GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。

これを読んで下さっている皆さまは、プロテインの摂取はされていますでしょうか?
僕は、最近ですがプロティンを摂取するようになりました。
大人の階段を一歩登った気分です。
 
今までは、
「プロテイン摂るようになったらガチやな」
とか
「そこまでやるか」
みたいなイメージで思っていました。 

ところが、本格的な通勤トレーニングを始め出した今年の1月から(その当時は滝畑ではなく、天野山からそのまま外環コースの片道30km)、 体と脚の疲労で仕事に影響が出るというシャレにならん事態が多々あって、これは何とかせねばと思っていたのですが、その時はプロテインという発想がなく、「やっぱ、俺にはキツイって事やな」と半ば勤トレを諦めかけていました。

そんな時、他の方々のブログ等を拝見させて貰うと、「プロテインは良いよ」記事みたいなのが多くあって、それを読んでいるうちに「ちょっと試してみるか」という気持ちになり、Amazonで購入してみました。
プロテインって、基本どれも結構いい値段がするし、実際効果があるのか疑問だしで、購入の時はかなり躊躇しました。

しかし、いざ使ってみると勤トレやロングライド、山登りなどの後、確かに回復感の違いはありました。
特に翌日の脚の疲れがかなり減ったような気がします。

「これはいい!」

そお思って、摂取し続けていると、今度は体力の回復と比例して財布の疲労が明らかに激しくなってきました。

「これはまずい!」

それからというもの、プロテインが減って次の購入の時には、必ず一人家族会議が始まりました。

自制心のおやじ転車「お前はそこまでする必要があるんか?」

勢いだけのおやじ転車「で、でもプロテイン摂らないと体の疲れがぱねーし」

自制心のおやじ転車「それで財布が疲れとったら、元も子もないがな。少なくとも勤トレはやめたらどないや?うん?」

勢いだけのおやじ転車「勤トレをやめると、俺が俺でなくなるんや」

自制心のおやじ転車「大げさか」

勢いだけのおやじ転車「大げさやないんや 俺はもっと強くなりたいんや」

自制心のおやじ転車「そもそも何を目指してんねん」

勢いだけのおやじ転車「・・・」

自制心のおやじ転車「ええ歳こいてんねんから、もっと大人になれよ」

勢いだけのおやじ転車「わー!!!」

自制心のおやじ転車「お、おい!!やめろ!!」

どかーん!!!

2015-12-11-22-40-09
またやってもうた・・・。
しかも、いつも1kgなのにお得とはいえ3kgはかなりの出費・・・。

ま、しょうがないね。

と、いつもこの一言で全てが終わります。

しかし、このいわゆる回復系のプロテインは、僕の中では効果はある思います。
詳しい成分等の内容は分かりませんが、結局無くなれば購入というパターンになっています。

2015-12-11-22-42-35
僕は牛乳ではなく、水で溶かして飲んでいますが(なんか牛乳は、メリットよりデメリットの方が多いようです)、このココア味は水でも普通に飲める味だと思います。


今日は雨で、自転車に乗ってないので僕の身近なお話をしてみました。

プロテイン、それは体に優しく財布に厳しい誘惑の粉・・・。

あなた様ならどうされますか?


今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。

おやじ転車です。

今日は雨模様でしたね。
脚のOFFには丁度良かったのですが、どうやら明日の朝も雨のようです。
脚のOFFは1日でいいなと思っているので、二日続けてOFFだと少し不安になります。
年末年始は、必然的に乗らない事が多くなってしまうので、脚が退化してしまうんじゃないかという思いでいっぱいになります。
雨の日でも登りを含めたコースを走る事が出来れば良いのですが、通勤となると何かとリスクが多いので、車だ電車だになってしまいます。やはり自分の仕事を優先してしまいますね。当然といえば当然なんですけど。それでもギリギリのラインを攻めたいという気持ちは持っていたいです。

ローラー欲しいなぁ。 

さて、今日はまたまた昨日の続きを日記にしようかと思います。

蕎原ttを終え、次は塔原という事で、塔原ルートを下ります。
塔原ルートは、おそらくですけど葛城7ルートの中で、最もポピュラーなルートではないでしょうか。
平日に登っている僕でも、サイクリスト方々に一番多くお会いするのは塔原です。
土日祝は、スタート地点であるバス停がサイクリストで一杯になるという話を聞いた事もあります。

ルートは、僕の印象としては、距離を長くした十三峠なイメージです。
ただ、十三峠はゴールまでほとんど平坦が無かったと思うのですが、塔原はコースの中腹に平坦と終盤には下りがあります。
(終盤は、途中で合流する牛滝ルートも一緒なのですが)
そういった意味では、十三の方がキツイのかな。
僕としては十三峠と一緒くらいな印象です。

そして話は戻りまして、落ち葉の多い塔原を下ってると、前方からマウンテンで登って来られている方がいらっしゃいました。

「あ、Uさん!」

そう、頂上にある「岸和田ツーリング倶楽部」の掲示板を主催されているUさまです。

「おう、おやじ転車さん、久しぶりやなぁ」「今日は何本目や?」

Uさんとお会いした時の第一声は、いつもだいたいこれで始まります。

「今日は今から3本目ですわぁ。塔原で終わりにしようと思ってますわ」

塔原の中腹辺りで少し雑談です。

Uさん、年間300葛城を目標とされてました。
すごいです。はっきり言って憧れます。
僕も、年齢を重ねていった先は、Uさんのようにいつまでも葛城山を登り続けたいな。

そしてUさんにお会いすると、必ずおなじみのデジカメで写真を撮ってくださいます。
それで、撮った写真をご自身のホームページに載せてくれます。

自分の写ったUさんのホームページを、何度か人に見せた事があるのですが、だいたいいつも「めっちゃ笑顔ですやん」と言われます。

そう、僕はその瞬間がきっととても楽しいでのです。

Uさん、いつもありがとうございます。

そして今回、Uさんに「Uさん、僕ブログ始めたんですよ。よろしければ一緒に写真を撮らせて頂いても良いです?? そして、その写真を僕のブログに載せてもいいですか?ちゃんと目隠ししますんで」

Uさんは、「ええよええよ、撮ろう撮ろう。で、目隠しなんかせんでいいよ」

と快く引き受けて下さいました。
ありがとうございます。

それがその時の写真です。
BlogPaint
一応、ボカしてみました。

雑談後、Uさんは塔原を登って行かれました。

「お気をつけて!」

いい出会いでした。

僕はこの嬉しい気持ちの勢いで、下りきった後休憩をせずに塔原を登りました。
と言っても40分近くかかりましたけど。

とても楽しかった3葛でした。

2015-12-08-10-49-21
12/8の最高な休日のお話でした。

今日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。

 

おやじ転車です。

今日は冷えましたね。
いつもの勤トレ、1時間ほど遅く出て滝畑へは9時頃に到着したのですが、

2015-12-09-09-06-22
もう僕は5度の虜です。

この時間でこの気温ですから、いつもの時間帯ならもっと低かったでしょうね。
日が当たってない道路は、ところどころ霜が降りてました。
これから、下り坂は要注意です。

さて、今日は昨日の続きです。
牛滝を登った後、蕎原ttを敢行しようと思い、頂上から蕎原ルートを下りました。
蕎原ルートは、下りも厳しいルートです。
ですので、人によっては塔原ルートを下って 蕎原へ回る方も多いようです。
僕は、今回は時間がなかったのと、写真を撮りたかったので蕎原を直で下りました。

蕎原は、僕にとっては一番思い入れのあるルートです。
なぜなら、僕が葛城山で初めて登ったルートが蕎原で、
まぁ見事なまでにフルボッコでした。

足つき、立ちごけ、ハイキング、、、。

あかんパターンのオンパレードでした。
まさに、この世の地獄を見た感じでした。

それで、悔しさのあまり休みの度に葛城山へ出向き、
そして必ず蕎原を登るようにしました。
蕎原が今の僕を育ててくれたと言っても過言ではありません。
そして、今日はそんな恩師、蕎原に恩返しをすべくアタックを行います。
(なんか、なんのこっちゃって感じですけど)

2015-12-08-11-27-29
さぁスタートです。自転車の向きが逆で、逃げ腰のように見えますが気合いは入ってます。

2015-12-08-11-25-51
前回、primaで39分ジャストでしたが、果たしてどうなるでしょうか。

2015-12-08-11-25-13
集落を抜けて間もなくすると、

2015-12-08-11-23-16
おなじみの愛のパンさんです。
何回も通っているのに、まだ一度も行った事がありません。
今度、行ってみよう。

2015-12-08-11-21-20
一つ目の橋を渡り

2015-12-08-11-20-30
二つ目の橋を渡り(右方向です)
この辺りまでは、遅いながらもぶっ飛ばし区間です。

2015-12-08-11-19-11
そして、3つ目の橋を渡ったら、20%くらいの勾配を交えた激坂区間の始まりです。

2015-12-08-11-18-12
できるだけ、落ちたスピードがそれ以上下がらないようにキープです

2015-12-08-11-15-57
勾配がどんどん強くなっていきます。

2015-12-08-11-13-38
タイヤ坂です。このあたりがピークっぽいですね。

2015-12-08-11-13-46
せっかくなんで記念に1枚。

2015-12-08-11-13-10
このあたりで心が折れそうになりますが、なんとか踏ん張ります。

2015-12-08-11-11-21
まるで天空へ舞い上がる龍の背中のようです。

2015-12-08-11-11-38
おっと、かっこいい。

2015-12-08-11-06-39
ほんと龍の背中ですね。

2015-12-08-11-02-28
道はそんなに良いとは言えません。

2015-12-08-11-00-24
そして、この水汲み場を過ぎるとガードレールが現れ、若干勾配が緩みます。
若干ですよ。

2015-12-08-10-58-37


2015-12-08-10-59-10

2015-12-08-10-57-48

2015-12-08-10-55-51
このように、連続したヘアピンを抜けると(このあたりもきつい)

2015-12-08-10-55-05
ようやく犬鳴ルートとの合流地点が現れます。
(左が頂上方面、右が犬鳴方面)


2015-12-08-10-52-56
ここからようやく勾配が緩み

2015-12-08-10-50-08
林道を抜けると、粉河ハイランドパークが見えてきました。
僕は、最初ここがゴールと思ってました。
そのくらいホッとする風景なんです。

さぁ、ここから約3kmの道のりを一気にスパートです。
タイムをできるだけ稼ぎます。
ここまでの道のりを30分切れば、いいペースなのでは?と思います。
今回の僕は、28分30秒でした。

2015-12-08-10-48-30
目安があります。

2015-12-08-10-45-44

2015-12-08-10-47-16
ぐんぐんスピードを上げますが、車にはくれぐれも注意が必要です。

2015-12-08-10-43-05
そして、なぜココに?って感じで15%ほどの激坂が現れます。

2015-12-08-10-42-14
ここ、正直きついっす。

2015-12-08-10-41-03
坂感あまり伝わりませんが、後半でこの坂は脚が削られます。

2015-12-08-10-39-34
残り1km。

2015-12-08-10-36-32
激坂後、多少のアップダウンを越えて

2015-12-08-10-34-20
締めの激坂を登り(展望台のとこ)

2015-12-08-10-33-00
ゴールが見えてきました。ギアを上げ最後のもがきです。

2015-12-08-10-30-11
ゴールです!

2015-12-08-12-10-18
実際は38分15秒でした。
やった、記録更新です。

キツかったけど嬉しかったです。
しかし、機材の力は改めてすごいなと思いました。

そして、脚は疲れていましたが、まだ登りたいという気持ちもあって、
最後の塔原へ下って行きました。
そしてそこには、またもや良い出会いがありました。

つづく


蕎原ルート、どんな感じか伝わりましたでしょうか。
今日も最後まで目を通して下さり、本当にありがとうございました。


今日のライド
勤トレ 滝畑経由51.4km
今月の走行距離
452km

このページのトップヘ