おやじ転車です。


タイトルどーり、最近はバックミラーつけて勤トレしてます。
取り付けてからそこそこ日が経ったので 、少し感想を述べたいと思います。

結果から言うと、想像していた通り

「ないよりかは、あった方が良いっすよね」

でした。幹線道路を走っている時なんかは、特にそう思いました。

もともと、バックミラーなしで後方確認をずっとやってきたので、慣れるまでは少し戸惑いがありました。
例えば必要もないのに何度もミラーを見てしまい、それが返って危なかったりとかです。

しかし、慣れてくると「ここで見る」っていうタイミングが分かってきて、それ以降は

「あー、ミラーあって良かったな」

と思えるようになりました。「ここで見る」は、車でのミラー確認とほとんど一緒なんですけども。


いろんなシーンで「付けておいて良かった」と思える箇所がいくつかありましたが、その中でも、前方に大型車が路上駐車している時の進路変更では助かりました。

今までは、その際の後方確認を目視で行っていましたが、目視するタイミングによっては、その大型車にぶつかってしまうのではないか?という不安がありました。
しかし、ミラーで確認すると、目線をより早く大型車に戻す事が出来るので、ぶつかりそうになる不安はかなり軽減されました。


要は、ミラーがあると、事前確認のパターンがより広がるという事なのでしょうね。
そんな気がします。だから「ないよりかは、あった方がいい」なのだと思います。

もちろん、最終的には目視で確認ですね。これ大事ですよね、きっと。


僕の勤トレルートでは、激しい交通量ではないし幹線道路の路駐も少ないのでマシだと思いますが、市内などを縦断、横断される通勤にはあった方が便利なのでは?と思います。



ちなみに、以前にも書きましたが、交通の危険回避の他にも便利な事があって、それは

「追っ手」や「刺客」

の確認ですね
←あほ



取り付けてから、今まで3度ほど「追っ手」を確認する事が出来ました←あほ


「僕は、あなたのアシストではない!!」←あほ


とばかりに、下ハンに切り替え加速を決め込んだものです←あほ


その方は僕のスピードについて来れなかったのか(もう救いようがない)、ふとミラーを見ると既にいなくなっていました。

「ふっ、口ほどにもないな」←あほ

普通に進路を変えていなくなった事を、千切ったと勘違いしてるおやじ転車は幸せバカ者です。


といった具合に、ミラーはそんな使い方もできます(誰もしない)




まぁしかし、ミラーはあった方がいいのでしょうね。

ミラーを取り付けてみて、僕はそんな風に思いました。

image


でも、caad12には付けてません(てへ)


今日はノーライドでした。
お読み頂きありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ