GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です


昨日行った「紀ノ川広域農道往復tt」、案の定ダメージが深く、仕事仲間から

「えらい疲れてそうですけど、大丈夫ですか?」

と声を掛けられ、

「あ、あぁ、、大丈夫だ、、心配ない、、」

と、ドラマによくある病気を隠している主人公のようなセリフで、何とかその場を切り抜けました。



今日の記事は、今回のttは一体何がいけなかったのか?を振り返り検証したいと思います。

ただ、振り返って検証すると言っても、パワーメーターとか持ってる訳でもないし、細かい事苦手だし、まぁ感覚で綴っていきます。


あ、大前提として、今回負けたのは単に走力不足です。
それは練習で補うとして、振り返りたいのはその走り方です。


それでは早速。

このttは往復のttですので、まず往路のタイムを見てみましょう。

BlogPaint


往路では、おやじ転車が、やまちゃんより4分50秒先行しています。



そして、復路(ただし復路のセグメントは、広域農道往復ttの復路より約5km短い)

BlogPaint

今度は、やまちゃんが、おやじ転車より4分2秒先行しています。


つまり、残り約5km地点で、


おやじ転車 2時間2分3秒

やまちゃん 2時間2分52秒


だったのが、最終的には


23


となった訳です(大泣


つまり、やまちゃんは、残りの約5kmで1分6秒も縮める事が出来たんか??!!!

すごすぎやろww


で、注目すべきはそのアベレージです。


おやじ転車 往路 31.6km/h 復路 26.8km/h  トータル 29.1km/h

やまちゃん 往路 29.3km/h 復路 28.7km/h トータル 29.2km/h


おやじ転車、復路でタレまくりちょんバレw


それに比べて、やまちゃんの方が往路・復路とも安定したアベレージで走ってますね。
おやじ転車は、なんかもう感情のままに走ってるのが数値でみてもハッキリわかりますw


たぶんこれが主な敗因なんですよねぇ(いや確実


自分の中でも、この事は頭では理解していて、実際往路は「できるだけ抑えてマイペースで走ろう」を心がけ、特に登りはいつもより力を抜いて登っていたつもりでした。

しかし、僕の中でこの往路のタイムは、明らかにオーバーペースです。
なぜそうなったか?
それは、おそらくアベレージをできるだけ貯金したかったのだと思います。
復路である程度タレても貯金でアベレージ持たす、そういう意識が勝手に働いていたのだと思います。

思い返せば、「抑えて」を意識していたつもりでも、往路の心拍は降り以外はほぼ90%でした。


心拍ゾーンの結果を見てみましょう。

03


そらアベレージ貯金なんて湯水のように使い果たすわw



もう、復路ではガチャガチャでした。
自転車と自分の体が上手くかみ合わず、踏んでも踏んでもスピードは乗りませんでした。
そして、みるみる下がっていくアベレージ。
それを少しでも上げていこうとすると、さらに力みが増して見事なまでの悪循環。

これじゃぁダメです。
話になりません。


やまちゃんは、きっとそんな事はなかったはず。
やまちゃんのアベレージと心拍を見てみると、最後までペース管理が出来てた事は容易に想像がつきます。

往路でペースを抑えて走ると「抑えて走ったのに、復路でもしもタレてしまったらどうしよう」という不安が先走って、その結果無意識にペースを上げてしまったのだと思います。

これは、自分に自信がない証拠です。



次回のリベンジまでには「前半そこそこ速いペースで、後半はもっと速いから知らんで」くらいの実力をつけて挑みたいものです。



がんばろ。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


今回のタイトル、日本語に訳すと


「紀ノ川広域農道で白目」


となるはずです。

今日は、しばらくTTする予定のなかったコース「紀ノ川広域農道往復 」に行って来ました。


その理由は、自転車仲間のやまちゃんさんが、

2017-05-11-19-00-27

と、自転車仲間のトプローさんと、僕おやじ転車の記録を圧倒的な差で抜き、それをドヤ顔ツイートされていたので、これはもう行かざるを得ません。


その圧倒的な差とは、どんなものだったのでしょう。


あっと、その前に「紀ノ川広域農道往復」のコースプロフィールですね。

35

以前の記事にも載せた事がありますが、こんな感じです。

距離65km、高度上昇量が約1,300m

まぁはっきり言って、僕的にはかなり、いやほんとかなりキツイコースです。
アップダウンの雨あられ、とにかくひたすらアップダウンです。
その勾配も、決して緩い勾配ではなく、

2017-05-11-10-27-54

こんな感じの勾配が常に続きます。(特に後半)

そして、その圧倒的な差と言いますと、


やまちゃんさん 2時間13分40秒

トプローさん 2時間20分52秒

おやじ転車 2時間23分43秒


こんな感じでした。

トプローさんで約7分差、おやじ転車に至っては10分も差がありますw

ただ、おやじ転車の場合、ここまで自走で40kmほど漕いで来た後の記録でしたので、それがせめてもの救いでした。



「にしても10分差てw サラ脚で走って、この差って埋まるんやろかw」


そんな不安を抱えながら、おやじ転車、今回は言い訳できない車載モードです。

2017-05-11-08-38-44


「和歌山まで車載で行く事になるなんて、、。なんたる屈辱」


自走が基本のおやじ転車、たかだか現地まで40kmほどの距離を車載で行く事に、その悔しさを覚えます。


「なんか車やと時間かかるな。自転車で行く方がよっぽど早いのに、、」


そんな事ある訳ないのに、頭が完全に自転車脳になってるようです。



紀見峠を経由し、改めてコースを確認しながら車を走らせます。

2017-05-11-10-23-46


「相変わらずエグイでしかしw」


やがてスタート地点である根来寺に到着しました。
無料駐車場に車を止め、スタンバイをし緊張のスタートです。


「さぁ行くか」


チュロリッ♪(ガーミンのラップ音)



ほるあぁぁぁーーーーーー!!!!!



結果
2017-05-11-13-19-30

負けました。(17秒差ww)


帰りの車では、生きる屍状態で運転してました(危ない


「まだまだ甘いわ俺」


そうポツンと呟き、そっと涙を拭うおやじ転車でした。




次回、実際どんな走りだったのかを思い返したいと思います。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


タイトル的に、さも多くの方が集まって来てそうなイメージですが、まぁ当然の事ながら全くもってゼロですw(背中泣

ですので、今のうちにひょっとして参加して頂けるかもしれない未来の方達に向けて、少しだけ僕の希望を追加させて頂こうかと思います。

今回企画させて頂きました自走大台ケ原アタックは、堺発着で距離にして約230km、高度上昇量が約3,500mとなっています。

僕自身、それだけの距離をもしも複数でライドするとなると、それは僕にとって初めての経験となるので、ここはやはりある程度の走力は合わせた方が良いのかなと思い、前回のログを載せてみました。


10

このような感じでした。

で、今回の目的は自走でレースコースをttした後、残り約100kmをどれだけハイペースで走る力がついているかを確かめる事が目的ですので、アベレージはこれより伸ばしたいですし、経過時間はこれより縮めたいと思います。(ちなみに、復路はお腹を下し、事あるごとにコンビニに寄ってました)


もしも、参加してやろうと考えて下さる方がいらっしゃいましたら、このログのアベレージと経過時間を考慮の上お願い出来たらなと思っております(ぺこり


どちらにしても、ソロの匂いがプンプンしておりますがw


それでは、再度皆さまのご参加をお待ちしております。

よろしくお願い致します!





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ