おやじ転車です。



猿坂峠北側コース、距離5.8km、平均勾配3%、標高差182m

約5kmが緩斜面、残り1km弱で10%程の急坂を登るというこのコース、

ここで今まさに、熱き戦いが繰り広げられようとしていました。



〜2周目:トプロングホーンと満幸商店〜

どうぞご覧下さいませ。



シュバンッ!!!

46
 
遂にトプロングホーンの完全形態へと進化してしまったトプローさん(何扱いやw)



「アワイチ以来のトプロングホーン!!今度は加太の鯛でも喰らいに来たか!!」



おやじ転車、驚きのあまり自分でも何言ってるのかよく分かりませんでした。



ko460さん!やまちゃんさん!早く臨戦態勢を!!!

そして、信号が青に変わった瞬間、、。


く、来るぞ!!!



バビューーーーン!!!!! 



行ったーーーー!!!!!(どっちw


トプロングホーンは、緩斜面を疾風の如く駆け抜けて行きました!


あっけにとられた3人は、一瞬何が起こってるのか分からないようでしたが、すぐにその後を追いかけます!


「あかんあかん、断然速すぎるww」


圧倒的な差をつけたトプローさんの後ろに、ko460さん、やまちゃんさん、おやじ転車と続きます。


「この調子やと、最後の登りまでに追いつかないかもしれない!」

「追いつかなかったら、勝ち目なんかあらしまへんで!!」

「こうなったら出すしかないわね!行くわよ!!」





こおぉぉぉぉーーーーーー・・・






俺たちいつも青春







ほるあぁぁぁーーーーーーー!!!!!!


行っけーーーーー!!!!!


おやじ転車、ここで引き離されたらマズイと、最後の登りのために温存しておいた脚を、贅沢にそしてふんだんに使います。

そして、ko460さんをパスしてさらに加速し、トプローさんを追いかけますが、


「あかんw ほるあの割にはイマイチ差が縮まらんww」

「あれ?そういえば、やまちゃんさんは?」


と、思ったその時でした!



ギュイーーーン!!!



背後からチェーンの激しい音が鳴ったと思った瞬間、物凄いトルクと勢いでおやじ転車を追い抜いて行くやまちゃんさん!!

そう、おやじ転車の背後で脚を溜めに溜め、ここ一番の瞬発力で一気に加速して行ったのでした。


「は、発射台にされてもたw」


しかし、おやじ転車も負けてはいません。
これ以上離されないように、必死で付いて行きます。

そして、やまちゃんさんの後ろ姿を見て、


「なんちゅートルク派やw ギア比が俺とは全然違う!」


まさにパワーファイター!

プロレスで言うならアニマル・ウォーリアーに匹敵か?!(ふるっ


そんな事を思いながら、ひたすらに付いて行くのでした。

そして、最後の登り口に差し掛かった時、


「あれ?トプロングホーンがトプローさんに戻ってるぞ」


そうです、トプローさんはパワーを使い切ってしまい、登りの手前でタレてしまっていたのでした。

もちろん、これを2人が見逃す訳もなく、一気に追い抜きます。



「よし、ここからはやまちゃんさんとの一騎打ち!」

「登りで負ける訳にはいかない!」


おやじ転車、急坂に入った瞬間、最後の力を振り絞り、


必殺!見栄えダンシング!!
見栄えダンシングとは。
急坂に入った瞬間だけダンシングに切り替え思いっきり加速し、見えなくなったら盛大にタレるという、見栄えだけは一丁前なここ一番の大技。


この技が効いたのか、振り返るとやまちゃんさんの姿は見えなくなっていました。

「よしっ、、、獲った、、ぞ、、」

なんとか一番でゴールしたおやじ転車、しかし体力の消耗は相当なものでした。

続いて、やまちゃんさん、ko460さん、トプローさんの順でゴールし、


「お疲れ様でした!」


お互いの健闘を称え合い、そして楽しい雑談です。

しかし、同時スタートという事もあってか、全員の消耗度がハンパありませんでした。

2017-01-25-11-50-49
この疲労感に満ちた風景w


トプローさんに、あの時の速さの事を聞いて見ると、400wで長い緩斜面区間をずっと走っていたそうです。

僕はパワーメーターを持ってないので基準がイマイチ分かりませんが、どちらにしてもあの速さには着いて行く事が出来なかったので、もっと精進せねばと思うのでした。

そして、やまちゃんさんがトプローさんに


「初めてトプローさんに勝っちゃった(ハート)」


と嬉しそうに言うと、トプローさんが、


「それは、僕のタイム記録を抜いてから言ってくださいw」


と言い返し、和やかかつライバル心をぶつけ合う様が何とも微笑ましかったです。

2017-01-25-11-52-44
この距離感で、ライバルたちは闘志を燃やしていましたw





「さっ、どうしましょう?飯にしますか?」


降った先のコンビニでそんな話をし、


「ですね、もうお昼ですし」

「よかったら、しらす丼で有名な『満幸商店』に行きませんか?」

「ええ、いいですよ。行きましょう行きましょう」



こうして4人は、しらす丼を求めて何故か分からないけどめっちゃハイペースで満幸商店へと向かいます。


「着きました。ここですわ」

2017-01-25-12-34-29


「トプさん、なんかめっちゃ速いんですけどw」

「いや、周回練ですからw」



あ、そかw




おやじ転車、周回練である事をすっかり忘れていました。


そして、メンバーのブログでも言ってました、満幸商店さんのイチオシは

2017-01-25-12-41-54
なんと、しらす丼ではなく

2017-01-25-12-41-13
この、わさび汁です!!


という事を、メンバー全員が初めて知りましたw

わさび汁、加太で獲れた鯛を使った鯛汁にわさびを入れたスープで、大変美味しかったです。

加太へ寄られた方は、ぜひ一度ご賞味下さいませ。



たらふく食べた加太の戦士たち、食後はサイクルウェアを着たフツーのおっさんと化していました。


「なんか飯食ったら、走る気が失せてきましたねw」

「ですよねーw」

「とりあえず、どうしましょうか?」

「しかし今からあだっちゃいさんと合流とか、この状態では僕とやまちゃんさん、確実に牽き殺されますねw」

「でもあだっちゃいさん、ほんまに来るんかな?」



そうです、トプローさんとko460さんは、14時リミットのため、この2周で終わりを迎えようとしていたのです。


「ちょっと、ツイッター見てみますわ」


おやじ転車、ツイッターを確認します。


image


「来ますw 確実に来ますw」


おやじ転車のすっかり落ち着いていた心拍は、20ほど上がりました。


「と、とりあえず、時間もあれなんで待ち合わせたセブンまで行ってみましょうか。」


そう言って、自転車のロックを外していると、ko460さんがボソッと


「あ、パンクしてるわ」


ko460さん、まさかのパンク!

しかし、ブロガーにとって基本中の基本であるパンクシーンを、誰一人写真に収める事はありませんでしたw
※ちなみに、後でko460さんのブログを読んでみたら、そのパンクシーンを自撮りで載せてました(切ないw



パンク修理が終わり、待ち合わせのセブンへ向けてラストスパートです。

トプローさん、これでもう終わりという安心感からか、最後の力で先頭を牽きまくりますw

おやじ転車、心の中で


「やめてーー今からあだっちゃいさんと2周もあるんやでーwww 」


そう叫びながら、必死で付いて行きましたw
きっと、やまちゃんさんもそう思っていたに違いありませんw

トプローさんはその後もスピードを緩める事なく、周回のスタート地点までラストスパートです!

おやじ転車、もがき倒しましたが、結局追いつく事は出来ませんでした。


ゼェゼェゼェ、も、もう無理やw  ゼェゼェゼェ


周回のスタート地点で一旦止まり、やがてやまちゃんさん、ko460さんも追いついて来ました。


「お疲れ様でした!」


4人とも結構ヘロヘロでした。



いや、しかしほんま疲れたな・・。



そう思い、ふと道路の向こう側に目をやると、ローディーが一人、、。



ん?あれは・・・?






「あ!、ひ、ひょっとして、、?!」






ドン!!

2017-01-25-13-58-32

「ちっす!!」



キター♪───O(≧∇≦)O────♪



白い閃光、降臨ですw



〜つづく〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ