おやじ転車です。

4/15に行われる「伊吹山ドライブウェイヒルクライム2018」、おやじ転車、この度奇跡的にエントリーする事が出来ました。
仕事の都合上、こういったレースにはほぼエントリー出来ないのでいるのですが、現段階で4/15は仕事が入ってない事が判明し、家族会議で伊吹山レースの素晴らしさをハッタリプレゼンした結果、無事エントリーフィーを出してもらう事に成功したのです。

しかし、その日に仕事が入らないという保証はないどころか、入って来る可能性の方が若干高いのが現実で、そうなったら諦めるしかないのですが、とにかく!わずかなチャンスがある限り!!その日に向けてベストな状態に仕上げていこうじゃないか!!!と思うのでありんす!!!!(なんか興奮してきた)


そこで、本日(12/9)からレース当日までに行う練習内容を、僕の自己満とレースまでの間どんな風に過ごしてきたのかを記録に残していこうと思います。(挫折の可能性大いにあり)



171209の練習

今日は勤トレ(自転車通勤トレーニングの略)による練習でした。
12月は仕事・プライベートともバタバタしてるので、主にこの勤トレによる練習になりそうです。

2017-12-09-17-54-16


この一週間ほど前からずっと風邪を引いていて、まだまだ病み上がり。

中身はというと、

2017-12-09-17-54-25


このコースは、大きく4つのポイントがあって、

国分峠・福瀬戎・メモリアル峠・関西サイクル

それぞれ、1km強、関西サイクルの坂以外は最大でも7%?程度の緩斜面。

そして、それぞれに信号があるので、基本的にインターバルチックな練習となります。
ただし、信号が運良く繋がれば国分峠〜関西サイクルまでの約20分〜23分を、全てハァハァもんで走る事が出来ます。

今日の練習内容としては、とにかくこの劣化した身体を早くいつもの状態にしたいので、どこもかしこも今のベスト状態でペダルを踏みました。
メモリアル峠の頂点で若干血の味がしたので「まだまだやな」と思いつつ、案の定、最後の関西サイクルの坂ではタレタレでしたがとりあえず踏み切りました。

そして、滝尻を下ってからの登り返しは意識重視で登りました。




あとでデータを見てみると、それぞれの過去の同じ気温、同タイムの心拍に比べて、どれも3つほど上がっていたので「まだまだ」の予想は当たっていました。

たぶん、元の状態には今月いっぱいはかかりそうです。
もうほんと、風邪とか要注意ですね。



ちなみに、平坦コースはギアを1枚重くしても当たり前に踏めるようになるための踏み方で走りました。



身体が元の状態に戻ったら、自分の苦手部分を克服するような練習をやってみたいと思います。




2017-12-09-07-10-19


凍結の下りは要注意で!!



走行距離:46km+帰路12km
獲得標高:676m
消費カロリー:1000kcal
荷物:4.5kg
体重:63.6kg





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ