GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

自転車に乗って、自分なりに気づいた事や感じた事を
読んで下さった皆さまが共感して下さったり、
これから自転車を始めようとしている方々に、
少しでもお役に立てる事が出来れば最高です。

caad12とprimaveraで南大阪近辺の山や峠をライドしてます。

おやじ転車です。
こんばんはと言いたい所なのですが、
この記事を朝に読まれる方もいらっしゃるかもしれないので、
失礼ではありますが、冒頭は「おやじ転車です。」の一言でいかせて頂きます。
みなさま、よろしくお願い致します。

今日は勤トレです。(通勤トレーニング、いわゆるジテ通です)
乗り続けて今日で5日目になるのですが、僕の場合、だいたい 4日目で脚にくるので、
ほんとは脚のOFF日にしようかと思いましたが、どうやら明日は雨のようです。
今日はせっかくの天気なので、少し脚がだるい&筋肉痛ですが、勤トレを行う事にしました。
と言っても、脚の事を思い、今日はクールダウンライドです。

現場に入る時間も、いつもより1時間遅いので、
「よし今日は違うコースにするか。脚もだるいし、坂はやめて平坦続く南河内CRでのんびり行こう」
なんてことを思い、少し遅めで出発しました。

「平坦だし楽にいけるな」
そう思って、大和川沿いを走っていたのですが、
あれですよね、信号ないから漕ぎっぱなしですよね。
そして、心肺の数値を見てみると、トレーニング状態になるまで上げてるし。

結果、脚にきました。

ちょうど「のんびり釣りにでも行くか」と言って、いざ釣り始めると、のんびりの「の」の字すらなく、しょっちゅう餌変え場所変え、ひたすらウキを見続けるという、あの休まる時が全く無い状態に似ています。

2015-12-02-15-47-25
行きしはシビアなので、これしか撮れませんでした。

で、現場に到着して距離見てみると46kmとかなってるし。
平坦とはいえ、しんどさは滝畑コースとあまり変わりませんでした。

クールダウンライドって・・・なに?
はて?なんでしょう?

心の中で会話してます。


そして、今日は仕事も打ち合わせのみなので、いつもより早くに上がる事が出来ました。

「早く終わったな。まっすぐ帰るのもったいないな。そや、久しぶりやし水越経由で帰ろう!」

クールダウンライドって・・・なに?
はて?なんでしょう?

また、心の中で会話してます。

しかも、水越は帰路とは全くかすってないし。
経由やなくて、もはや寄り道。

結局、細かい事は気にせずに水越へ向かう事にしました。

2015-12-02-15-48-42
水越が僕を呼んでます。

2015-12-02-15-48-47
手袋なんてノンノンノン。

2015-12-02-16-04-40
この先に、

2015-12-02-16-05-20
いつものスタート地点があります。

水越峠、ここは僕はアタックした事ありませんが、淡々と登るが良い気がします。
勾配が緩めなだけに、張り切ってハイペースモードで登ってしまいがちですが、意外とこの緩め勾配コースは長いので、そこをハイペースモードで登ってしまうと、
後半の若干キツくなる坂で脚にグッときてしまいます。
マイペース走法が良いのではないでしょうか。
あくまで僕的な感覚ですが、何かの参考にして頂けると幸いです。

淡々と(息遣いは淡々ではない)登って、ゴールしました。

2015-12-02-16-34-28
地味です。

2015-12-02-16-33-35
地味です。

そう、水越峠、大阪側のコースはとても地味なんです。

2015-12-02-16-50-59
地味です。

2015-12-02-16-49-53
地味です。

2015-12-02-16-48-42
地味なんです。

少し奈良側へ降りてみましょう。

2015-12-02-16-42-46
今日はあいにく日も暮れかかっていたのであれですが、景色は奈良側が断然良いです。

2015-12-02-16-43-56
もう少し下れば、祈りの滝の湧き水があるのですが、
そこまで下ってしまうとクールダウンライドの意味がなくなります。
(すでになってないけど)

そして、日もどっぷり暮れてしまい(といっても17時くらいなんですけど)、
幽霊的に怖くなってきたので、早々に降りました。

そして、何の準備もせず(ドリンクもなし)ふらっと寄り道的な感覚で来てしまったので、
本来の帰路コースに入る辺りでは、もはや擬似ハンガーノック状態でした。

晩御飯、めっちゃ食べました。

今日も長文でした。
お付き合い、ありがとうございました。
感謝しています。

今日のライド
勤トレ 南河内CRと水越峠 96.5km
今月の走行距離
147km 

こんばんは。
おやじ転車です。

今日のライドもとても楽しかったです。
それは、平日にも関わらず良い出会いがあったからです。

そして、それに付け加えて先に書きますが、葡萄坂tt記録更新しました。
なので、自分の中ではとても良い一日でした。

葡萄坂、僕はまだ最近のデビューで、確か今日で4回目?5回目?だったでしょうか。
このコース、好きです。
適度な勾配、そんなに長くない距離、終盤に飛ばせる事の出来る若干の下り。
僕にとって、楽しく登るにはちょうど良いコースです。

今日は、オーバーホールから仕上がった1号機(COLNAGO primavera2008)
の引き取りと、諸々の用事であまり時間がないため、
短時間で楽しめる葡萄坂ttを敢行した次第です。

2015-12-01-10-15-04
見えてきました、葡萄の坂

2015-12-01-09-14-21
スタート地点の大県南の交差点と

2015-12-01-09-15-56
スタートとゴールで何かと役立つセブンイレブンです。


2015-12-01-09-15-39
坂に狩られないように気をつけて



ではスタートです。

2015-12-01-09-38-57
ゴールです。

前回、1号機(COLNAGO primavera2008)の時は15分ジャストでしたが

2015-12-01-09-33-37
先にこれを載せると、ただでさえ薄いインパクトがさらにシャバシャバになるのですが、


結果、14分28秒でした。


僕的にめっちゃ画期的な記録です。
ただ、背中のポケットに入ってるiPhoneを取り出してから撮影すると
こんだけの誤差が出てしまいますが。

しかし、caad12に乗り換えてからというもの、ttしたコースは全て記録更新してます。

あれ?という事はやっぱり、

「見事だな。しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。 そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな!」

ってなりますよね、ランバ・ラル大尉。

了解しました。
2回目ですが肝に命じます。

でも、これは本当だと思います。
ここからが、タイムが縮まるとしても何秒単位な話になるのではないでしょうか。
やっとスタート地点に立ったという事ですね。

ただし、今日は素直に喜びます。

わーい。


そして、ゴールの変電所でスーパーシックスEVOに乗ってらっしゃる方にお会いしました。
僕が、変電所と自転車の写真を撮ろうしていると、

「よければ、そちらよりこっちの方が皆さん良く撮られてているので、
こちらで撮られたらどうですか?」

と笑顔でその方の自転車を移動して下さいました。
こういった場所で、こういったやりとり、ほんと和みます。
その方、憧れのO.H.Cに所属されてる方でした。
終始、僕の会話に付き合ってくれました。
汗冷えの中、お付き合いして頂いてありがとうございました。
次回お会いした時には、ぜひ、よろしければご一緒にライドをお願い致します。

そして気分良く下りに向かいます。

2015-12-01-09-56-01
いいですね。

2015-12-01-09-57-20
見続けたい風景です。

2015-12-01-09-57-43
お・や・じ・転・車


下りきった後、南河内CRを経て帰途につきます。

2015-12-01-10-13-03
このルート、朝も昼も夕方も好きなルートです。
(夜は幽霊的に怖いので走らない)

2015-12-01-10-27-07
子どもたち、一生懸命です。

自宅がある堺に着いてから、なんと葡萄でお会いした方とまたまたお会いしました。
これは運命と捉えて良いのでしょうか。(なんの運命か分からないですけど)


今日も最後まで目を通して下さりありがとうございました。

今日のライド
葡萄坂 50.5km

今月の走行距離
50.5km

おやじ転車です。
いつもありがとうございます。

今日はOFFでした。
それで、職場の後輩のF君、そして仕事仲間のMさんとでサイクリングです。
行き先は、Mさんがまだ登ったことのない鍋谷峠にしようと言う事で 、
朝の9時に、僕の家の近くにあるジャパンに集合です。

2015-11-30-09-54-36
ジャパンと言いながらファミマ載せてみました。

Mさんは、最近自転車に乗り始められて、今はその面白さに徐々にハマっていってる段階で、そういった意味では今回のコース、ベストチョイスではないでしょうか。

そして、後輩のF君も、 本格的ないわゆるヒルクライムに徐々にハマっている段階で、
(本人は、ヒルクライムは好きでないと口では言ってますが、確実にウソです)
鍋谷は2回目となりますが、これもまた、そういった意味では今回のコース、
ベストチョイス なのではと思います。

大阪側の鍋谷って、皆さんもご存知の通り、同じような景色とコーナーの繰り返しと、
同じような勾配が約6km弱続いている、トレーニングには最適なコースですよね。地味ですけど。 
このコース、一人で登るなら僕的にはアタックで楽しむのですが、
皆で登るならそんな地味なコースもワイワイと登れそうです。


BlogPaint
そんなこんなで、スタート地点に到着です。

ブログのネタにと思い、ちょっと無理な体勢で自分の自転車を撮ろうとしたら
倒してしまいました。しかもディレイラー側です。

モチベ下がりました。

心の中で「ブログって命がけやねんな」と呟いていました。

気を取り直しスタートです。

2015-11-30-11-06-41
ゴールです。

この撮影でも倒してしまいそうなピンチを迎えましたが、ぎりセーフでした。

繰り返しますが、ブログ命がけです。


二人とも頑張ってました。
偉そうに言う訳ではないのですが、お二人とも会うたびに確実に成長しているので、
本当に嬉しい限りです。

と言いつつ、ゴール手前で後輩のF君がダンシングでスパートかけたので、
思わずそれに反応してしまい、追い抜いて先にゴールしてしまいました。

大人げないです。

しかし、若い芽は早めに摘んでおいた方がいいですね。

F君はここで用事のリミットが迫ってきたので離脱です。
お疲れさんでした。

そして、Mさんとどうしようか相談した結果、三国山へ登ってみる事にしました。
三国山は、僕はまだ4回しか登った事がありません。
嫌いなコースではないのですが、一人だと幽霊的に怖いコースなのです。
登った事のある皆さま、なんか寂しい感じしませんか?
ちなみに、葛城山の犬鳴ルートも幽霊的に怖いです。

いや、そもそもいい年して、
未だにホラー映画が怖くて見れないっていうのが原因なのかもしれません。

Mさん、鍋谷を頑張って登って、さらに勾配のキツイ三国山はどうなのかなと思ったのですが、そんな心配、全く無用でした。

2015-11-30-11-43-30
CAADブラザーズ、三国山に現るです。

2015-11-30-11-36-34
因みに、今日までココがゴールだと思ってました。
でも、麓から見える形とこの形がどうも違うなという事で、
今回のミスが発覚しました。

2015-11-30-11-44-47
これですよね、麓から見えるレーダードーム。

いやほんと、Mさん大したもんです。
淡々とギアを回すあのお姿、かっこいいです。
でも、指切りグローブはボチボチ辛いのではないでしょうか。

Mさん、鍋谷と三国山を見事制覇しました。
さて、次はどうしようかと、またまた相談した結果、
堀越観音方面へ行ってみようという事になりました。
僕も初めてです。三国山から「堀越観音あっち」の看板を左へ曲がり下ってみると、
なんでしょう、「これ登りやったら、まぁまぁ辛いんちゃうん?」

この辺りをご存知の皆さま、どうなんでしょうか?
このルート、和歌山の麓からがスタートだと思うのですが、
やはり厳しいルートなのでしょうか?

とはいえ、このルートひょっとして

「キツイけど気持ちの良い登り100選」

にノミネートされるレベルではないでしょうか。


2015-11-30-11-59-06
ワクワクするような坂だし

2015-11-30-12-03-49
景色抜群だし

2015-11-30-12-07-27
なんか風情あるし

2015-11-30-12-07-21
季節感じるし

2015-11-30-12-07-49
で、これですよ。

2015-11-30-12-08-10
串柿の里だったんですね。

2015-11-30-12-08-16
見事です。

2015-11-30-12-08-36
最高です。

2015-11-30-12-27-22
涙出そうです。

いやほんと、良いルートに感じました。
ぜひ登ってみたいです。
ちょうど、鍋谷(和歌山側)のスタート地点のR480ではない分岐道から登って行くようです。

2015-11-30-12-32-54
説明下手ですみません。こんな感じです。

そしてその後、鍋谷(和歌山側)から登って(Mさん登り切りました)大阪側を下り、
行きつけのショップに寄ってハンドルの位置を下げてもらい、帰途に着きました。

最後はあっさりと締めてみました。

MさんF君、またぜひお願いします。
ありがとうございました。

自転車って楽しいですね。

長文でした。
最後まで目を通して下さり、ありがとうございました。

今日のライド
鍋谷往復と三国山 92.7km

11月の走行距離
1,143km

このページのトップヘ