おやじ転車です。


第18回ヒルクライム大台ケ原since2001

参加して来ました。
年代別優勝しか考えてませんでしたが、その夢は叶いませんでした。



 
当日、2時45分に鳥人間のなかむら君と待ち合わせをし出発。
2時間30分は睡眠を取る事が出来たので、特に問題なし。

車中で、やれアンパンだやれカステラだ、やれジャムパンだと定番ものを食べまくり、眠たくなる。
が、これも特に問題なし。

現地に近づくにつれ、雨がぱらつき路面は濡れてたけど、開催は決定してるので問題なし。

駐車場になってる学校に到着し、前日受付をお願いしていたやまたか君に会い、ゼッケン等を受け取って準備をし、荷物受付へ。


色んな方々にお会いして、気分も高まり完全にやる気モード。


自分は第1グループで、そこには知ってる仲間がたくさん。
特にココロちゃん、樺ちゃんとは何となく協調しながら行こかみたいな話をして。(全然せんかったけどw)

しかし、自分が優勝するためには、必ず勝たないといけない方がその第1グループにいらっしゃって、結局自分はその方を徹底にマークする!と、心がそっちにシフトしてました。

やがて、第1グループの号砲が響き、スタート。

いつもの「自走アドベンチャー大台ケ原」では、この時点で既に脚が終わってるので、どんな感じになるか不安やったけど、もう感動するくらい楽やったw
集団すげぇ!って思った。

だから、脚と心肺はかなり余裕があって、激坂区間の手前にある坂感のない激坂も楽々こなせた。

感触的に「これいける。俺やれる」って思った。

そんな事思いながらも、絶対勝たなければならない方を徹底的にマーク。
常に視界から逃さないようにしていた。

そのまま激坂区間に入ったけど、淡々とペースを刻み続けた。

この時点で18分ちょい。
自分がマストとするタイムはクリア。



「調子良くても上げるな落ち着け落ち着け」

何回も心で唱えてたw

何だかんだで、その強い方、ココロちゃん、樺ちゃん、やまたか君、あと数名がパックになって、前を走ってる方々を追い抜きまくってたと思う。

あまりに自分の調子が良さそうやったので、ちょっとペースを上げてみてどれだけの方々がついてくるか、その強い方はついてくるか試してみようと考えた。
それで付いて来たら、また何か考えようと、アタック気味にペースアップ。

暫くは振り返らず、脚を残しつつひたすらペースを上げ、やがて後ろをチラ見。

誰もおらんw

 そして、その強い方もいてませんでした。

かといって、いつ追いついてくるか全く分からないので、結局上げたペースのままでひたすら踏む。
追い付かれるかもという恐怖心があったから、何度も何度も振り返りながらw

やがて、少し心に余裕が出来、周りを見ながら登った。

「アドベンチャー大台ケ原の時は、毎回蛇行しながら意識も飛びかけていたのに、ほんまサラ脚って最高。車載まじ万歳」

そんなくだらん事を考えるくらい余裕があった。

そして、声を掛けてくれはる方がいらっしゃったり、知ってる方には自分から声を掛けたり。

楽しかった。

激坂区間の中盤を過ぎたあたりで振り返るとココロちゃんw

「やっぱ来たw そんな甘くはないよな」

やがて追いつかれ、追い抜かれ、今度はココロちゃんを見失わないように。

少しずつ千切れていったけど、激坂区間の終わりくらいまではギリッギリ見失わないでいた。(豆粒レベルやったけどw)

こん時、激坂区間終わりで49分と確か後半。
これも、マストと想定していたタイムだったのでクリア。

振り返っても第1グループは誰もいなさそう。


「いける勝てる」

ちょっと思った。


ドライブウェイ区間に入り、もうここからは何も考えず、ただただ勝つためにひたすらペースアップ。


確か2kmすぎたあたりで、生石高原を一緒に走った事のあるテッちゃんが、

「おやじさん!!」

「お!!てっちゃん!!」

そう言って、TTTのてっちゃんを抜き、少し走ったところで後輪に異変。

振り返り、確認。

パンクや、、。

急激にスピードが落ち、抜いたてっちゃんが自分を追い抜いて行く。

「どうしたんですか?!」

「パンクみたい、、」

「えーー!」

この時は、パンクと言いつつも、まだ走れるんちゃうかと構わずペダルを踏む。

そしてスリップ。

「あかん、無理や」

それでも諦めきれず、後ろ振り返ってもまだ誰も見えずだったので、

覚えてる行動を書くと、自転車を降りてシューズを脱ぎ始めてた。

自転車担いでいた。

左手にシューズ持ってた。

気づいたら走っていた。

多分、ていうか「まだいける。まだ望みある」

って思ってた。

ひたすら走ってた。

自分を追い抜いて行った方たちが、いろんな励ましの声をかけてくれてた。

なんか顔がクシャクシャになってる気がしたので、下を向き走ってた。

やがて、絶対に負けてはいけない方が自分を追い抜いて行った。

そこで、一気に心が折れ歩いてしまいました。

残り4、5kmくらいのところで、チームジャージを着てる方が、

「これ使ってください!」

とクイックショットを僕に渡して、そのまま走り去って行った。

すみませんすみません。
感謝しかないのに、ゼッケンも分からないままやった。

ほんまにありがとうございます。

そして、チューブに注入し4気圧くらいは入ったので、ゆっくり走る事が出来ました。

おかげさまで、最後まで諦めず完走できました。

ありがとうございました。


こうして、僕の大台ケ原は幕を閉じました。


悔いなき大台ケ原に仕上げたつもりが、自分自身だけが選んだ機材のチョイスで、悔いが残ってしまった事が全く情けない気持ちでした。



もし次回があれば、同じ過ちを繰り返さぬように。



応援して下さった方々、心からありがとうございました。

IMG_2229




P.S
9/30(月)やまたか君とぴょん吉で大台ケ原行きます。(自走アドベンチャーモード)
興味ある方は、何かしらで連絡ください。
よろしくお願いします。