GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。

完璧に秋口へと突入した昨今、「7葛・夏の陣 〜俺たちの天国〜」ブログ編はいよいよファイナルへと入りました。(遅すぎ



あの熱く熱く燃えた、、


いや


へばりにへばり倒したとでも申しましょうか。(ブログもね)


サブタイトルも〜俺たちの天国〜ではなく、


〜俺だけが天国〜


と、もはや一人で逝ってしまったようです。


そんな7葛・夏の陣でしたが、今となっては、ひと夏の輝く宝石となって、僕の心の片隅でひっそりと光っています(かっこいい)




2016-05-01-14-02-01



そして、今回の7葛、最後の記事は、



「7葛・夏の陣 〜俺たちの天国〜 The Memorial」



 と題して、スライドショーで一つにまとめてみました。



先の記事にてお話をさせて頂きましたが、後半の「塔原・神通・牛滝」はヘタリすぎて記事を書くにはあまりにもエピソードがなく、もし書くとなれば、




「3本とも大変しんどかったんですよ。おしまい」



と、ある意味、「これぞまとめの極意」みたいな形となってしまうため、それならいっその事「思い出アルバム」のような動画にした方が、より一層僕たちの記憶にとどめて置く事が出来るのでは?と思ったのです。




思い立った僕は、早速動画制作に入りました。
一つ一つ写真をピックアップしてると、あの時の出来事が鮮明に蘇ってきます、、、。


(お読みの皆さま、ここから脳内BGMを流して下さい。エンディング系が合うと思います)




お忙しい中にも関わらず、遠いとこから駆け付けて下さった応援葛城の方たち。


ZOOMさん、ユキオさん、くにかつさん、クロダイさん、100太郎さん、ファンキーさん(別名:2代目さん)、アダッチャイさん

僕たちは、皆さんのおかげ様でとても元気を分けて頂きました。
笑顔笑顔でした。
めちゃくちゃ嬉しかったです。

ありがとうございました。



残念ながら、今回はDNFとなってしまったZackeyさん。


その後、徹底的に僕たちを応援してくれました。
ご自分のお体の具合も芳しくなかったでしょうに、最後まで献身的に応援して下さいました。
僕は、そのお姿に感動した事を今でもはっきりと覚えています。

ありがとうございました。



前日に7葛を一人で達成し、岸和田ツーリング倶楽部さんの掲示板にメモを残してくれた、なおとさん。

そのメモは、僕たちにとって最初の勇気でした。


ありがとうございました。






そして、最後に


少年のような笑顔を持った葛城の戦士たち。

夏の7葛も、この笑顔のおかげ様で無事に乗り切れました。

本当に感謝です。



何と言いますか



・・・。





楽しかったですね!!!!





またいつか、葛城山の頂上でお会いしましょう。


思い出の詰まった「7葛・夏の陣 〜俺たちの天国〜The Memorial」

どうぞご覧下さいませ。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。












読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

m(__)m

ご無沙汰してました、おやじ転車です。
大変お久しぶりでございます。


「7葛・夏の陣」の記事、そしてこのブログを楽しみにしていて下さったであろう皆さま、もう本当に申し訳ありません。


あの頃の自分から今日現在までを振り返ってみますと、7葛の少し前から、ライドに対しての体力と精神に強烈なスランプがあり、7葛が終了した後もそこから中々抜け出す事が出来ず落ち込む日々が続いていました。

そのような状態の中、なんとか蕎原編までは書くことが出来たのですが(それでもペース遅いけど)、「塔原と神通」に関しては、葛城メンバーの頑張りをよそに、自分の中ではただただ「足付きしたいくらいしんどかった」だけしか思い出がなく、 それを「どうやって記事にすればええねん」と、考えれば考えるほどブログから遠ざかっていき、更にはそれと並行して、そのスランプ状態から軽い鬱状態に入り(趣味なのにw)、ストラバ等も非公開にするなど完全に殻に閉じ篭ってしまっていたのでした(趣味なのにw)


そして、そこから先は、自身初めてのレース、そう8/21に行われた「高取戦国ヒルクライム」に向けて、とにかくスランプから脱出しようと落ち着いて冷静にライド回数を増やしていき、そうしているうちに徐々に調子も取り戻してきて、特に精神的なスランプからは、完全に脱出する事が出来ました。


しかしながらそんな頃には、すでにブログなんぞどこ吹く風となってしまっていたのです。


スランプを抜け出せてからは、ストラバも復活し、そりゃもう僕なりに走って走って走りまくりました。


勤トレしまくりーの
写真 2016-08-07 12 39 12

北摂行きまくりーの
写真 2016-08-04 12 38 02

葛城山行きまくりーの
写真 2016-09-06 9 22 22

六甲山イベントに参加させてもらいーの
写真 2016-08-11 9 17 19

そして「高取戦国ヒルクライム」に出まくりーの
写真 2016-08-12 10 27 00
(これは試走の時)


堺浜イベントに参加させてもらいーの(写真1枚も撮ってない)


おはみのに参加させてもらいーの
写真 2016-09-03 8 39 18


FRAT練に参加させてもらいーの
写真 2016-09-04 15 39 11

大台ケ原へ自走試走しに行きーの
写真 2016-09-09 13 26 19


そりゃもうとてもとてもよく走りました。(と言っても1,600km強/月くらいですが)

そうなってくると、自分の生活パターンが完全に仕事とライドだけになってしまい(というより、これで目一杯)

「もういっその事、ブログはフェードアウトをかまそうか」


とまで考えてしまう始末で、僕のブログ魂は風前の灯となっていたのです。


しかしそんな中、僕の耳に


「ブログどうなっとんねん」

「7葛ブログって、蕎原で終わってますよね?続くんですか?」

「うちの仕事場の人が『どうなってんの?』って言ってるで」

「オヤジテさんはどっか行ってもーた」


各方面から「どうなってん」コールが聞こえるようになってきたのです。


正直なところ、こうやって気に掛けて下さる方々がいらっしゃるなんて、そんなに深くは考えていませんでした。

そんな風に気に掛けて下さった方々、ありがとうございます。本当にありがとうござます。

今の僕の自転車生活というのは、ブログとそれを読んで下さっている方々があっての事だと改めて知る事が出来ました。

少し大げさな表現でしたが、そう思っています。

また、少しずつではありますが、再開させて頂きます。
こんな僕ですが、よろしくお願い致します。


7葛・夏の陣は、塔原と神通、そして牛滝と残っていますが、もはや記憶が非常に曖昧になっているため、動画にて纏めようと只今編集中でございます。
7葛・夏の陣を楽しみにして下さっていた皆さまがいらっしゃれば、こんな形になってしまいすみません。
しかしながら、完結だけはしたいと思っておりますので、もう少しだけお待ちくださいm(__)m


それでは、僕のブログを読んで下さっている皆様、今後とも何卒よろしくお願い致します。



最後までお読み頂き、ありがとうございました。



おやじ転車



おやじ転車です。

少し、いやかなりの間が空いてしまった7葛ブログ(最近いつも)、まだまだ4葛目 ですw
仕事の多忙さと自転車のトレーニングで、ちょっと息が切れかけています。
そして、今回書かせてもらう実際の4葛目も、かなりの息切れでした。
4葛目というより、4葛目以降、全てが息切れでしたw
それこれも、前回の犬鳴編でダブルーラーに追いかけられたからに違いありませんw


それでは、大変大変お待たせを致しました(ぺこり)


7葛・夏の陣 〜俺たちの天国〜:蕎原編「駆けつけてくれた、黄色と白の戦士たち」


どうぞ、ご覧下さいませ。


犬鳴が終わり、クロダイさんからの嬉しい差し入れを頂き、しばしの休憩を取る葛城の戦士たち。

すると、一人の男性が僕に声を掛けてきました。


「柴田さん(おやじ転車のこと)やないか!」

「あ!Uさん!」



そう、葛城山頂にある掲示板を管理されてる、岸和田ツーリングクラブのUさんです。

2016-04-13-16-22-01


「大勢で走ってねんなぁ」

「全員、7葛チャレンジャーですw」

「そうなんかぁ、すごいなぁみんなぁ。よっしゃ、写真撮ろう、写真」

「あ、はいwありがとうございます。 みなさーん集合してくださーい」


パシャッ

BlogPaint
3葛終わりの戦士たち。


「すみません、ありがとうございました!!」

「ほんなら、みんなの名前よう覚えきらんから、ホームページには『柴田さん一行』にしとくわな」


柴田さん一行てww
まるで慰安旅行やないかw



「あ、はい、お願いしますw」



Uさん、ありがとうございました。

とても嬉しい予想外なUさんの登場でした。

そして戦士たちは、頂上を後にして蕎原へと下り、お待ちかねの『愛のパン』でしばしの休息を取るのでした。

2016-07-05-13-08-15

2016-07-05-13-08-22
ド平日とは思えない自転車の数と、


image
ド平日とは思えない人数ww

これを見た誰かが(たぶん100さん)


「なんか無職の集まりみたいやな」


大ウケでしたww

確か8割は40オーバーだったのではないでしょうかw


いやしかし、これが素敵なんですよね、きっと。


食事が終わり、いよいよ葛城山屈指の激坂「蕎原」のスタートです。

2016-07-05-13-16-33


ここでも動画は撮ったのですが、肝心の激坂区間はボッチ走行だったので、皆さんが集っているスタートだけお楽しみ下さいませ。
皆さんも僕も、結構バテ気味ですw(※ただし乗り気んを除く)




この蕎原でも圧倒的なのは、やはり乗りKINGでした。
そして、乗りKINGを追う100さん。 さらに、100さんを追うおやじ転車w


「あかん、100さんに全然追いつかへん」


激坂区間で100さんを追い抜こうと目論んでいましたが、もう全く脚が回りませんでした。

久々に「足付きしたい症候群」にかられました。



何とか激坂区間をクリアして、粉河ハイランドパークを過ぎ、尾根沿いの道を進んで行きます。

前方には、100さんの姿が常に見えていたので、何とか追いつこうと必死で漕ぎました。


「よっしゃ!100さん捉えた!」


100さんのすぐ後ろに着いて、さぁ追い抜こうとすると


ピューー!!!


脱兎のごとく逃げて行きますw


「何ちゅーケイデンスで離れて行くんやwちきしょっ、よしもう一回!」


必死で追い上げ、そして追いつきます。

すると、またもや


ピューー!!!


100さん振り返りもせず、僕の気配だけを感じ取って、ほんとに脱兎のごとく逃げて行くのでした。


「あーまた!ww」


追い付いては逃げられ、追い付いては逃げられ、これを何度繰り返した事でしょうか。


おやじ転車、まるで何度も獲物を取り逃がす、腕の悪い猟師ようでした。



「そして何やねん、このプチインターバルww」



おやじ転車の脚は、100さんの脱兎のごとくで削られまくりでしたw



「あかん、もう無理」



完全に脚が止まってしまい、100さんを追うのを諦め、尾根沿いをチンタラモードに切り替えて走ります。


タラタラ走っていると、前方に一人のローディーが僕の方にスマホを向けて立っていました。


「ん?」


そう思いながら通り過ぎようとすると、突然


「乗り気さん、とっくに行きましたよ!!早く行かないと!」


おやじ転車、あまりに突然の事でちょっと意味が分からず、


「え?あ、はい」


と答え、


「で、どなた?ww」


と言いましたw


「あ、2代目ですw」

「あーーー!!!!」


Twitterで時折絡んでくれる2代目さんの登場です!

この時初めてお会いしたのですが、2代目さんにはもともと何故だか黄色いイメージを持っていて、実際お会いすると、やはり黄色いイメージでしたww

BlogPaint
人はこの方を「ファンキー」と呼んでいますw


『こんな登場は初めてやw 新鮮すぎるやないかww』

「僕、皆さんの写真撮ってから行きますわ!」

「わかりました!では後ほど!」


そう言ってその場を去り、再び100さんを追いましたが、結局追い付く事が出来ずにゴールしました。

もう、この時点でかなり体力が消耗し結構フラフラでした。



頂上で、後から上がって来る戦士たちを待っていると、一人のローディーの方が別の方向から登って来られました。

『ん?あの、全体的に白い方は、もしや・・』

BlogPaint

「アダッチャイさん!!」


そう、FRAT練で初めてお会いしたアダッチャイさんです!

なんと、ここで二人目の応援戦士の登場です!


「アダッチャイさん、お疲れです!そして、よくぞ来て下さいました!どちらから登って来られました?」


「塔原ですわ。次はどこ登るんです?」

「塔原ですw」

「えーーっwww」

「頂上でちょっと休憩してますわw」

「いやー、でも応援と行っても、平坦でしたらガンガン牽けるんですが、登りは苦手なんですよねw」


また一人、鬼ルーラーと知り合えましたww


おやじ転車の周りには、なぜだか鬼牽き系の方が多いですw



そして、ここでザッキーさんが残念ながら無念のリタイヤです。
おそらく熱中症にかかったのだと思われます。
ザッキーさん、秋の7葛、もしくは冬の7葛(夏並みに厳しいけど)で、ぜひリベンジを!

ザッキーさんは、僕が言うのもなんですが、とてもポテンシャルの高い方だと思います。

次回の7葛では、問題なくそして確実に達成される事でしょう。

楽しみにしています。

その後のザッキーさんは、応援に徹して下さりました。

そのお姿が、なんかめっちゃ感動でした。




さて、登って来られた2代目さんから嬉しい差し入れです!

どん!
image

もうね、ほんとに感謝でした。

しかも、お仕事の時間が迫っているにも関わらずです。

みんな、「うまいうまい」言いながら食べてました。

2代目さん、ほんまありがとうございました!

ちなみに2代目さん、常にマシンガントークで、疲れた僕たちは相槌打つのが精一杯でしたw

しかし、場を気遣って下さるその心持ちがとても嬉しかったです。

乗り気さんの事を「黒い黒い」ゆーてましたけどww


そんな中、少し横になっていたリッツさんが


「僕もここでやめときますわ。これが僕の限界です」


いや、リッツさんじゅーぶんですw

リッツさんは、蕎原で足を着いてしまったそうですが、葛城山は全く初見、ロード歴も浅い中、これほどまでとは上出来中の上出来だと思います。

これからがほんとに楽しみです。


スイカを頂き、休憩をとった戦士たちは、それぞれ塔原への準備にかかりました。

「さぁ、そしたらぼちぼち行きましょうか」

「行きましょう」


するとリッツさんが


「あ、やっぱ僕も行きます!」


何でやwww


一瞬、心の中でそう呟きましたが、いい大人が判断した事です。
ここはリッツさんの心意気を尊重し、


「わかりました。でも決して無理はしないようにでお願いしますね」


と、そこそこ無理をしているおやじ転車は言いましたw


いよいよ5葛目へと突入です。


疲れた表情の葛城戦士たち(※但し乗り気ん除く)・・。


7葛は、5葛目からが勝負です。



〜続かせる〜





長文にも関わらず読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
いつも感謝しております。

ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ