GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

2016年07月

おやじ転車です。


7/2に、「めうたん本舗」のめうさんが主催する、おはみのに参加してきました。

めうさんは、僕の仕事の後輩である「嗜む程度に自転車を」のロミオくんと親しくされていて、めうさんの事はロミオくんからよく聞いていました。


そしていつしか、


「おはみのに参加させて貰って、北摂の方々ともお知り合いになりたいな」


と思うようになり、


「でも、開催されてる土日は、いつも必ず仕事やねんな。こればっかりは、チャンスを待つしかないな」


と、虎視眈々(僕の中の流行語)とその日が来るの待っていたのでした。


そして、ついにそのチャンスが7/2(土)に訪れたのです。


「よし、行ける!!」


おやじ転車、ぐっと拳を握りしめました。


「集合時間は何時やったけな。7時やったけか。何にしても、堺から箕面やから、どのみち早いけどなw」


と、早速、めうさんのブログを確認します。


「ん?おはみのに『超』がついてるぞ?」

「えーっと、5時30分集合か」

「て、ごご5時30ww??!!」

「自走で行くとなると2時30起きかw」

「車載にしようw」


おやじ転車の実家は北摂なので、実家に車を止めて、そこから自走する事にしました。



そして当日、無事に起きる事が出来、ささっと用意をして実家へ向かい、そこから自転車を走らせました。

ペダルを回しながら、


箕面か・・昔よく夜景を見に行ったよな」


「あ、それは五月山かw むしろ池田やなww」


朝からボケ倒しのおやじ転車、まだ目が覚めてはいないようです。


新御堂筋沿いを、懐かしい気持ちとともに自転車は進みます。


R171を左折して、牧落の交差点を曲がり、そして、ドキドキしながら集合場所に到着しました。


「おっと、まだ誰もいらっしゃってない。早く着きすぎたか。まだ5時やしな」


時間も余っていたので


「ちょっとみのお山荘まで登ってみるか」


アップがてら(やる気w)山荘までの短いコースを登ってみました。

登り途中で、ちらっと見える広大な北摂の街並みを見て、


「このコースも車ではよく通ったな。そして、この景色を見る度に『いつかこの街を俺のものに』なんて嘯いてたよな」

「・・・」

「ほんまアホやなww」


そんな事を思いながら、みのお山荘に到着し、


「ええ時間や。さすがに、どなたか着いてはるやろな。新参者が待たすなんて失礼やし、急いでくだろう」


と、時間がそこそこヤバかったので、急いで下って待ち合わせ場所へと向かいます。


「あれ?まだ俺一番乗りやw」

「待ち合わせ場所、合ってるよな?」


と、少し不安になりかけた時、向こうから見覚えのあるローディーさんがやってきました。


「あ!リッツさん!」


そう、ツイッターでお馴染みのリッツさんです。


「おはようございます!」


とご挨拶を交わして談笑してると、続々とメンバーさんが集まって来られました。


「おぉ・・北摂メンバーの皆さんや」


おやじ転車、自分も北摂が地元なだけに、勝手に親近感を湧かせて、やたら喋りかけてたような気がしますw

そして、このライドの主催であるめうさんにご挨拶。


「サングラスかけてはるけど、男前がわかる出で立ちや。それに、なんと物腰の柔らかい方やろう。尋常じゃない集合時間wでも、こうやって皆さんが集まって来てはるのは、きっとめうさんのお人柄なんやろな」


丁寧なお優しい方でした。
それがすごく印象的でした。


そして、めうさん始め、この「超おはみの」に参加されたメンバーは、


・きのっぴさん
(只者ではない系の方。「あ、この方速いんやろな」とすぐに分かる方)

・つきいちさん
(その走りは、めっちゃトプローさんをイメージしました。背中に青い炎が出ている方)

・メカニックさん
(北摂メンバーさんのムードメーカーな印象の方。メンバーさんたちの、あの優しい空気感はメカニックさんが主に引っ張ってる感じがしました)

・ぷくしまさん
(登りを「え?このギアで登るんすか?!マジすか?!」と思うくらいの重ギアでグイグイ登られる方。しかも速いです。背が高い方なので、初めてお会いした時「この方の後ろで走りたい」と思いましたw)


・YASUさん
(おなじみ、逆ブラインドの使い手。今回も虎視眈々でしたw)


・リッツさん
(信貴系以外の登りは今回が初めてだそうで、とても楽しみというのが表情で分かりましたw)


そして、おやじ転車の8名で、北摂をライドです。

コースは、高山公民館までと勝手に思っていたのですが、めうさんに聞いてみると何やらぐるっと回るらしく、距離にして80kmほどのライドである事が判明し、


「下見がてらの、ちょい本気みのお山荘TT、やめておけば良かったw」


と、少しだけ後悔するおやじ転車でした。


スタートして、みのお山荘まではきのっぴさんが先頭を引っ張ってくれましたが、どうやら体調が優れないらしく、お声も鼻声でしんどそうでした。


「でも、このスピードてw」


おやじ転車、きのっぴさんの心配しながら自分の心配もするという複雑な心境の中、何とかみのお山荘までつき位置で頑張りました。


そして、全員が到着し、次は滝を経由して高山公民館へ続く道の分岐点までのライドです。


次の先頭はつきいちさん。
コーナーの多いコースをかっ飛んで走っていました。


「おぉ、つきいちさんてルーラーな感じがするな。それにコーナー多いのにめちゃ速いww」

「なんか皆さん、それぞれの個性が上手く絡み合ってる感じで楽しそうやな」


やがて、少し登り基調になり、あとは任せましたとめうさんに先頭を譲り、今度はめうさんが速度を上げて登り出します。


「めうさんの走りも、全然ブレてない安定した走りやな。しかも速いし。たぶん、めうさんの後ろに付くと、相当楽できそうw よし、そうしようw」


と、80kmライドの体力温存のため、めうさんのツキイチになると密かに誓うおやじ転車でしたw

そして、分岐の少し手前でYASUさんとぷくしまさんがバビューン!と抜き去っていったので、パブロフのおやじ転車もすぐさま反応し、そのまま着いて行ってゴールです。


このあたりから、心の片隅に闘志の火種がポッと付き出したのを今でも覚えてますw


分岐で全員が合流し、次は高山公民館までのライドです。

少し長めの距離でコースレイアウトも良かったので、気持ちよくライドしてたのですが、ここでYASUさんがまたもやアタックw

そして、すぐに反応w

そのまま公民館まで単独で突っ走りました。


「どこ行ってもやる事は一緒やなww」


公民館で一人そう呟き、クスクス笑うおやじ転車でした。

そして全員が揃い、喋りングタイムです。
喋りングタイムは、どこの休憩ポイントでもとても楽しい時間でした。

公民館から先、どこをどう行くのか全く分からないのですが、まだ60kmくらいのライドになるとの事だったので、


「ここから先はめうさんのツキイチになろう」


温存系を決め込みましたw

ここで、お体の優れなかったきのっぴさんとつきいちさんは離脱です。


ありがとうございました。


きのっぴさん、また是非よろしくお願いします。
つきいちさん、FARAT練は良い刺激になると思うので、是非ご参加くださいね。


さぁここからは、まさに「THE・北摂」と言った感じのコースを走ります。

先に書いてしまいますが、この「THE・北摂」ルート、はっきり言って、


最高に気持ち良かった!!!!


です。

とてもとても走りやすく、長い長い平坦な直線、ほどほどな距離の登り、緩急のあるコーナリング、そして何より風景がすんばらしいです。

良い風景がどのルートでも見れるというコースは、なかなか無いのではと思うくらいでした。

トレーニングに良し、サイクリングにも良しという贅沢なルートでした。


北斗の拳で例えるなら、北摂はトキ、もしくは雲のジュウザ、南河内はラオウ、もしくは山のフドウと言ったところでしょうか(分かりにくい



ほんとに、笑顔が絶えませんでした。


写真撮って、その風景をお見せしたかったのですが、楽しすぎて一枚も撮る事が出来ませんでした。
次回ライドした時は、もっと写真を意識したいと思いますw


ライド中は、ずっと先頭を牽いて下さっていためうさんの後ろに付かせてもらいました。


めうさんは、登りに入る手前で人差し指を上へ指して合図してくれます。


「この合図はきっと『行け』という事やな」


変なポジティブシンキングのおやじ転車、めうさんの人差し指が上へ向くたびに何故だか思い切り登りを上るのでしたw


そんな登りや平坦を繰り返し、爽やかライドは続きました。


しかし、小休止していたコンビニでパンクしてしまい、お待たせしてしまったのですが、皆さんウェルカムでパンクの修理を待っていてくれました。


「皆さん、ほんま優しいな」


そんな北摂の皆さんの心持ちが嬉しかったです。


その後、少しだけ先頭を牽かせてもらいましたが、それ以外のほとんどは、めうさんに牽いて頂きました。

長距離なのに、淡々を安定した速度で牽いて下さっていました。


「長距離をこんなに安定した速度で淡々走るなんてすごいな。俺ももっとそういった練習せなあかん」


やがて、


「あ、ここに出てくるんや」


と、やっと見覚えのある道に出てきて「なるほどなるほど」と感心しながら走り、ゴール地点の箕面市役所前に到着しました。



気持ちの良い、そしてめちゃくちゃ楽しいライドでした。



めうさん、ずっと先頭を牽いて下さってありがとうございました。

そして、めうさん始め北摂の皆さま、暖かく迎え入れてくださり、本当にありがとうございました。

よろしければ、またご一緒して頂ければ幸いです。






こうして、おやじ転車の北摂デビューは幕を閉じようとしましたが、その後、YASUさんとリッツさんで勝尾寺を登りましたw


ここでようやく写真ですw



BlogPaint
海外から観光に来られた方々の写真を撮るYASUさんと、

BlogPaint
勝尾寺を登って来られたローディーさんを撮るリッツさんw


今回の写真は、これのみでしたw



そして、「THE・北摂」のコースは、こんな感じでした。

image

ほんとに北摂をぐるっとするコースですね。



土日に仕事を休む事がなかなか難しいですが、チャンスがありましたら是非とも参加させて欲しいです。



充実した土曜日を与えて下さり、ありがとうございました。


〜おしまい〜




長々と長文を失礼致しました。
そして、この記事を最後まで目を通して下さり、ありがとうございました。


ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 

おやじ転車です。


ここのとこ、雨とのタイミングがばっちしで、勤トレが中々出来ませんでした。

しかし、スランプというかなんと言いますか、ペダルを回す脚がいつも重くて、なんかこう進んでない感じになる事が多く、こないだのFRAT練なんかも色んな条件が重なったとはいえ、散々な走りだったり、更には、僕とタイムが近い人たちが次々と記録を更新するしで、気持ちは焦るばかりでした。(おめでとうございます!!)

なので、そういう意味では休養を取って、一旦、心と体をリフレッシュする事は必要だったのかもしれません。


そして、昨日の仕事帰り、久しぶりに勤トレを行いました。



「雨、大丈夫そうやし、やるか」


気持ちが高ぶります。


現場を出て、自転車を漕ぎ出すと、



「お、仕事終わりでも今日は脚が回る。進んでる感じがする!」



その高ぶった気持ちが爆発しそうな勢いだったので、



「よっしゃ、今日は久々に岩湧の森まで勤トレしよう!!」



岩湧の森コースの勤トレは、プロフィール的に中々のトレーニングコースです。


※岩湧の森については、こちらに詳しく書かせて頂いております。


意気揚々とR170を南西へと向かいます。


「いや、ほんま気持ちええな。この時この瞬間でしか味わえないこの感じ。最高やん!」


と少し笑みも浮かべながら、R170から岩脇の森コースがある滝畑方面へと入って行きました。

コースに入るまでも登りが続くので、そこでペダルを踏んで改めて調子を確かめますがやっぱりいい感じです。

そして、コースのスタート地点に到着し、


「おっしゃ、いくで!!!」


おやじ転車、この岩湧の森コースを彼なりにぶっ飛ばすつもりです。


ほるあぁぁーー!!


コース入り口から続く緩斜面の林道を一気に駆け抜け(てるつもり)、激坂への入り口へと向かいます!


「ええ感じや!!」


確かにええ感じでした。久々にペダルが踏めていました。


「回せ回せぃ!!」


と、さらにペダルを回転させようとした瞬間!!


ストーーーーップス!!!!


いきなりブレーキです!


「な、なんや、あれは?!」

2016-06-30-16-46-12

おやじ転車、この距離で凝視します。


ズームイン!!!



2016-07-01-11-51-55



い、犬が放し飼いで居座っとるやんけwww



BlogPaint


いきなりのストップで、一気に噴き出した汗がフレームにボトボトと落ちていきます。




そして高鳴る心臓の鼓動・・・




静寂の中、汗だくになったおやじ転車は呟きます。



「これはどうすれば、、」

「しかも、でかいwww」



クリートを外します。


パチン!!!


犬がハッとした様子でこっちを見ました。



ヒエッ!!




「ビビるな、おやじ転車! お前の目的は岩湧の森の制覇やろ!!こんなとこで止まってる場合やないんや!!」


「よっしゃ、ここはひとつメンチ切って、相手の戦意を喪失させたる!」



ものすごく遠くから、おやじ転車、ワンちゃんにメンチを切ります。


がるるるる〜〜〜!


「この距離やったら負けへんぞ!どや!!」


その瞬間、同じくメンチを切っていた(切ってない)犬がサッと腰を上げました。


ヒエッ!!


おやじ転車、相手を刺激しないようそーっと踵を返し、



「今日のところはこれで勘弁したる」


吉本かww



「情けなさすぎるやろw」


そう呟きながら、来た道を戻ります(マジ情けないw)


そして結局、


「いつもの光滝にするか、とほほ」


しかし、光滝まではまたまた登りになるので、


「よっしゃ、トレーニングトレーニング!!」


と、気持ちを切り替えて、手抜きをせず必死で登るのでした。

2016-06-30-17-07-39

2016-06-30-17-08-07

蔵王峠の登り口まで漕ぎました。


2016-06-30-17-07-47

このあたりは、川の水もきれいで自然豊かです。

2016-06-30-17-10-36

途中、こんな激坂もあったりします。


蔵王峠の登り口までライド出来たので、最終的には満足しました。


そして帰路に着く途中、

2016-06-30-17-15-05

久しぶりに気温計をパチリとしました。



2016-06-30-17-15-16
紫陽花が満開です。


image

どうです?めちゃきれいでしょ?


「やっぱライドっていいよな、うん」


としみじみしながら滝畑の道を走りました。

2016-06-30-17-23-22

2016-06-30-17-23-31

いつもの風景たち。



そのまま、関西サイクルへ続く道を反対側から登り、

2016-06-30-17-31-03

めっちゃ通るけど、初めて撮ったんじゃないでしょうか。



2016-06-30-18-00-20

これまた、いつもの平坦を気持ちよく走って、家路に着いたのでした。


この日は、久しぶりやったし、脚も回ったしで、とても満足な勤トレとなりました。



やっぱ、自転車は最高です。



おしまい。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ