GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。

今、仕事関係の忘年会のため電車に乗っています。

今日は仕事がOFFだったので、忘年会の時間に間に合うようにライドしてきました。

約1ヶ月ぶりの十三峠ttと、僕にとっては未開の地、暗峠(ただし奈良側)のヒルクライム、そして、近いいつかに必ず初チャレンジしようと考えてる、大阪側の暗峠の下見です。

それぞれ全て動画で撮ってみました。
編集後このブログにupして、これらのコースをまだ登った事のない方や、これから登ってみようと考えている方々に、一つの参考資料としてお披露目できたらなと思います。(凝った事はできませんが)

十三ttは、前回caad12で17分40でした。
今回、初めてcaad12で2回目の挑戦です。
これで、自分の実力が分かるという事です。

奈良側の暗峠、このルート舐めてかかったらエライ目に合うルートだと思います。大阪側が際立っているので、どうしても地味な存在になりがちですが、結構な激坂コースでした。

そして、大阪側の暗峠、、。
下りながら下見をしましたが、
一言でいうと

最強

です。

これら3つの出来事を、出来上がった順でupしていきます。

もしも、興味のおありになる方がいらっしゃいましたら、どうぞ今暫くお待ち下さいませ。

それでは呑んで参ります。

ありがとうございました。

今日のライド
十三峠〜フラワーロード〜暗峠(奈良側)80.4km

今月の走行距離
634km




おやじ転車です。


2015-12-13-08-02-30
いきなり載せちゃいます。

今日も勤トレを行った訳ですが、こう言った写真をよく撮るからでしょうか、最近は気温が何度かだいたい当てれるようになってきました。自慢にならない自慢です。

そして今日の服装は、この写真の気温でしたらノースリーブの夏用インナー、裏地のある長袖ジャージ、ウィンドブレーカー、レッグウォーマー、厚手のソックス、トゥーカバー、秋冬用グローブで行けるのですが、洗濯の関係で上半身はウィンドジャケットにしました。

しかし、ウィンドジャケットで行くには、今日の気温は高いです。

ですので、ジャケットの下には

2015-12-13-20-26-07
夏用のサイクルジャージのみにしました。
インナーもアームウォーマーも必要ありません。
それほどウィンドジャケットは、防風・保温・透湿に優れているという事です。




そしてこれが僕のウィンドジャケット。
2015-12-13-20-26-57
特に防風性能ははっきりと分かります。
ほぼ風を通さないので、汗で冷えるというのがあまり感じないように思います。

去年の葛城山で頂上が0度の時は、このウィンドジャケットのおかげで、ノースリーブの夏用インナーと、モンベルのジオライン(ライト・ウェイト)、ネックウォーマーで凌げました。
インナーの組み合わせが重要というのが大前提としてありますが、やっぱりウィンドジャケットはとてもよくできている、冬には持ってこいの服装やなぁと思いました。
だって、0度でたったこれだけで凌げるなんて、はっきり言って凄すぎです。

もう一着欲しいところです。

自転車の服装って、ほんとよくできてるなぁというお話でした。

あ、ちなみに僕は、どちらかというと暑がりです。

短いお話でしたが、今日はこの辺で。



2015-12-13-08-00-21


ありがとうございました。

今日のライド
勤トレ 滝畑経由52.4km
今月の走行距離
555.6km

 

おやじ転車です。

今日は何かとギリギリな事が多かったので、その話をさせて頂きます。
よろしくお願いします。

2日ぶりの勤トレでした。
いつも5時30分くらいに起床して、弁当を詰め、朝食をガッツリ摂って、それから着替えだ何だと準備をするのですが、またもや2度寝をしてしまい、目が覚めたのが6時でした。
やばいです。朝の30分は夜の3時間と言われてます。悩みました。
そう、朝の用を足すかどうかです。

もしも、食事中でしたらすみません。申し訳ないです。

僕は、山や峠に出向く時はもちろんの事、勤トレの際にも必ずと言っていいほど、用を足してから出掛けるようにしています。
距離が長いのと、やはりコース的に中々使えそうなトイレが少ないので、できるだけリスクを減らしたいと考えているからです。

「どうしようか。このまま我慢して急いで出れば、なんとか少なくとも関西サイクルの坂は登ってトンネルは越えれるけど、用を足してからだと、時間的にトンネルはおろか関スポの坂さえも登る事が出来ない。」

せっかくの勤トレなので、できるだけ坂を登りたいのと、できるだけ往復50kmはライドしておきたいという気持ちが、僕の心の中を占有します。


悩みます。


「ふむ、、豚の安心を買うか、狼の不安を背負うか、か・・・。」


どこかで聴いた事のある歌詞が頭をよぎります。
早朝のギリギリの攻防です。

そして、、

「ふっ、、俺は狼を選ぶ、、かな。」

用を足すのを我慢して、玄関を後にしました。

不安を背負いながら、一目散に天野山を目指します。

「よし、今日は脚もよく回る。奴が腹に来ないうちに、とにかく外環に出よう。本当の勝負はそこからや」

いつもよりペースが上がってます。

「行ける!行けるぞ!心拍は?!」

「あれ?!ゼロ??」

「あ、つけてくるの忘れた!」

「あらっ、ボトルも忘れてる!」

用を足さないで出るというプレッシャーに、明らかに動揺していたようです。

そして若干の不安を抱えつつも、おなじみの南楽園の坂と天野山の坂をクリアして、
いよいよ関スポの坂に入ります。
実はこのあたりから、少し兆候はありました。
でも、もう後戻りなんて出来ないので、とにかく行くしかありません。

「持ってくれよ相棒!(腹)」

しかし、こんな時に残酷なのは下りです。
関スポの登りを終え、下りに入ってしばらくすると、

来てます来てます。確実に来てます。

「こ、ここできたか・・」

「あと何キロや?えーっと、、」

「13、、km」

「もつんか、これ」

狼の不安なんて選ぶもんじゃありません。
もう不安オンリーです。
残り13kmとわかった時、僕はひっそりと後悔しました。

そして、トンネルを下りきり、いつもの気温計に到着です。
気を紛らわすのに、一枚撮りました。
image
連続5度の記録が、、と突っ込みたい所ですが、今日はどうでもいいです。

この写真の先の、ノーペダルでも余裕で50kmは越える下りを、身を震わせ耐えながら下ります。
林道を飛ばし、とにかくスピードで気を紛らわして外環へと向かいます。

そして、外環についた頃には日も当たってきていて、若干の暖かさがこの腹の痛みを和らげてくれました。

「よし、外環や。ちょうど治ってきてるし、ここから310号まで一気に行くで」

「ぬおぉぉー!!!」

下ハンで全開です。(遅いけど)

「動け脚ぃー!!」

信号もタイミングよく繋がりが良かったので、
ここは一気に310号まで行くことが出来ました。

そして、310号から約6km先が仕事場です。

そこで来ました第2弾。

「あー、2弾目はさすがに経験上やばいな」

体を震わせ、変な汗をかきながら、また下ハンです。
とにかく一心不乱で漕ぎまくります。

「持ってくれ腹!!」

セリフ的には脚と言いたい所ですが、ここは腹が正解です。
あと1キロです。かなり限界に近づいてきました。

「ギッリギリじゃないか!!」

漫画のセリフを使ってみましたが、意味合いが全然違います。

そして、ギリギリなんとか無事現場に到着しました。

「おはよう」

口だけがギリギリ冷静でした。
その後は、皆様の想像通りだと思います。

今日は、ギリギリがたくさんのお話でした。

「勤トレ」ではなく「勤トイレ」ですね。

ちゃんちゃん。

ありがとうございました。

今日のライド
勤トレ 滝畑経由50.4km
今月の走行距離
503.2km


このページのトップヘ