おやじ転車です。

 
前回からの続き、〜地獄ライド・葛城山〜鍋谷編〜 をお送り致します。


自宅を出て、府道30(こっちで言う13号線)を岸和田方面へと南下し、牛滝へと向かいます。


道中、阪和道下から大威徳寺まではTTルートとなっていて、一応、軽めな感じで飛ばしてみた所、


「調子はまぁまぁやな、うん」


そこそこ脚も回り、走れる感触がありました。



そして、葛城山への入り口で呼吸を整えます。

2016-03-29-06-31-23

「TTとはいかないまでも、脚は回るようやし、闇タイム計測しておくか。タイムが良かったらオープンにしよう」


セコさだけは一級品のおやじ転車です。



最初の登り、葛城山をスタートしました。



牛滝ルートは、最初の激坂と、その後からヘアピンまで続く斜度がキツめの坂さえクリアすれば、後は比較的楽に登れます。


「お、結構登れる感じ?」


ヘアピンまでのタイムが17分台でした。これは、僕にとっては良いペースです。


「どっちにしても急ぎめで登らないと、時間の余裕がそんなにあるわけではないしな。よし、この調子で上げめで行こう!」


ハイペースで牛滝の坂を登ります。
シッティングメイン、激坂手前で勢いつけてダンシングを繰り返し、やがて塔原ルートとの合流地点を通過しました。


「ハァハァ、よしよしいいぞ! 最後のスパートや!」


最後の下りから登りに入る手前で勢いをつけ、ダンシングで一気にスパートです!


ゴール!!

2016-03-29-07-09-06
 

タイム!32分45秒!!


「ハァハァ!!おぉ!!いい記録出たやん!」


牛滝ルートは、まともなTTをした事がなかったのですが、いつも33分台だった記憶があります。


「今度、牛滝TTする時は、31分台を目標にしよう!」




そして、いつもの掲示板に記帳します。


BlogPaint

その日の一番乗りでした。


良い記録が出て幸先の良いスタートを切ったおやじ転車は、すぐに中尾へと下ります。

2016-03-29-07-23-26
この時点では、景色を眺める余裕がありましたw



2016-03-29-07-20-38
「おう、待ってろよろしくお願いします。」



2016-03-29-07-42-04


2016-03-29-07-33-48
春の息吹を感じながら、



和歌山の農道に挑みます。

BlogPaint

この農道に入ってから、時間のミスが出てきました。


「あれ?和歌山側の鍋谷ってこんな遠かったっけ??」


おやじ転車、中尾のスタート地点から鍋谷(和歌山側)の登り口まで15分強で到着すると勘違いをしていたのです。


「結構離れてるやん。しくったな。」


もともと、葡萄坂に10時過ぎ着もそんなに余裕を見ていた訳ではなかったので、若干の焦りとともに登り口まで急ぐのでした。


そして、写真を撮る余裕は早くも無くなってしまいましたw




「さっきの牛滝で脚をまぁまぁ使ってしまったから、ポタで登ろうと思ったけど、そういう訳にもいかないな、こりゃ」




鍋谷の登り口に到着し、そのままハイペース気味で登ります。


ただ救いだったのは、まだ2本目だったという事と、鍋谷は葛城山と比べてそんなに斜度がキツくは無いので、意外と全体的にペースを上げて登る事が出来ました。

「葛城山の頂上で休憩せず、そのまま下って2本目もハイペースで登るなんて、まるでレースみたいやな」


おやじ転車、気分はクライマーです。



「グランツールに出場してるヒルクライマーの選手って、こんな感じで登ってるんやろな」


勘違いは、おやじ転車のためにあると言っても過言ではありませんw
じわりじわりダメージが蓄積されていってるとも知らずにww



そして、鍋谷峠をクリアしました。

2016-03-29-08-21-51


「ふう、鍋谷クリアしたな。次は滝畑ダムか・・」

「えっと、今何時や?」

「8時25分か・・・8時25分?!」


BlogPaint


間に合うんかこれwww



〜続く〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ