おやじ転車です。


今日は、脚の疲れと筋肉痛が残っていたので、ノーマル最短ルートで回復走です。

 

こないだみたいに、ギャラリーが多いと回復走じゃなくなるから、少し時間をずらして行くか」
 

と、訳の分からない勘違いをして、遅めに出発するおやじ転車でした。
 
ノーマル最短ルートでは、学生さんの通学路と重なっているため、ギャラリーだらけなのです(違う)




脚に負担がかからないよう軽いギアで回転数を上げつつ、それでもスピードは出さずに漕ぐ事が回復走と思い込んでいるので、それに習って淡々と漕いで現場へと向かいます。


ギャラリー(学生さん)には、ほとんど遭遇しませんでした。


「ギャラリーがいなくて良かった。これで回復走に集中できるぞ」


と、勘違いをしたままおやじ転車は進みます。

そして、R310のゆる坂に入ってしばらく走っていると、先の方で、おそらく登校時間ギリギリの学生さんが、猛ダッシュっぽい感じで漕いでいるのを発見してしまいました。

「しまった・・見てしまった」

理性を持った、もう一人のおやじ転車がつぶやきました。


しかし、見てしまったからには、もう誰にも止められません。


「ほう、俺をR310の赤い彗星と知って、逃げを決めるつもりか・・。 」


妄想劇場の始まりです。


「いいだろう、ロードレースの厳しさを少しだけ教えてやる。」


通勤・通学をロードレースとか言ってます。


「ぬおぉぉーーーーー!ほるぁぁぁー!!」


得意の雄叫びをあげ(心の中で)、しかし体はリアルにしんどいからアップライトポジションのまま、おやじ転車は駆け抜けます。


「うぉおおーー!!!」


叫んでる割にはスピードが全然乗らず、心臓もドキドキしていたので、理性を持ったおやじ転車が、


「もう楽しんだやろ、しんどいのにやめとき」


と言いましたが、妄想おやじ転車は、ほとんど意地になっていたので、
結局、力を振り絞ってケイデンスを上げて、なんとかその学生さんに追いつきました。

はっきり言って、TT レベルです。

息も上がり、心臓もバクバク、脚は乳酸と筋肉痛でジンジンでしたが、それを学生さんに気付かれては元も子もないので、すれ違う瞬間だけ息を止めて冷静な表情で、

「いい走りだったぞ。ロードバイクに乗りなさい。君はきっと良い選手になれる。」

と、心の中でつぶやいて、チラッと学生さんを見て少し微笑みましたが、学生さんはそれどころではないらしく、全く無視してそのまま僕を追い抜き、校門へと駆け抜けて行きました。

「ふっ、照れ屋さんか」

と言ったのち、一気にゼェゼェハァハァ状態になって、全く漕ぐ事が出来なくなり、ノーペダルで下りを降っていくのでした。



どこが回復走やねん。



僕が回復走するには、一人きりになれるローラーが必要です。


くだらない妄想にお付き合い下さり、ありがとうございました。


今日のライド
ノーマルルート 24.6km

今月の走行距離
1163.1km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ