GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

2016年06月

おやじ転車です。



7/5(火)に、和泉葛城山全7コースを1日で登り切るという、通称「7葛」 を行うのですが、それを一人で登るより、みんなで登る方がバトルワイワイキャッキャッとなって楽しいだろうと言う事で、当ブログにてお声をかけさせて貰ったところ、6/28現在で、応援葛城とマストの方も含めると、何と12名もの方たちが参加を表明してくれました。


これは非常に嬉しい事です。
皆さま、平日にも関わらずお仕事やご家庭などの調整をして頂き、本当にありがとうございます。


そして、まだまだ僕たちと一緒にバトル ワイワイされる方を募集しておりますので、よろしければどうぞご参加下さいませ。


また、応援葛城(1葛や2葛など)ももちろん募集いたしております。 
応援葛城は、前回の7葛でもそうでしたが、大変心強く励みになっていました。
こちらの方も、どうぞよろしくお願い致します。


尚、表明をして下さった方には、ただいまLINEで7葛グループを作成いたしておりますので、よろしければそちらの方にご招待致します。


7葛メンバーの方に対しての緊急連絡などは、全て7葛グループで行いたいと思います。
応援葛城の方は、このグループにて7葛メンバーの状況をお知らせしますので、どうぞご活用下さい。




そういえば、今回の7葛が決行されれば、当然その記事を書かせてもらうのですが、おそらく最大規模の記事になると思います。


そこで、最大規模な記事に見合うタイトルを考えてみた所、幾つか思い付いたので、ちょっと挙げてみたのですが、、、。


「7葛・夏の陣 〜精魂尽き果てるまで〜」


「7葛・夏の陣  〜燃え尽きて・夏〜」


「7葛・夏の陣  〜天国への階段〜」


「7葛・夏の陣  〜生きる屍〜」


「7葛・夏の陣  〜最後の時〜」


「7葛・夏の陣  〜生き急ぐ戦士たち〜」


「7葛・夏の陣  〜召されよ〜」



なんか昇天系なタイトルばっかりやなwww



それは何故か?
原因は、そのメンバー構成にあると思いますw

では、お待たせ致しました(待ってない
6/28現在の7葛メンバーと応援葛城メンバーをご紹介致します。



7葛戦士

・ko460さん
(登りのヒットマン。いつの間にか背後についている。スタート前、こちらには笑顔で対応しながら、手元ではいつもタイムをゼロに合わせている。優しい人柄とは裏腹に、その瞳の奥はいつも虎視眈々)


・ハルさん
(ダンシングブレイカー。まさにリアル巻きちゃんダンシング。しかも速い!おまけに、「最近はシッティングでも回せるようになりました」と、もう手のつけようがない。そして柔らかな瞳の奥はいつも虎視眈々)


・トプローさん
(おなじみ、快速獣人トプロングホーン。付き位置でその背中を見ると、いつも青い炎が出ている。緩斜面になった瞬間に変身する。そして男らしいその瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・リッツさん
(急成長ど真ん中。歳は僕と一緒なのに伸びしろ率がパネー。今回、全くの初葛城挑戦。その無謀さは通ずるものがある。おそらく、この経験で一気に成長の予感。道が詳しいその瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・YASUさん
(最近、自己記録を何分単位で縮めている強者。これから先も、グングン更新しそうな勢いのあるライダー。はっきり言って要注意。おまけに逆ブラインドというよく分からないテクニックで相手を翻弄する。外人ライダーのようなその瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・なおとさん
(癒しキャラ。しかし、「これぞ、THE・ど根性」というライドで決してくじけない、意志の強い持ち主。たまに「なんて日だ!」と言いそうな表情をする時がある。今回の7葛、おそらく努力と意地がキラリと光るだろう。そんな根性の瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・Zackeyさん
(お会いするのは今回初めて。にも関わらず、いろんな方面からそのポテンシャルの高さを耳にする。葛城山そのものが初めてだが、全ルートのクリアはもちろんの事、確実にその爪痕を残して行きそうな匂いがプンプン。お菓子待ってます。そんなZackeyさんの瞳の奥も、きっと虎視眈々)



・乗り気さん
(一言で言うとライオンキング(なんやそれ。恐ろしい実力の持ち主(経験済み)彼の雄叫びで葛城山そのものが制圧されそう。もちろん初葛城。少なくとも、おやじ転車は彼によって気化されるだろう。見た目は笑顔の素敵なナイスガイ。しかし、その瞳の奥はラオウな覇王)


・おやじ転車
(メンバーにビビりすぎてコメントなし)


応援葛城戦士

・100太郎さん

・ユキオさん

・zoomさん


みなさま、応援よろしくお願いします!!


と、今のところ、このようなメンバーになっております。


この記事をご覧下さって、

「よっしゃ、俺も私もやってやるか!」

という方がいらっしゃいましたら、もうホントにどんどんお待ちしております。


よろしくお願いします。



7葛・夏の陣 進捗状況でした。


2016-05-01-14-02-01
「ゆたか茶屋」さんより撮影(今回行かないけど)




読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


すんごく突然なのですが、


7葛、一緒にやりませんか?


ただ、決行日が7月5日(火)というド平日なのがアレですがw


僕は、今年の目標の中の一つに「四季の7葛」というのを揚げていて「7葛・夏の陣」はその夏バージョンになります。

春の7葛は、今や伝説となっている(なってない


〜7葛で見た初老たちの熱い思い〜


の時に行い、それはもう感動の7葛だった事を今でも鮮明に覚えています。


この時参加して下さった方は、100太郎さんとハルさん、そしてたくさんのサプライズゲストの皆さんでした。


いい思い出でした。


今回、一緒にやりませんか?とお誘いさせて貰っているのは、単純に一人で登り続けるよりも、皆さんと登る方が色んな意味で楽しいからです。

そして、夏の7葛は経験上厳しいものになるかと思いますが、厳しかったり楽しかったり、仕事以外でそんな全てを共有出来る事って、大人になるにつれ少なくなってきてるような気がして、、。


そんな理由から、ご案内させて頂く運びとなりました。


葛城山を登る事が出来る方でしたら、どなた様もどしどしご参加お願いします!


平日なんでアレですが!


7葛参加でなくても、1葛冷やかし、応援葛城など、何葛城でも来て貰えるだけで嬉しく思っております!


それではご案内です。


「7葛・夏の陣 〜精魂尽き果てるまで(仮)〜」


・7月5日(火)6:30頂上スタート(6時30分に出発しますので、それまでに頂上集合でお願いします。)

・雨天荒天時は中止(前日の18時までに、http://weather-gpv.infoにて判断したいと思います)

・ルート(コースは下記の通りで遂行しますが、時間はあくまで目安です)


6:30頂上発→7:00粉河→8:00頂上→8:30中尾→9:30頂上→10:00犬鳴→11:00頂上→12:00蕎原(愛のパンで軽い昼食)→13:00頂上→13:30塔原→14:30頂上→15:00神通→16:00頂上→16:30牛滝→17:30頂上


こんな感じで考えてます。登りで1時間、下りで30分、愛のパンで30分。

人によっては、かなりの余裕を見たタイムスケジュールになってますが、これが意外とカツカツになったりする時もありますw

ちなみに、うどんの「ゆたか茶屋」さんは火曜日は定休日となってます(管理練そのものが閉まってる)


応援して下さる方や、少しだけ参加の方は、この時間を目安にして下さいませ。



現時点で、7葛参加予定の方は、

ko460さん
ハルさん
トプローさん
YASUさん
なおとさん
おやじ転車

となってます(このメンバーはマストw


そして、まだ確定ではありませんが、あんな方やこんな方がいけるかもと、もっぱらのウワサです(僕の中でw

更には応援に来てくださる方も、僕にとっては嬉しい方々が来てくださるかもと聞いてます。


ちなみに、現時点で応援して下さる方は

100太郎さん(マスト)
ヤス吉さん(マスト)

となっております。



ご参加の表明、質問等ございましたら、この記事のコメント欄にてお願い致します。



それでは皆様、たくさんのご応募お待ちしております!!
ありがとうございました!


2016-05-01-15-46-10





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


前回の記事にも書かせて頂いたのですが、最近の勤トレ(自転車通勤トレーニングの略)は日を追う毎に、僕的には激しさを増してる気がします。

原因は、やはり「登りをもっと速くなりたい」これ一択につきます。

そして、「ただガムシャラに練習しても」とは思うのですが、今は何でしょう、とにかく乗って乗って乗りまくらんとあかんっていう気持ちが先行してしまって、それが純粋に行動となってるようです。


そんなヘビー勤トレが続く中、先日、100太郎さんから、南大阪通勤ヒルクライムのユキオさんに会いに行くとの話があり、僕もその日は仕事が昼からだったので、ぜひとも一緒に行きたいです!と申し出ました。


ユキオさんは、僕がずっと気になっていた方のお一人だったので、その日が来るのを楽しみにしてました。


ちなみに、その日のユキオさんの通勤コースは和泉葛城山の蕎原ルートとの事でした(通勤コースではないはずw)



「蕎原かぁ・・しかし、なんちゅう通勤コースやww」

「そしたら、俺は蕎原を登って和歌山方面に降りて、鍋谷(和歌山)登って現場入りかな」
 


と、おやじ転車も感覚マヒ度は負けてませんww


ちなみに、蕎原ルートは当ブログでも何度か書かせて頂いてますが、葛城山7ルートの中でも1、2位を競うほどの激坂があり、基本的には、中級者からのコースだと思います。


そして、いよいよ当日を迎えました。


ユキオさんに会いに行くのは、100太郎さんとハルさん、そして僕おやじ転車です。

ユキオさんは、その日9時15分頃から蕎原を登り始めるとの話だったので、3人は9時頃にスタート地点で待ち合せをしました。(ちなみに、ユキオさんは100太郎さんだけが来ると思っている)


おやじ転車、最近は牛滝から登る事が多いので、蕎原までの道を走るのは久しぶりでした。


「なんか、めっちゃ懐かしいな」

「仕事が休みの度に『待ってろよ蕎原!』なんて嘯きながら走ってたよなw」


「この道のりは、俺のライドの原点やな、うん」


2016-06-20-08-40-49

「このお地蔵さんに、よく挨拶しながら走ってたよな」


2016-06-20-08-46-29

「このあたりから『今日はギタンギタンにはされへんぞ!』とか言いながら、ドキドキしてたよなw」



そして、スタート地点に到着しました。

2016-06-20-08-49-50


間も無くして、ハルさんと100太郎さんも到着し、みんなでユキオさんを待ちます。

2016-06-20-08-57-55


3人で談笑してると、ユキオさんがやってきました。
そして、予想通りのビックリアクションww


お互いにご挨拶を交わして、和やかな空気が流れます。
いつの時でもそうですが、僕はこの瞬間がとても好きです。


見てください、最高の笑顔をしたナイスミドルたち。
BlogPaint
100太郎さん立ち会いのもと、まるで歴史的な何かの条約が成立した瞬間のようですww


BlogPaint
ほんと、終始笑顔でした。


そして、ユキオさんは仕事のお時間が迫ってきたので、


「それでは早速行きましょう!」


と、初対面ライドらしく全員で出発かと思いきや、

2016-06-20-16-03-37


予想通りの全開系w


「悪いのは俺だけじゃない」


自信が確信に変わった瞬間でしたw



「仕事あるからペース上げんとこうと思ったのに」



とかブツブツ言いながらも、ペダルを思い切り踏んでしまうおやじ転車でしたw


そして、全員をパスしてハイランドパークから脚を緩めて走っていると、背後からチェーンの音が。

振り返るとハルさんです。


はい、ここで競争w  


「ハイランドパークからゴールまでのルートって、いつ行っても必ず誰かと競争になるなw」

「何かもうルーチン化しとるww」


必死で漕ぎながらも、そんな事を思うと何だか笑けてくるのでした。

結局、最後まで踏むのやめずゼェゼェゴールです。


ハルさんもゼェゼェゴールw


しかしハルさん、こないだの7葛の時より確実に速くなっていたので、



「何か、みんなどんどん強くなってるな。ほんまに負けてられへんわ」


と、ハルさんと笑顔で会話しつつ、心の中でメラメラしているおやじ転車でしたw

やがて100太郎さん、ユキオさんもゴールです。

100太郎さんはニューバイクで記録更新、ユキオさんはビックリするくらい重いエスケープで蕎原を上がってきたので、ロードに乗り換えるとマジヤバイパターンです。


BlogPaint
100太郎さんは、ほんと胡座(あぐら)が似合いますw



もっと色んなお話をしたかったのですが、ユキオさんと僕の仕事時間が迫ってきたので、急いで記念写真をパチリしました。


2016-06-20-10-16-00

ユキオさん、初めてお会いしたのに、ものすごく短時間でしたがw

とても有意義なお時間をありがとうございました。


夏の7葛、お待ちしてます。


ユキオさんは塔原を下り、100太郎さんは牛滝を下って別れました。
そして、僕とハルさんは、中尾を下って鍋谷峠(和歌山側)へと向かいます。

道中、ハルさんのタイヤがサイドカットしてしまいましたが、そこはハルさん流石です(当たり前なんでしょうけど)、僕と談笑しながら10分もかからない速さで、全てを完結していましたw


和歌山側の鍋谷峠は、平均斜度が7%で比較的緩めの登りが6kmほど続くコースとなっています。



「ハルさん、先に言っておきますけど僕はアタックしませんからねw 仕事もあるし」



もう、先に予防線を張っておかないと、いつ何が起こるかわかりませんww


その言葉を聞いてニヤっとするだけのハルさんw


なんか嫌な予感ww


「確か、ここからがスタートですわ」

「あ、そうですか」

『ほっ、意外と素直やん、ハルさん』


と思ったのもつかの間。


ハルさん、グイグイスピードを上げていきますwww


ちょw


とりあえずは、引きつった笑顔でハルさんを追い、そのまま後ろを必死で着いて行きます。

ハルさんは、全くスピードを緩める事なく登ります。


「きっつ!!」


おやじ転車、引きつった笑顔がだんだんと真顔になってきてw、


・・・

「ハルさんは、鍋谷初めてやから前に出て案内するという名目で」(道なりやけど)


やるか・・



こおぉぉぉーーーーーー



「高取戦国HC、がんばろうね」


ほるあぁぁぁーーーーーー!!!!!!



おやじ転車、渾身の力で登ります!



「行けえぇーーー!俺の脚いぃぃーー!!!!」



もう、そこからは全力です!(案内してない)


暫く走って、ハルさんの姿は見えなくなりましたが、さっきの蕎原での事があるので、最後まで力を抜かず走りきりましたw


「ハァハァハァ、い、今から仕事やぞw、ハァハァハァ」

「ハァハァハァ結局こうなるw」


そして、ハルさんが見えてきました!


「ハルさんラスト!!!」


ハルさんも全力でゴールです!!


2016-06-20-11-48-56

全開で駆け抜けた2台のロードバイク




楽しい!ほんま楽しすぎる!





2016-06-20-11-49-11

戦いの後は、もちろんノーサイドです!


いや、ほんと最高の勤トレでした。


そして最高の勤トレ後の仕事は、最低ラインを何とかクリアするレベルでしたw


image


みなさま、楽しすぎる午前中をありがとうございました!!





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


最近、めっきり更新が減ってきました。
いつもご覧下さってる皆さまには、お待たせして申し訳ありません。
しかしながら、本当に感謝しております。ありがとうございます。


更新が減ってきた理由を一つ取り上げるとするならば、ありがたい事にライドの数が格段に増えた事です。
しかし、それはこのブログを見て下さる方々のおかげだと思っています。
ですので、心を入れ替えながらも無理はしないように、マイペースに細々と綴っていきたいと思います。


 どうぞよろしくお願い致します。



さて、ブログの更新が滞ってた間に、何をしていたのかと言いますと(どうでもいいと思うけど)、まず勤トレは激しさを増してきたように思います。



いつもの滝畑ダム近辺を勤トレしつつ、

2016-05-19-08-05-09

2016-05-18-08-59-18


そして、時には

2016-05-18-08-41-05

こんな坂を登って、

2016-05-18-08-34-28

蔵王峠まで足を運んだり。

さらに最近では鍋谷峠も勤トレコースに取り入れてみたりと、だんだんと起きる時間が早くなっていく日々を過ごしてます。


坂を速く登りたいという気持ちが常にあるけど、しかしなかなか上手くいかない、、そんな悶々とした気持ちを持ちながら勤トレを行っている感じです。


そして、仕事がOFFの時には、ブログやツイッターなどで知り合う事が出来た方々とライドする事も多くなってきました。


BlogPaint


5月の末には、あおいの風のあおいのさん、外国の「How to ・・」っていう自転車教本の動画に出てきそうなYASUさん、みんなの癒しキャラ・なおとさんと葛城山に行って、お初の皆さんに悶絶してもらったりw

2016-05-31-09-00-04
牛滝スタート前の写真。


2016-05-31-10-16-41
初葛城山にして中尾をご案内。


2016-05-31-10-17-51
綺麗な風景をカメラに収めるなおとさん。


2016-05-31-10-18-01
いろんな角度からw


BlogPaint
激坂を目の前に呆然と立ち尽くすYASUさんw
しかし、見事登りきりましたね!


BlogPaint
そして、あおいのさん、なおとさんは中尾をクリア出来ませんでしたが、この悔しさが必ず次へと繋がる事でしょう。
あおいのさん、秘密の特訓呼んで下さいね。


2016-05-31-15-40-44
毎回思うのですが、この記念撮影って、仲間意識がより強くなるというか何というか、なんだかええ感じです。


2016-05-31-12-46-33
最後は蕎原を下って、


2016-05-31-13-24-33
蕎原名物「愛のパン」で昼ごはんです。


2016-05-31-12-58-15
いろんな話をしながら美味しく頂きました。


短い時間でしたが、とても有意義で大変面白い一時でした。
僕もみんなも、必死で登ってる事が共有出来て楽しかったです。


と、このようなOFFもあれば、こないだのOFFは雨が降りそうなのにも関わらず

image
雨の確認をする、おやじ転車。


「これやったらいけそうや!」


と、とりあえず葡萄坂まで行くと、偶然にもハルさんにお会いして、少し談笑してたら雨にもお会いしてww

2016-06-07-10-13-35

それでもニコリと記念写真。


そのまま、雨の中の葡萄坂を登ってみたり、

2016-06-07-10-41-20
だいぶと緑が生い茂ってきましたね。


そして、次のOFFには、やる気のYASUさんとなおとさんと(あおいのさんは残念ながら都合が付かず)、再び葛城山を登ってみたりw


しかも、2回目にして5葛にチャレンジとかww

2016-06-08-07-11-03
雲で葛城山が見えません。

でも、この5葛チャレンジ、お二人とも成功しました!!



ルートは、粉河→神通→犬鳴→塔原→牛滝で、お二人は牛滝以外は初見なのでほんと凄いですよ!



特に驚いたのは、なおとさんの意地と根性、そしてYASUさんの登坂力の成長ぶりでした。


犬鳴以降、僕とYASUさんは競争状態です(いつもの事ですけど)

お二人とも、どんどん強くなっていくのでしょうね。
感動しました。


僕はといえば、神通だけTTして、思っていたよりもタイムが良かったので嬉しかったです。

2016-06-08-16-56-35
5葛をクリアした時、お二人はほんと嬉しそうでした。


YASUさん、なおとさん、夏の7葛お待ちしてますよ!



そうそう、この5葛の時は、ちゃんと食事休憩を取りましたw

2016-06-08-13-17-01
「ゆたか茶屋」さんがお送りする、安定の月見うどんとおにぎり。


そして、驚いた事に、前回の7葛の際ここで食事をした時、お店のご主人が


「7葛成功の後に、その帰りにでもうちに寄ってくれたら記念写真撮りますよ」


と、手書きの「おめでとう」を用意して下さっていて、しかも僕の事を覚えてくれていたようで、


「あの時の7葛の人ですか?」

「あ、はいそうです」

「良かったら写真撮りましょうか。こんなの作っていたんですよ」

2016-06-08-13-42-31

と、写真を撮ってくれました。

100太郎さん、ハルさん、代表で撮ってもらいました。

ほんま、ほのぼのですわ。嬉しかったです。



そんな5葛も無事に終わり、その次のOFFは(いつまで続くねんていうw)前から気になっていた六甲・逆瀬川ルートにチャレンジでした。

この時はYASUさんが付き合って下さいました。

にも関わらず、自走する際に、ガーミン520Jの素晴らしいナビ機能の洗礼を受け、30分も遅れてしまう始末でした。

YASUさん、ほんますみませんでした。


2016-06-14-08-44-33

初チャレンジでしたが、はっきり言って惨敗でした。

2016-06-14-09-50-46


2016-06-14-09-53-24

笑顔で写真を撮りましたが、その時の心情をおやじ転車はこう綴ってます。

image

泣き濡れました。


しかも、帰りも520Jにナビってもらったら、

2016-06-14-11-51-23

いつの間にか、商店街に連れて行かれるしww

ヘルメットも被ったまんま、自転車降りて堂々と通ってやりましたけどw


ほろ苦い思い出となった、初・六甲逆瀬川でした。


そして、先日はロミオくん企画の堺浜練にも参加させて貰いました。

写真を1枚たりとも撮る事が出来ないくらい、走りに夢中になるメンバーが揃ったので、とても満足なライドとなりました。

その中でも特に刺激を受けたのは、初顔合わせながらずっと気になってた存在(きもい)、


やる気元気乗り気♪の、乗り気さん。


もうまさにその名の通りの方で、素晴らしいパワーを秘めているナイスガイです。
僕なんか到底及びませんが、しかし、ついて行きたいと思える方でした。
またご一緒したいです。


乗り気さん、夏の7葛に参加できればいいですね!


そして、抜群の安定した鬼牽き、ライドの基礎というものを体で教えてくれる、

臨時漕会のhiroさん

hiroさんのライドにおける所作というものは、本当に勉強になります。
自分はまだまだ未熟だと感じました。
hiroさん、トレーニングの際にはチャンスがありましたら、ご一緒して頂けると嬉しいです。

さらには、一度お会いしてみたいと思っていた、パンダライダーさん、shinさんにもお会いできました。お二人ともこの日はライド出来なくて残念でした。

ライド、ご一緒に出来たらいいですね。


そして、ツイッターで知り合ったポチ助さん、途中参加でぶっ飛ばしていたメガネさん、アンドいつものメンバー、Lipちゃん、やしおさん。さらには、リッツさん、リッツさんの娘ちゃんに、YASUさん、なおとさん、それにロミオくんブログの読者の方。(お名前存じ上げなくてすみません)



めっちゃ楽しかったですわ。いや、マジで。



と僕は、そんな日々を送っていました。

そして、今も勤トレは速くなりたいために続けています。


文章で言い表すのが下手で申し訳ないですが、なんと言いますか、


自転車最高です。

そして、それに関わる全てに感謝です。

ほんま、ありがとうございました。






読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。



大変お待たせを致しました。
このシリーズを楽しみにしていた方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありません。

思わず、


「作者病欠のため、しばらくの間連載を中止します」


との張り紙を、何処かに貼れないものかと本気で思案してました。


しかし、ここに来てようやく書き終える事が出来ました。

このシリーズも、僕にとっては思入れの深い作品です。



それでは早速参ります。最終話、


淡路島一周⑤ 〜勝者〜


どうぞご覧下さいませ。


※前回までのお話です。
↓ ↓ ↓

淡路島一周①

淡路島一周②

淡路島一周③

淡路島一周④ 



5時間切りとアベレージ30km/hをラスト40kmに賭けるおやじ転車。
最後はトプローさんと二人でトレイントレインです。


そのトプローさんが前に出た時、明らかに空気が変わりました。



「く、来る!!!」



ほい来た、どん!!

 46

長距離を一番速く走れると言われている動物、プロングホーン!!


トプローさんは、まさにその化身となって前を牽き出しました。



「快速獣人トプロングホーン、淡路島に見参か!!!くっ!!」



おやじ転車、牽いてくれてるのか引き千切られているのかよく分からない状態で、無心で後に付きます。


「め、めちゃくちゃ速いぞ!!」

「やむえん!!ちょっと情けないけど発動や!! 」


ほるあぁぁぁーーーーー!!!!!


おやじ転車、後ろに付かせて貰いながら、赤っ恥ほるあを発動です!


「もはや恥も外聞もねぇ!!」


もう無我夢中でしたw

ほんとにトプローさんの牽きは安定していて尚且つ強烈でした。

1分が過ぎ、交代のサインを待ちましたが、サインが出ません。

2分が過ぎ、3分、4分、、


『トプローさん、きっと俺に気を遣ってくれて、ちょっとでも長く牽いてくれるつもりなんやな』


一瞬、その優しさに胸が熱くなるおやじ転車、しかしふと思います。


『とゆーことは、俺もそんくらいは牽かなあかんっちゅーこっちゃ・・』



早く!一刻も早く交代のサインを!



そして、5分が経ってようやく「前出て牽けやコラ」サインが出ました。


「ご、5分てw死ぬるwww」

「でも俺はレベルの低いオールラウンダー、おや・ジ・転車!!」

「ここでペースを落とす訳にはいかへんのや!!」


こおぉぉぉーーーーーー!!



ほるあぁぁぁーーーーーー!!!!


もう、ほるあのオンパレードです。

速度は徐々に落ちてきますが、意地で踏み続けました。

おやじ転車、少し意識が朦朧とし、


『ここ、どこやったっけ?』


マジ危ない状況ですw


そして、5分経ち「どうかどうか牽いて下さいませ」サインを出し、先頭を交代してもらいます。

再びペースが上がり、ほるあは常の状態となっていたのでしたw


だいたい、4分〜5分のローテを繰り返し、トプロングホーンとおやじ転車の列車、見た目的には快調に駆け抜けて行きます。

しかし、実際は身も心もボロボロのおやじ転車、もはや信号が近づく度に、

『どうか赤になっていて下さい』

と心底祈る始末ですw


ふと、赤信号で止まった際にサイコンを見てみると、残り20kmでタイムは4時間5分でした。


『お!!!これ5時間切りは確定とちゃうん?!』


振り返り、トプローさんに、


「トプローさん、5時間切りはクリアしそうですね!」

「そうですか!良かったですね!」


そこで思わず、


「ペース落としていいですかw」

「え?ええ、いいですよww」


言い出しっぺが決して言ってはいけないNGワード、


THE・ペースを落とす


おやじ転車は、遠慮なく切り出しましたw

信号が青に変わり、ペースを落として走りましたが、トプローさんが前に出ると今まで通りのペースに戻りました。

ペースを落として走ったおやじ転車は、自分を恥じました。


『5時間切りというゴールテープをプレゼントしようと、トプローさんは懸命に前を牽いてくれてる!』

『なのに、俺は・・俺は・・』



トプローさんと前を交代し、


『トプローさん、すみませんでした!この体が砕けようとも最後まで走り続けます!!』


もう、甘えはしません。心を入れ替え、渾身の力を込めてペダルを踏み続けました。

そして、再び前を交代したトプローさんは、さらにペースを上げて、僕に言いました。


「おやじさん!残り5kmです!!」

「おお!!了解です!!」



このあたりから、強烈な向かい風が僕たちを襲いましたが、快速獣人トプロングホーンはビクともせずに前を牽きます!


オオォォーーーーーーン!!!!


トプロングホーンの雄叫びが聞こえた気がしました(もはや人間扱いしてない)



『トプローさん、俺にゴールをプレゼントしようと、最後の力を振り絞っている!!」

『でも、このペースは俺がヤバイ!!!』

「あと1km!!!」


おやじ転車、トプローさんはこのあたりから先頭を譲り、ゴールを切らしてくれるのかなと思いましたが、一向にペースが緩まず引き離しにかかる勢いで進む様子に、


『あれ?ちょっと様子がおかしいぞw』

「あと500m!!!」

『いや、あのねwちょっとトプローさん?ww』


トプローさんのスピードがさらに上がりますw


『お、おーいwww』



おやじ転車、トプローさんも同じく勝負の方なんだと気づくのが遅すぎました。



そして、ついに

2016-05-24-12-58-22


「おやじさん!ゴールです!!!お疲れした!!!」


1位 トプローさん

2位 おやじ転車



くそーwww



そして地味なゴールが、この複雑な心境に追い打ちをかけましたw

しかし、最後まで牽いてくれた(いや、最後は引き千切られた)トプローさんに、


「1位は譲って下さいよー」


と言うのも、あまりに大人気ないので、笑顔で


「いやーやりましたねーありがとうございましたー」


と、お礼の言葉を述べたのでしたw (いや、ほんま感謝してます)



2016-05-24-12-56-46

2016-05-24-12-56-57

結果は4時間36分でした。
アベレージは、写真を撮り損ねましたが30km/hジャストでした。
(サイコンでは、距離が2kmほど足りない気がしましたが良しとしますw)

5時間切りの可能性が低かった残り40kmを、このタイムでゴール出来たのは、コーシローさん、トプローさんのおかげです。


ありがとうございました!!


そして「松帆の郷」でメンバーを待ち、皆さん無事ゴールとなりました。

コーシローさんは、後ろの100太郎さん、ハルさん、ヤス吉さんグループに巡り会う事が出来ず、ロンリーゴールでしたw

ほんますんませんw


そして、100太郎さん、ハルさん、ヤス吉さんは最後でアタック合戦だったそうですw


一緒ですやんww



全員が無事揃い、みんなで記念撮影です。


パチリ!

2016-05-25-20-50-12

おやじ転車にとって、この淡路島一周もかけがえのない思い出となりました。

みなさま、本当に楽しかったです。

ありがとうございました。



最高の仲間と巡り合えて良かった!!!




〜完〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ