GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

LOOKとcannondaleで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。


久々に書きました。
久々ゆえ、書き方も簡潔な感じではきっとないです。
長いので、おヒマを持て余した時にでも、どうぞご覧下さいませ。




僕のライドはいつも楽しいですが 、今回も中々の熱楽しいライドだったので、何だか書いてみようという気になり筆を取ってみました。
もちろん、かつてのライドも記憶に残るものばかりです。

今回のライドは、午前縛りだった事もあり、多武峰と天理ダムだけ頑張る練習。

本日のメンバーは12名。
たくさん来て頂きました。
いつもありがとうございます。

そして、その中におやじ転車の永遠のライバル、多武峰朝練メンバーのT石さん。
今回、サプライズで来てくれました。
ほんまにビックリしたw(マスケンさん、ありがとうございます)
T石さんは、年齢が一緒で、レースの時には当然同じカテゴリー。
そして、いつも上位入賞を飾っている方です。
今回、レース以外でのライドで、初めてご一緒させてもらう事が出来ました。



おやじ転車、集合場所のセブンイレブンでT石さんに軽くジャブを打ちます。

「そんな、わざわざ勝負しに来てくれなくても良かったのにぃw」

T石さん、うつむき加減で笑いながら

「いやいやいやww」


このT石さんの空気感を見て、

「うん勝負しよ」

心に誓った瞬間でした。



セブンを出発して、多武峰セグメントスタート地点へ。

今回のメンバーで圧倒的に強いのはNOVAくん。
彼が1位なのは間違いないとして、さぁ2位の栄光は誰の手に!という感じでスタート。

おやじ転車、たとえ実際のゴールで負けたとしても、ストラバタイムでは負けてないという「勝手にネットタイム方式」を採用し一番後方へ。

ところがmasabowちゃんが、

「おやじさん主催者やから先頭スタートお願いします」

ちょw
なんて事をw

そして、渋々先頭に。

「最悪やw」

心でそう思いながらスタート。

今回のライド、もともとは樺ちゃんと企画していて、やっと樺ちゃんと勝負できる!というのも楽しみだったので、スタート時には樺ちゃんにも警戒。

後ろ見るとT石さん。
あれ?樺ちゃんは後方か?

まぁいいや、とにかく今日の全開で多武峰を登ります。

多武峰、おやじ転車の印象としては、まさしく十三峠。
キツい斜度が続くので、心折られる峠な感じです。

コースプロフィールは、4.4km/371m/8.4%


登り出してしばらくすると、満を持してNOVAくんが先頭に。

ところがNOVAくん、圧倒的に千切ってシューッて行くかと思いきや、おやじ転車がギリギリついていけるかどうかという絶妙なペース。

後ろ振り返ると、T石さんではなく少し離れてT代さん。
T代さんとおやじ転車、実力が似たり寄ったりで、これまた怖い存在。


「T代さん、ずっと距離保ってんな。絶対油断出来んやつやん w」


そう思いながら、千切れそうで千切れないけど千切れそうな感じでNOVAくんにツキイチ。


「NOVAくん、ペーサーになってくれてるんかな?てか、ひょっとして、たまには勝たせてあげよう的な感じなんやろか?!」


よっしゃ、それならばとおやじ転車、ギリギリやけど力振り絞ってNOVAくんを抜きにかかってみると、


すぐ蓋w

あかんのかーーいww


何度かチャレンジしたけど、結局前に出させてくれる事はなく。


どないやねんw


そして、ゴールの少し手前でNOVAくんはスパートをかけ、おやじ転車を完全に千切ったのでした。


これ、一番情けない負け方やんw


T代さんも結局差は詰めきれず。

でもNOVAくんのおかげでしっかり走れた。
パワメの事はよく分からんくせに、何倍とか気になるタイプなので、NOVAくんに聞いてみると、15分30秒で5倍ちょいくらいとの事でした。
気温は確か0度。

なので、まだまだいけるという自信はついた。

全員がゴールし、樺ちゃんは全然上げてなかったみたい。
NOVAくんも上げてなかっただろうし。


はっは〜ん、さては温存やな、、。
二人だけじゃない、T石さんも、masaちゃんも、kajiさんも、K岡くんも、ハクトくんも、天ダムに向けて全員温存パターンか、、。
ちきしょう、、俺、まぁまぁ脚ジンジンしてんねんぞ、、。


勝手すぎる想像は膨らむばかりw


ここで、オータちゃんとモリヤンは所用の為途中離脱。
お疲れ様でした!

一同は天理ダムのスタート地点へ。
途中のコンビニでマスケンさんも所用で離脱。
ありがとうございました!


天ダムのスタート地点に到着し、初見の方が多かったのでmasaちゃんが説明。


「11km先の信号がゴールです」


分かりやすすぎて雑w

信号が青に変わり、一斉にスタート。


「いよいよや。特にT石さん、樺ちゃんには絶対負けられない」


気合い満点で走り出したものの、NOVAくん、kajiさん、T代さん、T石さんがパックになって爆速w

あれよあれよという間に突き放して行きます。


ちょまてよw


キムタクのマネを心でしながら必死で追いかけますが、その差は全く埋まりませんでした。
タイム的には20秒〜30秒くらいでしょうか。


そして、後ろ振り返るとそこには樺ちゃん。


「樺ちゃんと勝負したいけど、ココはとりあえずお預けにして、先ずは協調して先頭集団に追いつかなあかん!」


おやじ転車、何だか漫画の主人公になった気分で妄想します。

妄想 ↓

お「樺ちゃん、俺たちの勝負はお預けにして、協調しながら先頭に追いつこう!」

樺「そうですね、僕たち二人なら絶対追いつけますしね。やっちゃいますか?」

お「先頭に追いついたら、全員を千切って二人でランデブーしようぜ」

樺「ふっ、、僕が勝ちますよ」

お「よく言うぜw」

樺「おやじさん、行きますよ!」(ダンシング始まる

お「おう!!」



実際 ↓

「樺ちゃん!このままやったら絶対追いつかん!協調していこうぜ!!」

「あ、僕今日あまり気が乗らないんでいいです」


おいーーーーーーっwwww


この一言で追いつく事が不可能となりましたw


「しょうがないw ひたすら一人で走ろうw」


樺ちゃん、それでもおやじ転車にツキイチだったので、いつ寝首を狩に来るか分かりませんw



ふと見上げると、先にはT石さんが。
そして、その先にNOVAくん、kajiさん、T代さんの先頭集団。


「T石さん落ちてきたか。先頭集団は難しいにしても、T石さんなら追いつけるかも!」


苦しかったけどペース上げて走り、やがてT石さんに追いつき追い抜きました。
これは、鬼のよこ鍋練で根性がついたからなのかもしれません。
今まで、こういった事はあまりなかった記憶です。


振り返る事なく、ひたすら前見て登ります。
そして、天理ダムのピークに差し掛かろうとした時、おやじ転車を一気に抜いて行く自転車。


「え?樺ちゃん?!」

「違う!T石さん!!」


千切ったはずのT石さんが、アタック気味におやじ転車を抜いて行きました。

樺ちゃんの姿は見えませんでした。


「なんと!すげーなT石さん!!さすが!」


なんかめっちゃ気合が入り、T石さんを追いかけます!

ダムのピークを過ぎ、あとは登りと平坦、若干な下りを繰り返すコースレイアウト。
まさにロードレースっぽいコース。

そこで、おやじ転車は気づきます。


「あれ?先頭集団が消えてるww」


さっきまで見えてた先頭集団が、目線を遠くにやってもその姿はありませんでした。

ダムのピークで分岐があるので、おそらくそこで間違えたようです。


そう、先頭の3人は天ダム初見。
誰一人、そのコースを知らなかったのですww


「考えていてもしょうがない。今はT石さんとの勝負に集中する!」


ここから、T石さんとおやじ転車の熱い闘いが始まりました。

お互い抜きつ抜かれつ、脚を溜めたり溜められたり。

あかん、めっちゃオモロイやん!!!

キツかったけど最高でした。


そして、ゴール手前。
最後の登り返し。


おやじ転車、登りに入った所で今日一の力を出します。


「これで抜かれたら、もう悔いはない!!!」


登り返しのピークでは、T石さんの息づかいとチェーンの音は消えていました。

ラストの平坦も最後までもがき切り、そしてゴール!!!

お互いナイスファイト!!!

お疲れでした!!!

二人はハイタッチをして、健闘を讃え合いました。



やっぱこれやろ。

僕にとっては、こうゆうのが一番楽しいライドだ。




やがて、メンバーも次々ゴール。


結局、先頭の3人はダムピークの分岐で道を間違え、その先にあった8%くらいの登りをずっと競い合ってたそうなw
しかも3kmもww


こうして、熱き多武峰&天理ダム練習会は終わりました。

15分と30分弱、しっかりと走れました。
ありがとうございました。

masaちゃん、道案内ありがとね。
ほんと助かりました。

またチャンスあれば、こんな感じのライドしたいなと思ってるので、よければご参加くださいね。
グルメはないけど、その土地にしかないセブンやファミマ、ローソンとかは行きますよ。


それではごきげんよう。
またね。


ERf07KmVUAE6RIM



読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です



ツイッターでは以前より告知してました、

11/11開催の「スーパー大台ケ原」

当ブログにて、正式に募集致します。



集合時間と場所です。
5時に自走大台ケ原の聖地:滝谷セブン

車載の方は、4時45分に「道の駅かなん」でおなしゃす。
僕もその時間に行って、聖地:滝谷セブンまでご一緒させてもらいます。

↓ 道の駅かなんwebサイト ↓
http://www.osaka-michinoeki-kanan.jp


今回のルートは、先日、ぴょん吉とココロちゃんとで呑みに行った際、ヘベレケになりながらも練りに練りまくり、素敵なルートを考案しました。
詳細は申し上げられませんが、山岳ルートです。
走行距離は、おそらく250kmは超える感じで、そのうち平坦は2〜3割くらい?
基本的に、気がつけば登ってるか降ってるかのどちらかになってると思います。


オマケの大台ケ原を登った後、できれば吉野大峰を登って帰りたいので、15時30分ごろには「道の駅 杉の湯川上」に到着したい所存です。

それはつまり、いつものようにビジターセンターで食事しながら暖を取るという唯一の楽しみは、カットになると言う事ですw
そして、その他の補給ポイントも最短時間で行きます。


今回の大台ケ原は、皆さんとの勝負はもちろんですが、やはり寒さとの戦いが最大のポイントになると思われます。

寒さ対策は万全でお願いします。

それと、普通にロングライドですので、それなりの準備もしっかりとお願いします。

現在、確定してます特攻野郎は、

やまたかくん、ぴょん吉、NOVAさん、けつおちゃん、やすさん、小島くん、ココロちゃん(かも)、おやじ転車


おやじ転車としては、めちゃくちゃ豪勢なメンツで既に白目状態です。


参加ご希望の方は、当ブログ、ツイッターにてコメントをお願いします。
もちろん、途中離脱される方も歓迎ですが、「せっかくやから最後まで」と詰め寄られるかも、というか詰め寄られます。


IMG_1101

IMG_2007


IMG_2367


IMG_1676


IMG_2368


IMG_8209


IMG_8228


IMG_7356




僕は(別の意味で)記憶に残るライドがしたい!

Let's Adventure!!

お待ちしてます!!!






読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


第18回ヒルクライム大台ケ原since2001

参加して来ました。
年代別優勝しか考えてませんでしたが、その夢は叶いませんでした。



 
当日、2時45分に鳥人間のなかむら君と待ち合わせをし出発。
2時間30分は睡眠を取る事が出来たので、特に問題なし。

車中で、やれアンパンだやれカステラだ、やれジャムパンだと定番ものを食べまくり、眠たくなる。
が、これも特に問題なし。

現地に近づくにつれ、雨がぱらつき路面は濡れてたけど、開催は決定してるので問題なし。

駐車場になってる学校に到着し、前日受付をお願いしていたやまたか君に会い、ゼッケン等を受け取って準備をし、荷物受付へ。


色んな方々にお会いして、気分も高まり完全にやる気モード。


自分は第1グループで、そこには知ってる仲間がたくさん。
特にココロちゃん、樺ちゃんとは何となく協調しながら行こかみたいな話をして。(全然せんかったけどw)

しかし、自分が優勝するためには、必ず勝たないといけない方がその第1グループにいらっしゃって、結局自分はその方を徹底にマークする!と、心がそっちにシフトしてました。

やがて、第1グループの号砲が響き、スタート。

いつもの「自走アドベンチャー大台ケ原」では、この時点で既に脚が終わってるので、どんな感じになるか不安やったけど、もう感動するくらい楽やったw
集団すげぇ!って思った。

だから、脚と心肺はかなり余裕があって、激坂区間の手前にある坂感のない激坂も楽々こなせた。

感触的に「これいける。俺やれる」って思った。

そんな事思いながらも、絶対勝たなければならない方を徹底的にマーク。
常に視界から逃さないようにしていた。

そのまま激坂区間に入ったけど、淡々とペースを刻み続けた。

この時点で18分ちょい。
自分がマストとするタイムはクリア。



「調子良くても上げるな落ち着け落ち着け」

何回も心で唱えてたw

何だかんだで、その強い方、ココロちゃん、樺ちゃん、やまたか君、あと数名がパックになって、前を走ってる方々を追い抜きまくってたと思う。

あまりに自分の調子が良さそうやったので、ちょっとペースを上げてみてどれだけの方々がついてくるか、その強い方はついてくるか試してみようと考えた。
それで付いて来たら、また何か考えようと、アタック気味にペースアップ。

暫くは振り返らず、脚を残しつつひたすらペースを上げ、やがて後ろをチラ見。

誰もおらんw

 そして、その強い方もいてませんでした。

かといって、いつ追いついてくるか全く分からないので、結局上げたペースのままでひたすら踏む。
追い付かれるかもという恐怖心があったから、何度も何度も振り返りながらw

やがて、少し心に余裕が出来、周りを見ながら登った。

「アドベンチャー大台ケ原の時は、毎回蛇行しながら意識も飛びかけていたのに、ほんまサラ脚って最高。車載まじ万歳」

そんなくだらん事を考えるくらい余裕があった。

そして、声を掛けてくれはる方がいらっしゃったり、知ってる方には自分から声を掛けたり。

楽しかった。

激坂区間の中盤を過ぎたあたりで振り返るとココロちゃんw

「やっぱ来たw そんな甘くはないよな」

やがて追いつかれ、追い抜かれ、今度はココロちゃんを見失わないように。

少しずつ千切れていったけど、激坂区間の終わりくらいまではギリッギリ見失わないでいた。(豆粒レベルやったけどw)

こん時、激坂区間終わりで49分と確か後半。
これも、マストと想定していたタイムだったのでクリア。

振り返っても第1グループは誰もいなさそう。


「いける勝てる」

ちょっと思った。


ドライブウェイ区間に入り、もうここからは何も考えず、ただただ勝つためにひたすらペースアップ。


確か2kmすぎたあたりで、生石高原を一緒に走った事のあるテッちゃんが、

「おやじさん!!」

「お!!てっちゃん!!」

そう言って、TTTのてっちゃんを抜き、少し走ったところで後輪に異変。

振り返り、確認。

パンクや、、。

急激にスピードが落ち、抜いたてっちゃんが自分を追い抜いて行く。

「どうしたんですか?!」

「パンクみたい、、」

「えーー!」

この時は、パンクと言いつつも、まだ走れるんちゃうかと構わずペダルを踏む。

そしてスリップ。

「あかん、無理や」

それでも諦めきれず、後ろ振り返ってもまだ誰も見えずだったので、

覚えてる行動を書くと、自転車を降りてシューズを脱ぎ始めてた。

自転車担いでいた。

左手にシューズ持ってた。

気づいたら走っていた。

多分、ていうか「まだいける。まだ望みある」

って思ってた。

ひたすら走ってた。

自分を追い抜いて行った方たちが、いろんな励ましの声をかけてくれてた。

なんか顔がクシャクシャになってる気がしたので、下を向き走ってた。

やがて、絶対に負けてはいけない方が自分を追い抜いて行った。

そこで、一気に心が折れ歩いてしまいました。

残り4、5kmくらいのところで、チームジャージを着てる方が、

「これ使ってください!」

とクイックショットを僕に渡して、そのまま走り去って行った。

すみませんすみません。
感謝しかないのに、ゼッケンも分からないままやった。

ほんまにありがとうございます。

そして、チューブに注入し4気圧くらいは入ったので、ゆっくり走る事が出来ました。

おかげさまで、最後まで諦めず完走できました。

ありがとうございました。


こうして、僕の大台ケ原は幕を閉じました。


悔いなき大台ケ原に仕上げたつもりが、自分自身だけが選んだ機材のチョイスで、悔いが残ってしまった事が全く情けない気持ちでした。



もし次回があれば、同じ過ちを繰り返さぬように。



応援して下さった方々、心からありがとうございました。

IMG_2229




P.S
9/30(月)やまたか君とぴょん吉で大台ケ原行きます。(自走アドベンチャーモード)
興味ある方は、何かしらで連絡ください。
よろしくお願いします。





 

このページのトップヘ