GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

2016年01月

おやじ転車です。

今日は良い天気でしたね。
お休みの方は、どこかしら楽しいライドをして来たのでしょうか。

そういえば、ロミオくん一行も淡路島へ行ったんですよね。
天気良くて何よりです。 

僕は粛々と勤トレでした。
早朝でしたが、あのマイナス気温な感じではなく、坂を登るとヘルメットの下から汗が滴り落ちるくらい暑かったです。

そして、今日の早朝滝畑ダムの風景です。
image
この風景、好きなんですよね。
以前にも書いた事がありますが、このようなルートが通勤上にあるのは(厳密には全く通勤上ではない)、ほんとに幸せです。 


この写真を撮った後、またiPhoneの電源が突然切れてしまいました。
70%は充電が残ってたはずなのに、何故でしょうね?おかしいです。

気温計も撮りたかったのですが、そんな訳でパチリとできず残念です。
ちなみに今日の滝畑は2℃でした。

そして、特に変わった事もなく淡々と裏道を下り外環へと出てきました。

「久々の滝畑ライドやけど、何にも出来事なかったし、特に思う事もなかったな。ま、そんな日もあるわな。」

「でも、今日のブログ何書こうかな。」


と思いながら外環を爽快に走っていると、後方から爆音でヒップホップ系の音楽を鳴らしながら、1台の車が僕を追い越して行きました。

「朝っぱからうるさいな」

とつぶやいた瞬間、今度は、民謡をこれまた爆音で鳴らしながら、1台の車が僕を追い越して行きました。

「民謡て」

両方とも、相当でかい音でした。

そして、間もなく赤信号に差し掛かり、そこに停車している2台に追いついて脇に止まりました。

ちらっと見てみると、ヒップホップ系は今風の若いにーちゃん、民謡の方は結構なおばぁちゃんでした。

そして、その2台は、赤信号で停車している間も音量を絞る事なく、爆音で音楽をかけていて、

方や、「OYO!YEAH!!YO!YO!」とか言ってるし、

方や、「はいやぁ〜、あ〜あ〜あらよっとぉ!」とか言ってるし、

その信号の周りは、ヒップホップと民謡で混沌としてました。

思わず、

「なんのコラボやねん」

と、その2台の車を見たら、二人ともノリにノッてました。


「にーちゃん、ばぁーちゃん、ありがとよ。おかげで、なんとかギリ書けそうやわ」

そう呟きながら、R310を左折するのでした。


今日は、そんな夢のコラボ実現な勤トレでした。


最後までお読み頂き、ありがとうございました。


今日のライド
勤トレ滝畑経由 52.4km

1月の走行距離
1012.1km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。

昨日の記事に引き続き、空気入れ関係のお話です。(昨日のはくだらなさすぎてすみません)
 
ジテ通されてる皆さま、パンク時の対応はどおされてますでしょうか?
僕は、ジテ通(勤トレ)に関しては、時間がシビアなため、あらゆるパターンのパンクキットを持って勤トレをしています。

それは、道中でのトラブルで一番多いのは、僕の場合はパンクだからです。


その中で、パンクに一番素早く対応できるキットって、皆さまは何を使われていますでしょうか?


僕はこれです。(まだ使った事ないけど)
2016-01-29-22-32-44
そう、ご存知の方も多い事かと思います。
特に、チューブラーにされてる方は、よくご存知なのではないでしょうか。

瞬間パンク修理剤

です。取説によると、小さい穴(直径1mm以下)のパンク(おそらくスローパンク強なレベルだと思います)でしたらタイヤを外さず、専用アダプターをバルブにねじ込んで強く押し込むだけで、チューブ内にCO2と修理剤が注入されます。

2016-01-29-22-39-26
専用アダプターは、キャップの中に入ってます。
仏式専用です。

2016-01-30-08-09-47
このようにセットして、強く押し込みます。


作業としてはこれだけですので、どのパンクキットよりも最速な対応が可能という事ですね。(使った事ないけど)

ジテ通という時間にシビアなライド時に、手がかじかむくらいの寒さや、汗で滑ってタイヤが嵌めにくい猛暑の時のパンクは、通常よりも時間がかかり焦ってしまいがちです。

そんな時に、この瞬間パンク修理剤があれば、とりあえずの応急処置が素早くできるので、こう言った悩みからは解消されます。

なかなか便利な一品ですね(使った事ないけど)

しかし、しかしです。

・この修理剤は、3気圧しか入らないので、本当にその場しのぎだと思います。
(ただし、専用CO2ボンベと専用調整式アダプターがあれば空気の追い足しはできる)

・リム打ちなどによる大きい裂け目等には効果が薄い、もしくは無いようです。

・修理剤を注入したチューブは、長時間放置するとホイールが腐食する恐れがあるので、速やかに新品と取り替えるか、本修理しなければいけません。

・ヘタこくと、修理剤がバルブから飛び出す可能性があります。

などなど、当然デメリットもあるようです。


まぁでも、持っておくとジテ通では安心が一つ増えますね。

あ、金額ですが、Amazonプライムで1,000-しなかったです。




しかし、一番の安心は、どんな状況であっても、確実に素早く新品のチューブに交換出来るを持つことだと思います。


その自信がないうちは、こうやっていろんなパターンの道具を持っておくというのも、ジテ通には必要な事なのかな、と思います。


今日は、そんなパンク修理キットのお話をしてみました。

ちなみに、今、僕の頭の中は早くも「ツール・ド・にし阿波」の事でパンクしそうです。 


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。







読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


おやじ転車です。

ライドをしない時は、ネタ探しに必死です。
だったら、やめりゃぁ良いのですが、そこが初心者ブロガーの悲しいサガってやつです。

そして、ネタ探しは時にして全くもってくだらん発想に達し、それを惜しげもなく披露してしまう事があります。


それでは参りましょう、

ミニポンプ、走れるまでのシュポシュポは何回必要か? 

なーるほど・ザ・クエッチョン 

では早速、
image
今回、使用するポンプです。

2016-01-29-22-46-39
空気注入率ほぼ0%。

2016-01-29-22-47-03
セッティングします。

では、、

レディーゴッ!


とぉぉりゃぁぁー!!!
 image

「4、5、6、、、、91、92、、、150、151、、、200」

はいっ!はいっ!はいっ!

「300、301、302、、、457、458、、、500」

せいっせいっせいっ!!!

「556、557、、580、、、600!!」

どや!!!

2016-01-29-22-57-17
え?なんで?

ぐぬのぉー!!!

「654、655、、697、698、699、、、」

「700!!!」

ぜぇぜぇぜぇ、、ど、どや!!

image
・・・・。


ぬぞぉー!!!
2016-01-29-23-00-44
そりゃ!そりゃ!そりゃ!

「752、753、、798、799、、」

「800!!」

よし来い!
image
・・・バタンッ!

立て!立つんだ、おやじ転車!!


最後の力を振り絞りーぃ!!!

「832、833、、、888、889、、898、899!」

「900!!!」

それドン!!!
2016-01-29-23-07-07
ク、クリアー!!って言うか、もうムリー!!

アンドもっかいシャワー!!!

真夏なら吐くー!!!

やっぱ、ミニポンプは
2016-01-29-23-13-56
こやつとペアじゃないとね。


くだらない記事、大変失礼致しました。
そして、ありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


 今日は、Mさんがかねてから行ってみたいと言っていた、和泉葛城山へ行く事にしました。
天候は良く、何より気温も高かったので、

「これやったら、頂上まで登れるんとちゃうかな」

と、登頂が久しぶりな僕自身も楽しみです。

9時に僕の家の近くにあるジャパンで待ち合わせをして、さぁ出発です。

Mさんの成長ぶりは目覚ましく、これから先が楽しみです。そして、それはMさんが自転車にハマっている証でもあります。嬉しいです。
 

そうこうしているうちに、牛滝のスタート地点に到着です。
大阪側で、僕的に一番登りやすいルートをチョイスしました。
2016-01-28-10-54-47
CAADブラザーズ牛滝見参。(分かりにくい)

「凍結のため通行止」の看板が気になりましたが、

「まぁ、いけるっしょ」

とラフな考えで、登りを開始です。

案の定、Mさんは牛滝名物「地獄の18%スタート」で、

「え?え?」

を連発していましたが、見事にクリアしました。うん、予想通り。大したもんです。

BlogPaint
しんどいと言いながらも、楽しそうに登るMさん。

なんだかんだと会話しながら順調に登っていき、

「この調子やったら、Mさんの初葛城は足つき無しでいけそうやな」

と、心の中で思いながら走っていると、道の脇に残雪がポツポツ現れ始めました。


「あら、この時点で雪残ってるやん。予想外やわぁ、あはは」

と、冗談まじりで登っていくと、

2016-01-28-11-18-56

あちゃー。
ちょっと甘く見てました。スタートして、3kmちょいでこの状態です。
ロードでこれ以上は無理と判断し、

DNFを決め込みました。

Mさん、快調に登っていたのでとても残念です。

牛滝のスタート地点に戻り、

「塔原から登ってみましょうか」

「そうしましょう」



全然懲りてない感じで、塔原のスタート地点に到着しました。
2016-01-28-12-33-30
CAADブラーズ、塔原見参。

「よし、行こう!」

「行こう!」

CAADブラザーズはめげません。
というより、何も考えてません。


どんどん登っていきます。
塔原は、僕としては牛滝よりキツいイメージなのですが、Mさんは、

「いや、いやキツイわ ほんまキツイわ」

とか言いながら、何やかんやでマイペースに登って行きます。
決して速くはありませんが、しかしペースを乱さず淡々と一定のケイデンスで登っていました。

そんなMさんを見てると、僕も自然と笑みがこぼれます。

雪の状態も、牛滝よりマシやったのが予想外でした。
塔原は、比較的日陰の箇所が多いので、もっと早い段階で残雪があると思っていました。


すると、前方から一人のローディーさんが下ってきました。

「お、どなたやろ??」


と、言った時、

「おー!おやじ転車(ここは本名)さん!」

「あ、Uさん!!!」

そう、岸和田ツーリングクラブを運営されているUさんです。
ご存知の方もきっと多い事と思います。
あの、頂上の掲示板を管理されています。
Uさんは、マウンテンバイクで下って来られました。

「頂上付近どうでした?」

「頂上は雪なかったけど、尾根辺り、その手前はロードやったら厳しいかもやど」

「ほんまですかぁ」

と、そんな話から、Mさんの紹介などなど、しばし楽しい雑談タイムです。

そして、恒例の写真を撮って頂いたので、岸和田ツーリングのページでは、僕の本名と素顔が分かります。てへ。

僕も、Uさんに写真をお願いして、みんなで一緒に撮らせてもらいました。

BlogPaint
いやほんと、いい笑顔です。

「お気をつけて!ありがとうございました!」

「おう!!」



Uさんと別れ、僕たちは再び登り始めます。



そして、尾根まで残り1.8kmの時点で、


2016-01-28-13-22-44
DNF、決め込みました。


「蕎原から行ってみましょうか」

「そうしましょう」

懲りない面々です。


2016-01-28-13-54-14
CAADブラザーズ、蕎原見参。

とその前に、「愛のパン」で食事です。
もう、何十回とこのルートを通っていて、やっと初の来店をさせてもらいました。

2016-01-28-14-28-54
食事の写真は撮りませんでしたが、パンをもぐもぐして、さらにはカレーも注文して頂きました。
とても雰囲気よく、食事も美味しく頂き、すっかり落ち着いてしまいました。
ご馳走さまでした。


そして、

「では、激坂へとご案内致します。」

「よろしくお願いします」

「無理だと思ったら、すぐにクリートを外して下さい」

「了解しました」


2016-01-28-14-51-16
Mさんのクリートが外れました。

Mさん、大丈夫。ここは、僕を含めたほとんどのホビーライダーたちが、初蕎原で足を着く場所です。

予想通り、Mさんは唖然としていました。

しかし、これは激坂LOVEの始まりでもある事を、僕たちは忘れてはいけません。

そして、蕎原はここでDNFし、和泉葛城山を後にするのでした。


今日もとても楽しかったです。


自転車って・・・ほんま、ええわぁ


最後までの長文にお付合い下さいまして、ありがとうございました。
いつも感謝しております。


今日のライド
葛城山、登り口の3葛 88.1km

今月の走行距離
959.7km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ








 

おやじ転車です。

今日は自転車ではなく仕事で疲れました。 
勤トレも、久しぶりにオール平坦ルートです。
なぜなら、朝の入りがすごく早かったので、いつもの滝畑へは回れなかったのと、その現場終わりで直ぐに、難波にある会社へ戻らないといけなかったからです。

そう、今日は会社でミーティングの日でした。
ですので、ルートとしては、

自宅〜狭山方面〜難波〜自宅

という、全く平坦な勤トレルートとなりました。
坂のないルートを走るのは久しぶりです。

しかし、そんな僕の心の中は、平坦ルートよりも会社のミーティングよりも、もっと大事な事で埋め尽くされていました。


それは、、


じゃん。
27


これは、先々日の記事「ヒルクライムレース、一度でいいから出てみたいっす」にコメントをして下さいましたemoさまが、「こんなのもありますよ」と教えてくれた


ツール・ド・にし阿波です。

emoさま、本当にありがとうございます。
感謝です。


僕は、早速webを調べ、ツール・ド・にし阿波のページを見つけました。

そして、開催日を調べてみると、

「なぁ〜〜にぃ〜〜!!」←クールポコの口調で

「ご、ご、5/15やんかいさ!!!」


夜中、一人で興奮していました。

「全く初めての出場なら、しかも単独参戦だとじゅーぶんロックやな」

ただ問題は、このSSコースはすごく人気で、受付開始から数時間後には定員オーバーになってしまう可能性があるとの事ですが、その受付が3/1〜なのです。
3/1の時点では、まだ5/15がほんとに休みなのかどうかが分かりません。

しかし、

「こんなチャンス、もうないかもしれない。無駄になるかもしれないけど、悔いの残らないようエントリーだけはしておこう!」

と決めて、それからは「にし阿波」の事ばかり調べていました。

車坂峠は、万が一「にし阿波」のエントリーが出来なかった時、改めて考える事にします。


さぁこうなると仕事どころではなくなります。

現場終わってから、会社へ向かう道中も

「にし阿波、にし阿波、にし阿波」とつぶやき、大和川に差し掛かると、その夜景を眺めながら拳を握りしめ、
2016-01-27-18-28-40

「待ってろよ・・にし阿波」

と、声を出してしまい、通りがかった人に若干引かれるのでした。


案の定ミーティングもうわの空で、結局、会社に置いてあった日本酒をゲットし、
リュックをパンパンにして、

帰りは「重いわ重いわ」

とつぶやきながら帰途につくのでした。

2016-01-28-00-32-47
いただきます。


今日は、そんなワクワクが充実した一日でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。


今日のライド
平坦勤トレ 53.2km

今月の走行距離
871.5km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


このページのトップヘ