おやじ転車です



表題の通り、最近左膝が少し痛いです。
そして、この痛みは始まってから、かれこれ1ヶ月が過ぎました。



遠い眼差しでおやじ転車は呟きます。


「あの時、、か」


ある白目ライドでの出来事が、おやじ転車の脳裏を横切りました。



そう、これがその時の記録です。


image


この時、自走で犬鳴山を経由し、広域農道往復で白目を剥いた後、そのままどこか緩い峠を通って帰ればいいのに、わざわざ葛城山を登って帰ってしまったという。


なぜそんな意味不な事をしたのか、、。
おやじ転車は考えました。


「若気の至り?ってやつやな、きっと」


語尾上げ言葉でそんなセリフを呟くおやじ転車も今年で48歳。
自転車に初老という文字はありません(ただし他はボロボロ



しかし、この時の葛城山はかつてないくらいキツく、例えていうならあの7葛のラストよりも脚が動いてませんでした。

そして、この時左膝に違和感を覚えていたのですが、しょうもない見栄で最後まで登りきったのです。


「あの時、無理せんとやめときゃよかった。ほんまにしょうもない事をしたな」


それ以来、ライドを少し控えて様子を見ていたのですが、そんなに痛くないし大丈夫か?と思って走りに行き続けるとまた膝が痛くなり、そして再び様子を見て治れば走りに行く、そしたらまた痛くなるの繰り返しで現在に至ります。


最近は、痛くなっても走りに影響するほどでは無くなってきているのですが(GSJに参加してるくらいやからw)、ここは一旦完治するまで乗らない方がいいのかなぁ。

乗らないなら乗らないで、できる事は沢山あるから良いのですが、自転車に跨がれないというのは色んな意味でかなり辛いです。



まぁもうちょっと様子を見てみるか。



これを読んで下さってる皆さまはきっと大丈夫かと思いますが、ほんとライドでご無理はなさらないように。
どうしてもって時には、「きちんと体と相談」してからでも遅くはないと思います。



今回は、勝手な無茶をするとロクな事はないよ(たぶん自転車に限らず)なお話でした。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ