GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

LOOKとcannondaleで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。


ぴょんとの「思いつき名張」から1日レストを挟んだ今日は、kajiさんとタッシーとで、和泉葛城山の塔原ルート(ロングバージョン)を2本全力な練習でした。

もともとは、ただの練習やしソロでやろうかと思ってたのですが、お二人とも南河内方面にお住まいなので、せっかくやからと言う事でお誘いしました。



7時に槙尾のファミマで待ち合わせ。
正直なところ、名張のダメージが脚というか身体そのものに残ってる感じ
何度も言ってる気がするけど、回復力だけは50歳を感じるw
他は何も感じんけど。



でも「この状態でどこまでやれるか、逆に楽しみやな」と、気持ちだけはプラス思考。


 kajiさんとタッシーは、タイプで言うとkajiさんはめっちゃロードレーサー、タッシーはクライマー&ロードレーサー。

二人とも強い。

タッシーに関しては、登りの実力がおやじ転車とほぼ変わらないので、かなり追い込む事出来る&憂鬱にもなれるw
kajiさんも、ロードレーサーなのに登りでは常におやじ転車の視界に入ってる。

そんなお二人と塔原ロング。
塔原ロングは、11.4km/705m/6.1%のコースで、おやじ転車の脚で10分の緩斜面と30分の急坂な登り。


緩斜面を省いた塔原ルート(6.7km/584m/8.4%)は、セグメント的に有名だけど、ロングとなるとマイナーセグメントになるので、今の所おやじ転車がKOM(悦


ヒルクライムレースに出場する時には、よく練習しているコースです。


スタート地点でコースの説明をした後、早速スタート。

緩斜面区間では、何となくローテは回っていて良い感じに。
塔原ルートの登り口まで10分ちょい。

今日は麓の気温が2度だったので、それを考えるとペースは早い方。

そしていよいよ、ここから本格的に登るので一気に勝負モードに。

おやじ転車、あげる。
タッシーもあげる、そして横並び。
そのすぐ後ろにはkajiさん。

そう、タッシーは物腰の低い柔和な表情の方やけど、めちゃくちゃ根性のある方。
おやじ転車と走る時は必ず横並びに。


知らんけど人は彼の事を横並びのタッシーと呼ぶ。


ランデブークライムは、一番プレッシャーがかかるw


そんな状態のまま、登りは中盤へ。

追いつき追い抜き追い抜かれ。

そして横並びw

辛い、、ほんま辛いんやw

ヘアピンに差し掛かり、おやじ転車、覚悟を決めて後の事はどうなってもいい最後の加速。

これで千切れてくれなければ、負けるか上手くいって同着か。
でも勝ちたい。
その気持ちだけでとにかく加速。

タッシーの空気感が感じれなくなったので振り返る。

よし。

あとは油断せず、最後まで踏み続け。
何度も何度も振り返りながらw


タッシーは、詰める事は出来なかったけど、それ以上離れる事もなかった。
さすがやで。

そして、タッシーの後ろにkajiさんの姿も。
kajiさんも根性の人や。

そして、何とか1位でゴール。



IMG_3357




今の条件だとまずまず。
吉野大峯前にアタッキングしよ。

しかし、これあと1本やるんかw

全員がそんな空気を醸し出しながらダウンヒル。
めっちゃ寒いし、脇には積雪のあともチラホラ。

スタート地点まで戻ると、一人のローディーが。


「あ、よこやんw」


そう、よこ滝(鍋)練の主催者、よこやん。

よこやんは、こっそり牛滝インターバル(10分走)を5本やりに来てたみたい。


kajiさん、タッシー、おやじ転車は、さっきのやつもう1本やるよりか、牛滝インターバルの方が良いと判断し混ぜてもらう事に。


そして2本で完熟。

IMG_3346

はっきり言って地獄でしたww


よこやん、鬼やろ、ほんまw

タッシーは、それでもよこやんに食らい付いていたし、kajiさんも最後の追い上げが信じれんかったし、よこやんは1位なった時、一瞬ニヤッとしてたし。

なんか南河内バンザイ。

IMG_3345

時間は短かったけど、密度の濃い練習が出来ました。




僕の周りには、南方面で強い方達がたくさんいてます。

南っ側でも、そんな方達と一緒に盛り上がって行けたらいいのになぁ。

IMG_3337 2

またご一緒させて下さいね。

ありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


虚無サイクリングその2、どうぞご覧ください。


名張へ行く事が決まり、出発する二人。
ちなみに、小休止したファミマは奈良の富雄の近くでした。

奈良市内に入り、鹿を横目で見ながら奈良公園を通り抜け、


「鹿とかいてると、なんかもうココが目的地って思ってまうよな」

「普通のライドは、きっとそんな感じですよね。観光地ですし」



そんな会話しながら、名張へと続く県道80へ。
そして、その麓のセブンでトイレ休憩。


ぴょん「確か、この県道80からずーっと登り基調で、名張まで行く感じになってた気がします。ちなみに、信号もほとんど無いし、コンビニとかも全然なかったと思いますわ」


お「そうなんや。ずーっと登り基調って事は、セグメントとかあるん?」


ぴょん「おやじさん、セグメント見たら上げたくなくても絶対上げるから見るのやめときましょw 先は長いからヤバイですってw」


そうか?と言いながら、ストラバ開けるおやじ転車。
そして、ぴょんも「えーっと、あ、ありますわセグメント」


調べてるw



発見したセグメントの10位までのランクは、アマチュアトップのクライマーやロードレーサーの方、プロの日本人と外国人方々で埋め尽くされてました。


二人は「ヤバw 凄すぎる10人やんw」

興奮しまくりw


そんな状態でスタート。

先の安堂ルートや、よく分からん激坂で既に脚はジンジンしてるけど、結局17分くらい上げ続け、しかも最後は全開スプリントでピークへ。

車輪半分くらいだけ負けたった。

そのセグメントを皮切りに、あらゆる坂で勝負、平坦区間でも会話は一切なく、そしてスピードも緩める事なく黙々と淡々と。



「何でやねんw」と言う疑問だけを持ち続け、それでも負けは許されないサイクリング名張。

安堂ルートを登ってしまった自分が恨めしい。




そして、どこ走ってるか全く分からないまま、ひたすら踏み続けてると、


ぴょん「おやじさん、あそこのファミマに入りましょう」


ファミマにピットイン。

もうマジで限界近い。

そして、おやじ転車はぴょんに問います。


「で、ここどこw」

「名張ですw」

ww


IMG_3326

ほんまや、名張て書いたあるw


ぴょん「ここから帰路に入りますw」


名張感ゼロの状態で、帰路の相談に入ります。


ぴょん「帰りどしましょうか?時間余裕ですね」

お「ほんまや、まだ11時やんw こっからあと何キロくらいやろ?今、95kmやから100kmちょい?」


て、まだ100kmもあんのか、、。
自分で言いつつも、脚がジンジンしてると100kmがめちゃめちゃ長く感じるw


ぴょん「まぁでも、知りませんけど15時には全然帰れますよ。どのルートで帰りましょうか?」


ほんま奴は適当w

帰路のルートは複数あって、来た道戻る、山添村?を通って帰る、曽爾高原通って帰る、etc、、。


お「それぞれセグメントってどうなんやろ?」

ぴょん「いや、だからそれやめしょうwマジで帰りはヤバいですよw」


とか言いながら、セグメントを開く二人。

ありますあります!とか、ここって有名なセグメントかな?!

と、予想通りな会話w


結果、曽爾高原方面で帰る事に。
このルートには、一つだけ「栂坂峠」と言う名の峠がありましたが、脚なくてもそれくらいやったら時間は大丈夫やろと、補給食を仕入れ出発。


ところが、帰路は終始強烈な向かい風&横風。


全く進まんw
ぴょんもさすがに辛そう。

二人から出てくる言葉は「これヤバい」のみ。

そんな状態で栂坂峠へ。


完全に戦闘意欲を失った二人は、絶対に勝負はしないと言う、知り合って初めての紳士協定を締結。

二人とも栂坂峠を超遅いスピードで完全横並び。

ピークもお互いを意識して全く同着でゴール。

紳士協定は完全に守られました。
こんなん初めてw



そして、有名なよもぎの回転焼き屋さんへ。

IMG_3327



ラーメンあったから、二人とも真っ先にラーメンを。

IMG_3329

このお店がなかったら、いろんな意味でヤバかった。



IMG_3330

もちろん回転焼きも。

生き返りました。


お「あとどんくらいあるんやろう?」


不安げにおやじ転車は言います。


ぴょん「どうなんでしょう?地図の見た目感覚でいくとリビエールまで70kmか80kmくらいですかね、分かんないですけど」

分からん距離に、まだそんなあるんかwと不安を覚えるおやじ転車。


お「そんなもんかー。時間、ちょっと、いやかなり遅れそうやなw」

ぴょん「行けるんちゃいます?」

お「行けるかなw」



適当な会話で話を完結し出発。


とりあえず、何も分からんけど天理ダムを目指します。

ここから、おやじ転車は力が多少戻ったので男の一本索き。


「大台ケ原を思い出すな」


とか思いながら、青蓮寺ダムからそれに続く川沿いの道をひたすら索きました。

そして、最後の登り、すずらんの坂を登って、針テラスを通過し、西名阪道の下をくぐって見覚えのある風景へ。


着いた!!


そこはよく知ってる、天理ダムTTのゴール地点でした。

二人は安堵の表情を浮かべ、おやじ転車は、


「帰って来たぞ!!!!」(全然帰って来てない)


と叫びました。


そして、天理ダムを下り麓のファミマへ。

IMG_3331

安心の補給。


そこで、おやじ転車は気づきます。


「そうか、家までまだ50kmくらいあるんかw」


一気に疲れがどーん。

それでも、最後の力を振り絞って出発。

横風に煽られながらも、知ってる風景ばかりだったので、最後まで頑張れました。


リビエール到着。

時刻は16時30分。

全てが予定通り。

何が予定通りかさっぱり分からんけど、おやじ転車とぴょん吉はそう言いながら、お互い笑みを浮かべました。

ぴょん吉が言いました。


「今日のライド、めっちゃ楽しかったです。初めて二人で大台ケ原行った時の事を思い出しました。」

おやじ転車は、とても嬉しい気持ちになりました。


俺の方こそありがとう。
ほんま面白かったな、ぴょん吉。

また行こうな。


IMG_3332


こんなライド、ほんま好きです。


IMG_3334






読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


久しぶりにぴょんと二人きりのライドでした。
適当な二人が適当すぎるライドで虚無ってしまう様子をブログにしました。
どうぞご覧ください。


今回のライドは、5/10に開催予定の吉野大峰ヒルクライムの試走。
おやじ転車的には、どうせわざわざ多武峰を全力で登ってから大峰登るんやろうけど、まぁそれでも距離的にサクッと終わるやろから、そんなダメージはないやろし、多武峰経由でもいっかくらいで考えていました。


7時にリビエールで待ち合わせ。
ぴょんは前日に飲んでたせいか、ギリギリに到着。

お「吉野大峰さ、なんか『修行門』から先は通行止めになってんねんて。修行門からが結構肝心やったのになぁ」

ぴょん「そうですよね。大峰どうします?行きます?」

お「そうやなぁ、んーちょっとテンション下がってきてるし、どっか他んとこにしよか。例えば大正池とか。まだ行った事ないし。」

ぴょん「そうしましょうか。そしたら、フラワーロード経由になるから、とりあえずぶどう坂ですかねw」

お「そ、そやな。フラワーから行くんやったら何処かしら越えて行かなあかんし。ぶどう坂登るか(嫌やけど)」


二人はぶどう坂へと向かいました。
その途中、ぴょんが、


ぴょん「やっぱり、せっかくやし安堂ルートにしましょっか?!」

お「えーっ?!何でそんなわざわざキツイルートで行くねんw」


安堂ルートは、5.5kmのコースですが、その間ほぼ激坂のインターバル。


ぴょん「いや、久々なんでどうかな思て」

お「初の大正池を良いタイムで飾ろう思たのに。まぁええけどw 行くかw」


安易で適当な感じで二人は安堂ルートをスタート。


案の定、後半からぴょんが上げ出し、おやじ転車も必死で付いて行きます。


「大正池メインやっちゅうのにほんまw」


奇跡的に何とか最後まで付いて行く事が出来、最後の登りでおやじ転車アタッキング。
当然、ぴょんは付いてくる。


「よっしゃ、このまま一直線全開や!!」


ラストの平坦を全開で踏み倒しましたが、ゴール直前でぴょんがちょい差しゴール!!

そして、ぴょんはガッツポーズ。


ぴょん「やっぱまだまだですね、おやじさん」

お「ちょい差しとかせこいねん」



言ってやりました。


そのままフラワーロードに入り、その後もペースは全く緩まず。


「ちょ、大正池がw」


脚を削りに削られ、挙句の果てには暗峠で有名な国道308の成れの果ての国道308へ。

そこは初めてだったおやじ転車、暗峠と同じような激坂でドン引き。

そして屈辱の足つきw


「先にピークまで行ってるぴょんは、絶対カメラを持って待ち構えてるはず」


激坂で、ギリッギリのクリートパッチン。

こーわっw

案の定、ピークでシャッターチャンス狙っていやがりました。


クリート嵌めといてよかったw
あんなもん、押し歩き撮られとったら孫の代まで言われ続けるわw


その後も、何度か現れる激坂のたんびに上げ続けていましたが、ぴょんは最後の激坂だけ油断してたので、一気に駆け上がり。
それに慌てて追従するぴょんでしたが、ここはギリギリおやじ転車の勝利。

おやじ転車はガッツポーズ。
ぴょんは小さな声で「クッ、、。」
と言ってましたw


そんな調子で踏み続けてたもんだから、二人ともまぁまぁ脚はジンジン。

小休止がてらコンビニへ。


IMG_3325


お「で、ここどこw」

ぴょん「僕もよく分かりませんw」

てっきとーw



そして二人は大正池の話題へ。

お「大正池のコースプロフィールってどんな感じなん?」

ぴょん「ずーっとゆるーい緩斜面で、最後だけちょい登ります。なので速い人たちはアベ30とかですw」

お「すんごいww でも、ゆるーい緩斜ってめっちゃキツいよな」

ぴょん「そうなんですよ、僕は好きじゃないですわ」

お「そっかぁ、緩斜面メインかぁ、、なんかテンション下がっ(ry 」

お「大正池やめよかw」

ぴょん「そうですね、やめましょうw」

お「どこ行こうか?こっからやったらどこがある?」

ぴょん「名張とかw」

お「名張てw 200kmコースやんww」

お「俺、出来たら15時くらいには家に着いときたいけど、行けるんかw」


時刻は確か9時30分くらい。
グーグルマップを開ける二人。

ぴょん「現在地がここで、名張がここやから行けるんちゃいます?」

お「あ、ほんまやな。こんなもんか名張って。確かに行けそうや。」


マップの現在地ポイントと、名張のてきとーな箇所を見た目の感覚だけで行けると判断した二人。

お「でも、実際こっからの距離ってどんくらいやろ?」

ぴょん「40kmくらいすかね?」

お「いや、もうちょいあるやろ。60kmくらいちゃう?」

ぴょん「まぁでも、どっちにしても時間的に行けそうですよね。15時には余裕で家帰れるんちゃいますか?」

お「そやな、なんか行けそうな気がしてきた。こっからのルートって知ってるん?」

ぴょん「何となくですけどw」


お「よし、じゃぁ名張行こう!」

ぴょん「行きましょう!」



こうして二人は、何の準備もせず時間も距離も調べず、それでも15時までには帰れると言う根拠のない自信だけで出発するのでした。


虚無、開幕ですw





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ