GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

2016年04月

おやじ転車です


 「淡水だけに淡々と」その2をお送りします。
よろしくお願いします。


4時15分、予定通り起床しました。
そして、何気にTwitterを覗いてみると、現地まで一緒に同行するリッツさんが、

image

とつぶやいていたので、

「お、リッツさん起きてるな。じゃあ俺も」



image


と、意味は分かりませんでしたが、起きてる証拠にとつぶやきました。



そして、ちゃっちゃっと用意を済ませ、キャラバン隊5人衆で現地へと向かいます。

5人衆とは、ロミオくん夫妻、リッツさん、Lipさん、そしておやじ転車です。



予定通り、8時すぎに待ち合わせである米プラザに到着しました。

道中でも、ワイワイガヤガヤと楽しい事はありましたが、書き出すとキリがないので割愛しますw

で、今日のメンバーは以下のように分かれました。

ドッキリぽた南周りチーム
・ロミオ夫妻
・SHOROs こうぞうさん
・ず〜・たにさん
北摂チームより
・めうさん
・きのっぴさん
・四谷さん
(北摂の皆さま、お会い出来なくて残念です。次回よろしくお願いします)


キタイチチーム
・Lipさん
・リッツさん
・だるま珈琲ジャージのみやもさん
・O.H.C くにかつおさん


フルイチチーム(チームじゃない)
・おやじ転車


そして、皆さんのコースを地図で表すとこんな感じになります。

BlogPaint

どお考えても僕が一番時間がかかるので、あまり皆さんを待たせる訳にはいきません。
とりあえずは、よく分からないけど7時間で戻ってくるという話になり、ご挨拶もそこそこにして早速出発の準備に取り掛かります。

そして、皆さんに


「では行って参ります!!」


と勢いよく言ったはいいですが、


「とりあえずどっちに行ったらいいですかね」


これには、自分でずっこけましたw

皆さんから、簡単に説明を受け


「R161はできるだけ通らないように」


と教えてもらい、今度こそ出発です。


「それでは行って参ります!!」


おやじ転車出発です。


僕はこの時点で密かに思っていました。


「必ずキタイチチームに追いつく」と。


やはり最初の走り出しは気合が入ります。


ほおぉぉーーるあぁぁぁーーー!!!!


いきなり身体中のエネルギーを放出し、一目散に駆け抜けます。


「えっと、どっちや?! こっちか?!」

「ほんで?! こっちか?! で?!」


エネルギーを放出しながら、住宅街へと入ってしまうおやじ転車ですw


湖が見えてるうちは、まだなんとなく方角が分かるのですが、見えなくなると一気に不安になります。

その不安から、だんだんとスピードが落ちていき、とうとう止まってしまいました。


「で、ここどこやねんw」


完全に細かい住宅街に入ってしまってので、地図を出す気にもなりません。


「うぅ、案の定というか、どうしようか、全然わからんぞ」



ふと見ると、ご年配の方がいらっしゃいました。


ここは、おやじ転車のコミュ力発揮やな。よし。


「すみません、ここから浜大津の方に抜けたいのですが、どう行ったらよろしいでございましょうか?」


コミュ力は発揮できても、言葉の使い方を知らないおやじ転車ですw


「あぁ、それならそこを曲がって、こう行ってあぁ行ったらいけるよ」

と、ご年配の方は丁寧に教えて下さいました。


「ありがとうございます!!」


滋賀の方は優しいな・・。


そう思いながら、再び自転車を走らせます。

そして抜けてきた先は、「あまり通らない方が良い」とされていたR161でしたw


「そら、そうなるよな」

「気をつけて行こう」


そして、再び雄叫びをあげます!


こおぉぉぉーーー、、ほるあぁぁぁーーー!!!!


もう気合入りまくりでした。
とにかくみんなを出来るだけ待たせない。
それと、キタイチチームに必ず追いつく。

この二つが原動力となり、おやじ転車の脚をひたすら回すのでした。


「R161、思ったより走りやすいな。道幅も広いし。でも車通り多いから、車側から見ればやっぱ避けた方がいいんやろな」


そんな事を思いながらも、僕的にはかなりのハイペースで進んでいきました。

時速にすれば常に40km/h前後です。


「調子いいぞ、おれ!」


琵琶湖大橋の東側まで、おそらく40km。
まずはそこまでを目標としていました。

そして、これまたありがたい事に、時折「黒猫」と「飛脚」という最強アシストが、


「おやじ転車さん、アッシが牽きまっさー! ついてきておくんなせえ!!」


とばかりに、僕を助けてくれます。


「ありがてぇ!」


ここで更にスピードが上がり、順調に南回りを進んでいきました。


「しかし、ポイントとなる瀬田唐橋はまだかな?」


大量の地図をバックポケットに忍ばせているのに、おやじ転車はまたまた人に聞きますw


「すみません!瀬田唐橋ってまだ先でございましょうか?!」


工事現場のおっちゃんは、


「あぁ、まだずっと向こうやで!」

「ありがとうございます!」


リアルに聞くと、マジ助かるな。

そうしているうちに、瀬田唐橋に到着です!


「よっしゃ!唐橋通過!」


写真を撮る時間も勿体なかったので、そのまま通過しました。

あとはひたすら湖岸沿いを走れば問題ないはずです。


「GOGO!おやじ転車あぁ!!」


この時点で、200kmという距離をまだきちっと把握出来ていないおやじ転車は、もう調子乗りまくりです。

そうこうしているうちに、琵琶湖大橋の東側に到着しました、


「南回りミッション完了しやした!」

「ご苦労!」


ぼっちライドのおやじ転車は、一人二役で状況を盛り上げましたw


問題はココからです。


BlogPaint


道のりはまだまだ続きます。



〜続く〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。



「嗜む程度に自転車を」のロミオくんが企画したイベントに参加して来ました。
ライドコースは琵琶湖です。

そのイベントは、彼が最も得意とするドッキリイベントだったのですが、僕は、今年の目標に掲げていた「ビワイチかアワイチをやる」が実現できるチャンスだったので、彼に、


「俺、フルイチやってもええか? イベントには参加できないけど」


と頼んだら快く「もちろんいいですよ、好きな感じで行ってください」と言ってくれました。


「よし、思う存分フルイチるか」


と、前日の夜、ようやくコースの確認をしてみました。
フルイチはコースの取り方によっては200kmコースになるそうです。
僕は自走の7葛で、180kmまでは経験していました。
ですので、完走する自信はあったので、そのコース確認もギリギリになったのかも知れません。


「琵琶湖一周って、どんな感じやろ?」


webで地図を広げてみます。

集合場所は、琵琶湖大橋にある道の駅米プラザです。

04


「ほうほう、ここか米プラザは。琵琶湖大橋の西側やな」

「でも、これじゃ詳しい道筋が分からんな。もっと拡大して確認するか」


51


おやじ転車、地図を拡大して一つづつ確認していきました。

「この米プラザから、まずは大津方面に向かってと。この辺りはややこしそうやな」

「で、こう行って、ココをこう曲がって、ああ行って、で直進してと」

「で、今どのへんや?」


もう一度、全体を見てみます。


「まだ琵琶湖大橋の東側にも行ってへんがなww」

おやじ転車は焦りました。


「なんかめっちゃ距離あるぞ。一向に彦根とか見えてけーへんw」


いや、だから200kmだってw


コースを確認するのに、えらい時間をとっていました。

ようやく一周して、


「これ、あかんやつやんw  しかも、大津あたりと奥琵琶湖あたりは、ルートややこしそうやし」

「そして一番の問題は、フルイチは今のところ俺だけみたいやしw」


おやじ転車、前日の夜にして莫大な不安を抱えてしまいますww


「ぼっちライドやし、とりあえず地図を細かく分けて印刷しよう」

みんなで行くのに、ぼっちライドてw


ちょっと可笑しくなって、クスとするおやじ転車でした。

プリントアウトします。


ウィーンウィーンガシャ、ウィーンウィーンガシャ、ウィーンウィーンガシャ、ウィーンウィーンガシャ


プリンターは淡々と琵琶湖の細かい地図を刷っていきます。


「えらい時間かかるな」


ウィーンウィーンガシャ、ウィーンウィーンガシャ、ウィーンウィーンガシャ、ウィーンウィーンガシャ


「え?どんだけ刷ってんねん」


黙々とそして淡々とプリンターは仕事します。
あまりにも時間がかかっているので、プリンターの方へ目をやると(wifiで繋いでるので、PCのそばに置いてない)、

「なにこれ?!膨大な量になとるやないかっ!」


そう、細かく分けてい印刷したため、プリンターのトレイに20枚ははるかに越える勢いで紙が出ていました。

「こんな量、さすがにバックポケットに入らんぞw」


道中で、ルートの確認をスマホでやっても、初老のおやじ転車はイマイチ見えない、バッテリーはできるだけ消費したくない、ガーミン持ってないとの理由から、紙印刷にしてみたものの、これではすれ違うローディーさんたちに笑いを提供してしまう予感がします。


「仕方ない、とりあえず南周りと湖北の分だけは持って行くことにしよう」


それでも10枚はありましたw

この膨大な地図の量に、改めてビワイチの恐ろしさ知り、ブルッと身震いするのでした。


「なんか緊張してきた。全く初めてでソロって厳しいんやろか?」


そんな不安を抱えながらも、いや、


為せば成る、為さねば成らぬ何事も


と、10年ぶり以上使ってなかった言葉を引っ張り出し、


「そやな、やってみよう」


チャレンジ精神を取り戻し、1時に就寝したのでした。
4時半起きですw


〜続く〜


次回、本編へと入っていきます。
ただ、結果的に本気ライドとなってしまったので、写真を一枚も撮っていませんw

ほぼ、文章だけの記事になるので、退屈必須となります。
何卒、ご了承くださいませ。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


僕には、お気に入りに登録させて頂いてるブログがいくつかあります。
そして、そのお気に入りのブロガーさんのブログを拝読していると、


「みんなとても激しく楽しそうに頑張ってる」


「自転車が大好き」を力の源に置いて、日々激しく楽しく頑張ってる様子が僕の心の中に伝わってきます。
そして、自然とその流れに身を任せる自分がいて、


「俺も頑張りたい。だから頑張る」


と、カチコチな意識で頑張るのではなく、あたかも最初から意識に組み込まれている感覚で、柔らかく自然に頑張ろうとする自分に気づきます。


そんな感覚で、こないだ(4/16)の勤トレは、天野山金剛寺という30kmほどのミドルコースを走りましたが、意識とは不思議なもんで、そんな「頑張る」をちょっと片隅に置くだけで、僕的にえらいハイスピードな勤トレになりましたw

メンタルの考え方って、きっとたくさんあると思いますが、その中でも「意識する事」は普遍的に大事な事なんだと思いました。


そして今日は(4/18)

「のどか村にしよう」

コースはこんな感じです。

BlogPaint


ポイントは、この勤トレコースは50km強ある事、葡萄坂がある事、信号のないサイクルラインがある事です。

自転車通勤トレーニングとしては、このコースもいいトレーニングルートだと思います。


いつものように大和川のサイクルラインを駆け抜け、


「爽やかすぎるやろ!なんという気持ちの良い朝!」


今日も抜群の快晴でした。

そして、走りながら思っていた事が、いろんな頑張っている人たちの事だったので、自然とスピードも上がります。

そして、葡萄坂のスタート地点に到着し、

2016-04-18-08-15-12

「基本は常に14分台で登る事やな」

と、自分に言い聞かせてスタートしました。


キツイけど、しんどいけど、頑張れます。


ところが、キツイ坂の瞬間だけリアをローに入れた時、まさかのチェーン落ちとなってしまいました。

登りのメカトラは、ほんと勘弁です。

なかなかうまい事嵌らず、


「あーもう!」



ようやく嵌って、再び走り出します。

何が嫌って、自分のギアチェンジのやり方もマズイかもしれませんが、再び走り出した時はどうしても飛ばしてしまうので、すぐに乳酸が溜まってしまい、結局タレてしまうっていう・・。


これがマジで嫌ですわ。


もう、すっかり乳酸溜まりまくりです。

プンプンしながら怒りの乳酸ゴールです

2016-04-18-08-34-27

タイムは15分30でした(ストラバは16分40くらいだったけどw 多分ウロウロしてたから?)

「ま、仕方ないわな」

と、サクッと撮ってのどか村へと進みます。

のどか村までのコースも、少しアップダウンがあるので、ここも良いトレーニングになります。

2016-04-18-08-43-10

のどか村、到着です。

2016-04-18-08-47-19

まぁ特に何もなくw
トイレだけ済ませて、早々に下りました。

時間も無くなってきたので、コーシローさんには程遠いですが、できるだけ飛ばして下ります。



例の看板、柏原ぶどうは

2016-04-18-08-58-06


今回、これにしか見えませんでした。


BlogPaint






2016-04-18-08-57-54

それでも、この景色に救われました。




そして、石川SLに入り、ものすごい向かい風の中w、

「勤トレって楽しいなぁ!」

と、ここは少し無理やり呟きましたw



向かい風の強さ、こんな感じですww

2016-04-18-09-36-45

石川の風物詩、こいのぼり軍団も羽搏きすぎですw


2016-04-18-09-36-29

情緒に浸る余裕、ありませんw


強がって「勤トレ楽しい!」と言ってましたが、最終的には



「石川サイルクラインに弱い鬼が出るって知ってるか・・」



自分に呟き、おやじ転車弱い鬼の形相に変身です。


「ヒエェェェーーーー!!!」


弱い鬼は、そう叫びながらサイクルラインを抜けて行ったのでした。


ある意味、めちゃめちゃハードな勤トレでした。


おしまい。


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

勤トレ@のどか村〜南河内SL (帰路含む)
67.6km

今月の走行距離
495.4km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。



「H2O4葛城戦士が行く」その4です。

 
今回も何やかんやで長くなってしまいましたw
ここまで読んで下さった皆様、本当にありがとうございます。
そして、初めてお読みになられる方、ご訪問ありがとうございます。
その1から読んで下さるとよりストーリーが分かると思います。



このシリーズ、今回で最終話となります。

 最後までおつき合い、誠にありがとうございました。

それでは、どうぞごゆっくりご覧下さいませ。






2016-04-13-11-50-55
 
3葛目の終わりで、雨が本格的に降ってきました。


「どうします?」


おやじ転車は、みんなに聞きます。


「う〜ん、こりゃ困りましたねぇ」


みなさん、口を揃えてそう言います。

そして、


「せっかくの5葛挑戦やのに、雨はないですねぇ。」

「そうですねぇ、なんか残念ですわ」

「脚はまだ残っているんですけどね〜」



おやじ転車、最後の言葉に反応して、みんなの心を覗いてみました。(何もんやねんw)


心の中のヤス吉さん「さっきのコーシローさんとの勝負、脚は使ったけどまだまだいける! なんで雨やねん!」


心の中のコーシローさん「さっきのヤス吉会長との勝負で結構脚使ったしな。まだいけるけど、この雨はちょっとラッキー♪」


心の中のハルさん「蕎原、まぁまぁやん。もう少しだけ降ってくれたら少し休めるし、この雨はラッキーかな♪」


心の中のおやじ転車「あかん、脚かなりきてるわ。あと2本か・・。ほんまナイスタイミングで降って来てくれてかなりラッキーや♪」



心の中の100太郎さん「やったー!!」



みなさん、きっとこんな気持ちだったのではないでしょうかw

全体的に笑みを浮かべながら残念がっていたのが印象的でしたww

そして、100太郎さんが


「雨だし、せっかくだからハイランドパークのうどんを食べに行きましょうよ」

と言って下さったので、みんな「待ってました」とばかりに、ほぼ全員で


「行きましょう」



と言ってましたw


車で粉河ハイランドパークの管理施設内にある「ゆたか茶屋」へと向かいます。


2016-04-13-12-57-20

完全OFFモードw



そして、お店で全員でうどんを頼み、景色を眺めながらズズッとすすります。

2016-04-13-12-12-26

シンプルですけどとても美味しいです。



2016-04-13-12-57-47

ゆたか茶屋からの景色です。展望台になっているので、景色は素敵です。



そして、カウンター横並びでうどんをすする葛城戦士たちw
2016-04-13-12-15-16


そのまま話も尽きる事なく、楽しい談笑の時間は続きました。
ほんとに色んな話をしましたね!

宴もたけなわ状態でしたが、


「そろそろ行きましょか」


ごちそうさまでした!と店を出ました。



空を見上げると、すっかり雨は上がっていました。



僕は、一応確認のため全員に聞きます。


「雨上がりましたね。4本目行きましょか!」


全員「あははw」


誰も答えてはくれませんでしたwww



3葛で今日のライドは終わりました。

5葛には届かなかったですが、とても有意義なヒルクライムだったと思います。



今日の様子ですと、5/1の7葛はきっともっと楽しくハァハァする事でしょう。




その時が来るまで・・。


2016-04-13-16-21-52

アディオス!!





※H2O4とは(100太郎さん、ハルさん、おやじ転車、コーシローさん)の略で、化学式を表しています(意味不明



3葛ライド
48km

今月の走行距離
385.4km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


「H2O4葛城戦士が行く」その3です。


ヤス吉さんの到着で、葛城メンバーは一気に盛り上がりました!


「3本目はどうしましょうか?!」

「ヤス吉さん、初めてなんですよね?!」

「せっかくやから、ラストに登る予定の蕎原を3本目にしましょうか!」

「あ、ハルさんも蕎原は初めてでしたもんね!」

「いや、でも最大20%あるから、いきなりはキツイすかね?!」

「でも、だからこそ初めての葛城山を蕎原ってのもアリですよね?!」

「歓迎の意味も込めてね!!」


おやじ転車、ヤス吉さんの登場で、嬉しさのあまり矢継ぎ早に言葉を並べますw



「じゃあ蕎原にしましょう!!ねっ!100太郎さん!!」



BlogPaint


や、やさぐれてるwww



「100太郎さん何かあったんすか?!ww」




2016-04-13-10-04-03
そして、対照的すぎる二人ww

この出来事、今日のホームランでしたw

何と言いますか、そんな人間味溢れすぎの100太郎さん、大好きですw


そして、ヤス吉さんはヤス吉さんで、


「僕は初めてなので、どこでもいいですよ」


と、何とも冷静な受け答えが素敵でした。カッコよすぎますw


全員で蕎原を下ります。
途中、ハルさんとヤス吉さんに、ポイントを説明しながら下っていったので、当然の事ながらコーシローさんの姿は、とっくに影も形もありませんでしたw
あの激坂をあんなスピードで降っちゃダメですww


で、スタート地点です。

2016-04-13-10-31-18
ハルさん以外、一斉にウィンドブレーカーを丸める葛城戦士たちw
てゆーか、下り坂を夏用上下で降るハルさんにビックリですww


そして皆さん呼吸を整えてスタートです。


おやじ転車、さすがに脚が回りませんでした。


「あかん、全然回らんやんww」


あっという間に皆さんから置いてかれます。
ヤス吉さんに至っては、もう飛ばしまくりです!


「全員が見えなくなってしまったけど、とりあえずあの激坂区間だけでも頑張ろう。あとはポタポタやな。3本目やし。」


そう自分に言い聞かせて、おやじ転車は走りました。

激坂区間に入ります。
因みに、蕎原ルートのコースプロフィールは、

標高差623m、距離8.3km、平均斜度7.5%、最大斜度20%(関西ヒルクライムTTさまより拝借)

となっています。

激坂区間で100太郎さんをパスさせてもらい、ハルさんに追いつこうとした時、更にその前方でヤス吉さんが止まっていました。


「ん?どしたんやろ? ヤス吉さんどしました?!」


と声をかけたところ、どうやらチェーンがリアギアのホイール側に落ちてしまっていました。

「あちゃー、この激坂で・・」

「いけますか?!」

「あ、はい大丈夫ですんで、どうぞ先に行ってください!」

「すみません!わかりました!」


おやじ転車、そのお言葉に甘えようとしたその時、
すぐ後ろのハルさんが、何の躊躇もなく自分のクリートを外して

「大丈夫ですか」と声をかけ、自転車の状態を見ようとしていました。
(ハルさんは、ご職業的にとても機材にお詳しい)


おやじ転車は思いました。


「この激坂だから、自分のクリートを嵌める事すら難しいのに、それを犠牲にしてまで駆け寄るその姿勢・・」

「とても優しいお方だ」



ハルさんは、あの豪快な下ハンダンシングにも関わらず、控えめで時折見せてくれる笑顔がとても素敵な方ですが、それがもうそのまま今回の出来事を表していました。


「この精神は見習わなければならない。自分が恥ずかしい・・」


と、クリートを外そうとせず、ヤス吉さんのお言葉に甘え激坂を登って行く自分を恥じました。

ハルさん、ええ人や。

そして、激坂区間を足が回る限り出来るだけ飛ばし、先に行ってるコーシローさんに追いついてそのままパスさせて頂き、粉河ハイランドパークを過ぎました。


「ここまでで28分後半か」

「まぁまぁペース速いやんw」


そうです。スタート地点から粉河ハイランドパークまでを30分切ると、少なくとも平均くんは余裕を持ってクリア出来るペースです。


「よし、俺はここまで。あとはポタにして、平均君に届くかどうかのペースで行こう」


残りの距離をポタペースで進むおやじ転車、ポタと言いつつ一応後方を振り返りますw


この気持ち、分かりますでしょうかw


「よし、コーシローさんは見えないぞと」


おやじ転車、ほっと胸を撫で下ろします。


「雲行きがだいぶ怪しくなって来たな」

「でも、涼しくて気持ちいいや」



ふうっと一息ついて、ペダルを更に緩めようとしたその時です!


「ははw」


え?! 

えーー!!!www



コーシローさん、僕の横で笑ってましたwww



「な、なんでここにおるんやぁ!!」←御堂筋くん風

「水田くん、もっと牽きや!」←2回目

「あ、水田くんおらんわ」←2回目



いや、冗談ではなくほんまにビックりしましたw
自分では結構離したつもりだったのですが、まさか真横について笑顔とはw

おやじ転車、一目散に逃げ(別に逃げなくても良いのですがw)、せっかくのポタライドが台無しとなりましたw


そして、結局はダッシュゴールとなり、タイムも40分を切るという3本目にしては速いペースでのゴールとなりましたw


「さ、さすがにキツイww」


ハァハァしていると、通ってきた方から物凄いハァハァの声が聞こえてきました。


声が聞こえて来る方を見てみると、なんとコーシローさんとヤス吉さんがデッドヒートを繰り広げながらゴールダッシュしていましたwww



「なっw すげー!!ww」



ヤス吉さんが、こっそりコーシローさんに追いつき、満を持してアタックをかけたと言う事でした。

これ、僕の時と全く同じパターンやんw


歴史は繰り返しますww



というよりも、葛城山全く初めてで、あの差を縮めたヤス吉さんが凄すぎます。


やがて、ハルさん100太郎さんもゴールです。

ハルさん、お疲れ様でした!

いやぁ、3葛目もヘビーだったけど、とても楽しいライドになりました。

ありがとうございました。



そして、雨が降ってきました。

2016-04-13-11-38-39




「どうしましょうか??」



〜続く〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ