう思った瞬間、ペースが激落ちしました。

理由はわかりませんが、ほんとに一気にタレました。

そんなタレタレで登っていると、今度はハルさんの姿が見えて来ました。


「ハァハァ・・ようやくハルさん見っけ・・ハァハァ」


少しだけ元気が出てハルさんをパスし、そしてまたペースが激落ちしました。


そして今度は100太郎さん発見です。

やはり発見した瞬間だけは元気が出ます。

同じように100さんをパスして、また同じように激落ちペースに戻り永遠と続く上り坂を登って行きました。


如実に落ちていくスピード。
荒くなる呼吸。
重くて回らない脚。
リラックスできない上半身。


おやじ転車、そろそろ終焉の時を迎えているようです。


ふとガーミンに目をやると、今度は過去のおやじ転車が3分リードしていましたw


「んな、んなアホな・・」

「もう足着いたろかほんま」



一人逆ギレ状態のおやじ転車、ペダルからクリートを外そうとしたその時です。

「!? ま、まさか・・」

恐る恐る振り返ります。

「な・・う、うめぴょん!!!」


そうです、青い翼を持ったうめぴょん(ジャージが青色、シューズも青色)が、その翼を大きく広げて羽ばたきながらおやじ転車をパスして行ったのでした。

「つ、翼が見え・・た?」(真波くん状態

(ちなみにうめぴょんは、追い抜き際にニコってしてましたw)


ほんとに羽でも生えてるような走りで、めちゃめちゃ軽快そうでした。


「ドライブウェイのだいぶ手前で追い抜かれてもうた、、」


肉体的なダメージに加え、精神的なダメージも負ってしまったおやじ転車、


「こんなんで残りのドライブウェイを走り切れるんか俺」

もう瀕死の状態でした。


そのドライブウェイにようやく入り、前回と同じく「もうどうにでもしてくれ」状態で走っていると、今度はパスしたはずの100太郎さんにパスされました。

これはかなりのショックでした。

そして、そのショックの間も無く、今度はハルさんですw

ハルさんは、おやじ転車の横に並んだ時、もうほんと満面の笑みで

「あれ?w」

とか言いながら、パスして行きましたw


く、くっそーーーーーーーwww


この悔しさは当分忘れませんw

そんなこんな出来事がありながら、ようやくゴールしました。

結果は1時間48分

前回より10分以上遅いタイムでした(瀕死泣き


ちなみに、うめぴょんも目標タイムには届かず1時間23分だったとの事で(じゅーぶん凄いけどw)、とても悔しがっていました。


2017-05-23-12-37-36

グローブですらこんな状態w


そして、最後にNさんもボロボロになりながら無事ゴール!!!


これには、一同感激しました。
全く初見コース、全く初めての人たち、そんな状況に囲まれての足着きなしでのゴールは、もはや感動しかありませんでした。

Nさん、ほんとにお疲れさまでした!!!(まだ復路あるけど



そして、みんなでサッと食事をすまし

BlogPaint

100太郎さんが、例によってこれからお仕事という事で(すごいw)


「さっ、そしたら行きましょう!」


せっかく登ってきたNさん、その雄大な景色の写真を1枚も収める事なく大台ケ原を後にしましたw


ドライブウェイを下る時、スタート地点で25km/hあったアベレージは、22.5km/hまで落ちていました。


「もうアベレージが激落ちくんや」


「復路では、どれだけ体が持つか分からないけど、この22.5km/hのアベレージをなんとか25km/hまでには持って行きたい!!」


おやじ転車は、ドライブウェイをダウンヒルしながらそんな事を考えていました。

ドライブウェイの途中に車を停めていた100さんと別れ(お仕事間に合ったようで良かったです!)、R169に入りおやじ転車は飛ばします。

そして、ふつふつと悔しさがこみ上げて来ました。

「しかし、俺はなんて不甲斐ないんや・・!」

「ハルさんに失笑されても追いつく事すら出来なかった!!」

「Nさんなんか見送りに来ただけやのに、あんなにも頑張って登り切ったんやで!!」

「それなのに、俺は・・俺は・・うおぉぉーーー!!!!」


ほるあぁぁぁーーーーーー!!!!!


溢れ出てくる悔し涙を拭う事なく、おやじ転車は飛ばしました。
ペダルを踏んで踏んで踏みまくりました。


「もう一度この地へ来よう!!じゃないと死んでも死にきれない!」

「うめぴょんもNさんもハルさんもきっとそう思ってるはず!!」



「ですよね?!みなさん!!!」


「って、あれ?」


振り返ると誰もいませんでした。


「人っ子一人いやしねぇw」


そう、悔しさとアベレージアップで、後ろの事をすっかり忘れていたおやじ転車、これはいけません。

少し待ってうめぴょんが、そして続いてNさんとハルさんが追いついて来ました。

ハルさんが、ボソッと

「なんでそんなに飛ばして帰るんか意味わからん」

と呟いていましたw

おやじ転車は、Nさんとハルさんは走力が近い事もあり、ここで提案します。


「ここから、自分の力を出し切ってみたいのと、アベレージの事があるので、道の駅 杉の湯川上で集合をお願い出来ませんか?」


うめぴょんは、当然おやじ転車に付いて行きます。

Nさんとハルさんは、ダチョウ倶楽部のごとく「どうぞどうぞ」と快く承諾してくれました。


「ありがとうございます!! それでは、杉の湯川上で落ち合いましょう!チャオ!!」

こうして、おやじ転車とうめぴょんは道の駅まで力の有る限り飛ばしました。

おやじ転車は先頭固定で走り続けていましたが、スピードが落ちてくるとうめぴょんが気を遣ってくれて先頭に立ち再びスピードを上げますw


「う、うめぴょん、気を遣ってくれるのは嬉しいけど、それめっちゃしんどいわww」


こうして、おやじ転車はうめぴょんに引きずり回されて、あっという間に道の駅に到着しましたw


「し、死ぬかと思たw」


しばらくして、Nさんとハルさんも無事到着です。

そして、しばらく休憩取りながら談笑していると、一人のローディーが道の駅に入って来ました。

「ん?あれ?またFRATジャージ??」


あ!



コピート!!

10000250954_s


いや、あだっちゃいさんや!!!

2017-05-23-14-58-37



♪───O(≧∇≦)O────♪



瀕死やのにw



〜つづく〜




読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 

おやじ転車です。



前回からの続きです。(前回はコチラです
 
それでは早速参りましょう。
 
大台ケ原物語その2

どうぞご覧下さいませ。


滝谷セブンを後にし、先ずは水越峠を目指す超異色メンバー御一行、先頭はもちろんおやじ転車です。

そして、今回の目的を忘れてはいけません。
おやじ転車は、大台ケ原HCを自走でアタックした後、復路をハイペースで走れる走力が身についているか、その実力を確かめるのが目的です。
 

「Nさんの脚力がどれほどか分からないけど、うめぴょん的には俺の走力ではゆっくりすぎるのは明白」

「とりあえず、水越峠の県境まで少しペースを上げて登ってみよう」
 

おやじ転車は、Nさんを気にしつつもちょい上げ気味で登っていきます。

そして、県境でNさんに調子を聞きました。

「どうでしょう?だいたいこんな感じで進みそうですが、行けそうですか?」

「いや、ちょっとキツイですね」

「なので、ご迷惑かけてもアレですし、僕はココで失礼しようかと、、」

「なるほど、でもせっかく来てくれたのだし、補給ポイントに考えてる吉野のローソンまで一緒に行きませんか?ここからは下り基調ですし」(帰りは登り基調やけど)
 

そこで、すかさずうめぴょんが
 

「そうですよ!大丈夫ですよ!問題ないですよ!」

と後押しw

そして、気づけば見送りに来ただけのNさんは、僕たちと一緒に水越峠を降って行きましたw

その間、Nさんと色々会話しながら、お互いの初対面緊張を解いていきます。

やがて、吉野のローソンに到着し、ここからは補給ポイントがかなり先になるので、少しブレイクを挟みました。

BlogPaint
 

ここでNさんに、

「とりあえず目的のローソンに着きましたね!僕としては、ほんとに来てくれた事がありがたいので、この先の大台ケ原へもご一緒したいと思ってますが、どんな感じです?」
 

その横で、うめぴょんが一緒に行きましょうよビームを放っていますw
 

「いやー、やっぱりすみません、このペースは僕にとっては場違いでした。ほんとにこれ以上ご迷惑をかける訳にはいかないので、僕はココで、、」

すると、またもやうめぴょんが、

「でも、大台ケ原まであとたったの60kmですよ! 大丈夫ですよ!行きましょう、一緒に!」
 

たったのてw
うめぴょん、それちょっと基準が違うw
 

と思いつつも、一番年長のおやじ転車、ここは歳上らしく、
 

「Nさん、確かにここまで来て引き返すのは勿体無い気がします。こんなメンツのこんなライドなんてそうあるもんではないです。ここはどうでしょう、とりあえず次の補給ポイント『道の駅 杉の湯川上』まで行ってみるというのは」
 

なし崩し的に延びていく距離w
 

「は、はぁ、、そうですね、、」
 

そして、追い打ちのうめぴょん

「景色がですね!そらもう抜群に良いんですよ!しんどくても行く価値は絶対あります!」

「いやまぁでも、そうですかぁ、、」
 

おやじ転車、Nさんの水越峠の走りの感じと、護摩壇山コースでの200kmライドはご経験済みとの事で、ご本人さんさえ行ける感触を持っているなら、大丈夫かなと踏んでいました。


「よし!Nさん、もし本当に無理でしたら遠慮なく仰って下さい!ペースも少し落とし気味で行きますし!じゃぁとりあえず次の補給地点、道の駅杉の湯川上まで行きましょう!」


見送りに来ただけのNさんは、僕たちと一緒に吉野のローソンを後にしましたw


そして、淡々としたペースで牽き続け『道の駅 杉の湯川上』に到着です。


2017-05-23-08-51-34

「いやぁ、着きましたねNさん!」


Nさんは頑張って僕たちに着いて来ました!
おやじ転車『Nさん、めっちゃ根性あるな』と密かに思いました。

おやじ転車は先頭固定だったので、Nさんのフォローをしてくれたうめぴょんもとてもナイスでした。

そして、この絶好のライド日和と景色が、Nさんの表情を和ませているようでした。
(後から聞くと、あまり記憶がなかったそうですがw)

ここで、おやじ転車はNさんに確認です。

「Nさんどうです?しんどいけど、気持ちの良いサイクリングではなかったですか? 大台ケ原のスタート地点は、ここから30kmほどなのでもうすぐそこです。」

「いや、さすがにもう僕はココまでで十分ですw 本当にありがとうございま、、」


するとイケイケうめぴょんが間髪入れず、


「えー!!大台ケ原まで、ほんと直ぐですよ!!勿体無いですよー!!!」

「もし登るの無理なら、ゴール地点で待って頂くのもアリだと思いますし!Nさん行きましょうよ!」


「いやでも、ほんまココまでも相当キツかったしw」

ここで、おやじ転車はNさんを諭します。

「Nさん、基本的にはNさんにお任せします。ただ引き返すにも、もう半分以上来てますよw」

「コースを登ってみて難しければ途中でお迎えに行きますし、とりあえずスタート地点までだけでも行ってみませんか?」


こうして、見送りに来ただけのNさんは、またもや僕たちと走り出し大台ケ原のスタート地点へと向かったのでしたw


いくつものトンネルを越えておやじ転列車は進みます。

そして、ちょうど下り基調に差し掛かった頃、前方に一人のローディーが。

「ん?FRATジャー?ジ?」

「あ”!!!100太郎さん!!!!」


2017-05-23-10-01-31

なんとなんと!そろそろ僕たちがココを通る頃だろうと、100太郎さんが車載で先行し待っていてくれたのです!!

おやじ転車はめちゃめちゃ喜びました。

うめぴょんも仲間が増えて嬉しそうです!

早速100太郎さんにNさんを紹介し、しばし談笑でしました。

そして、4人になったおやじ転列車は大台ケ原に向けて快調に出発です!

2017-05-23-10-06-35

大台ケ原っぽくなっていくその風景、、。

「もうすぐスタート地点直前にある、道の駅 吉野路上北山に到着やな」

「なんかめっちゃ楽しいな!」


そうニコニコしてると、うめぴょんが突然のラストアタック!

おやじ転車、すぐさまホルアを発動!!

最後の数百メートルはうめぴょんとバトルでした。

あー、なんて面白いんや!

そして、勢いついたまま道の駅に到着すると、

「ん?またFRATジャージ??」

「あ!!ハルさん!!!」


2017-05-23-10-14-56

な、なんと!!ハルさんは超早起き自走(4時出発)で、先に到着し僕たちを待ってくれていたのです!


最初はソロでと思っていたのに、今では仲間が4人もいてくれてます。


「めっちゃ幸せやないか」


おやじ転車、号泣しそうになるのをグッと堪えながら太ももをマッサージしていました。

そう、ここまで

距離にして約100km、高度上昇量は約1,200m、アベレージ25km/h

最後のうめぴょんアタック以外は先頭固定で走って来たおやじ転車、これから大台ケ原アタックするには、おやじ転車的にちょっと脚を使いすぎた感があるようでした。

「んー、果たして登れるんやろかw」

そんな不安を抱きつつ、タイム差スタートでそれぞれが出発です。

ちなみに、見送りに来ただけのNさんも出発していましたw


Nさん、100さん、ハルさんは、うめぴょんから17分差、おやじ転車はうめぴょんから7分差でスタートです。

うめぴょんは、

「おやじさんとは、ドライブウェイに入るあたりで追いつく事を目標にします!」

とやる気満々です。

ちなみに、うめぴょんは目標のタイム設定を1時間15分、おやじ転車は1時間30分としていました。

『頼む、脚持ってくれよ、、』

そう、心の中で呟き、


「じゃあうめぴょん、先に行って来ます」


・・・。


「うん、やるだけの事をやる、ただそれだけ!!」




この先に起こる残酷な運命をよそに、おやじ転車は道の駅を出発したのでした。




〜つづく〜




読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ 

このページのトップヘ