おやじ転車です。


前回の記事にも書かせて頂いたのですが、最近の勤トレ(自転車通勤トレーニングの略)は日を追う毎に、僕的には激しさを増してる気がします。

原因は、やはり「登りをもっと速くなりたい」これ一択につきます。

そして、「ただガムシャラに練習しても」とは思うのですが、今は何でしょう、とにかく乗って乗って乗りまくらんとあかんっていう気持ちが先行してしまって、それが純粋に行動となってるようです。


そんなヘビー勤トレが続く中、先日、100太郎さんから、南大阪通勤ヒルクライムのユキオさんに会いに行くとの話があり、僕もその日は仕事が昼からだったので、ぜひとも一緒に行きたいです!と申し出ました。


ユキオさんは、僕がずっと気になっていた方のお一人だったので、その日が来るのを楽しみにしてました。


ちなみに、その日のユキオさんの通勤コースは和泉葛城山の蕎原ルートとの事でした(通勤コースではないはずw)



「蕎原かぁ・・しかし、なんちゅう通勤コースやww」

「そしたら、俺は蕎原を登って和歌山方面に降りて、鍋谷(和歌山)登って現場入りかな」
 


と、おやじ転車も感覚マヒ度は負けてませんww


ちなみに、蕎原ルートは当ブログでも何度か書かせて頂いてますが、葛城山7ルートの中でも1、2位を競うほどの激坂があり、基本的には、中級者からのコースだと思います。


そして、いよいよ当日を迎えました。


ユキオさんに会いに行くのは、100太郎さんとハルさん、そして僕おやじ転車です。

ユキオさんは、その日9時15分頃から蕎原を登り始めるとの話だったので、3人は9時頃にスタート地点で待ち合せをしました。(ちなみに、ユキオさんは100太郎さんだけが来ると思っている)


おやじ転車、最近は牛滝から登る事が多いので、蕎原までの道を走るのは久しぶりでした。


「なんか、めっちゃ懐かしいな」

「仕事が休みの度に『待ってろよ蕎原!』なんて嘯きながら走ってたよなw」


「この道のりは、俺のライドの原点やな、うん」


2016-06-20-08-40-49

「このお地蔵さんに、よく挨拶しながら走ってたよな」


2016-06-20-08-46-29

「このあたりから『今日はギタンギタンにはされへんぞ!』とか言いながら、ドキドキしてたよなw」



そして、スタート地点に到着しました。

2016-06-20-08-49-50


間も無くして、ハルさんと100太郎さんも到着し、みんなでユキオさんを待ちます。

2016-06-20-08-57-55


3人で談笑してると、ユキオさんがやってきました。
そして、予想通りのビックリアクションww


お互いにご挨拶を交わして、和やかな空気が流れます。
いつの時でもそうですが、僕はこの瞬間がとても好きです。


見てください、最高の笑顔をしたナイスミドルたち。
BlogPaint
100太郎さん立ち会いのもと、まるで歴史的な何かの条約が成立した瞬間のようですww


BlogPaint
ほんと、終始笑顔でした。


そして、ユキオさんは仕事のお時間が迫ってきたので、


「それでは早速行きましょう!」


と、初対面ライドらしく全員で出発かと思いきや、

2016-06-20-16-03-37


予想通りの全開系w


「悪いのは俺だけじゃない」


自信が確信に変わった瞬間でしたw



「仕事あるからペース上げんとこうと思ったのに」



とかブツブツ言いながらも、ペダルを思い切り踏んでしまうおやじ転車でしたw


そして、全員をパスしてハイランドパークから脚を緩めて走っていると、背後からチェーンの音が。

振り返るとハルさんです。


はい、ここで競争w  


「ハイランドパークからゴールまでのルートって、いつ行っても必ず誰かと競争になるなw」

「何かもうルーチン化しとるww」


必死で漕ぎながらも、そんな事を思うと何だか笑けてくるのでした。

結局、最後まで踏むのやめずゼェゼェゴールです。


ハルさんもゼェゼェゴールw


しかしハルさん、こないだの7葛の時より確実に速くなっていたので、



「何か、みんなどんどん強くなってるな。ほんまに負けてられへんわ」


と、ハルさんと笑顔で会話しつつ、心の中でメラメラしているおやじ転車でしたw

やがて100太郎さん、ユキオさんもゴールです。

100太郎さんはニューバイクで記録更新、ユキオさんはビックリするくらい重いエスケープで蕎原を上がってきたので、ロードに乗り換えるとマジヤバイパターンです。


BlogPaint
100太郎さんは、ほんと胡座(あぐら)が似合いますw



もっと色んなお話をしたかったのですが、ユキオさんと僕の仕事時間が迫ってきたので、急いで記念写真をパチリしました。


2016-06-20-10-16-00

ユキオさん、初めてお会いしたのに、ものすごく短時間でしたがw

とても有意義なお時間をありがとうございました。


夏の7葛、お待ちしてます。


ユキオさんは塔原を下り、100太郎さんは牛滝を下って別れました。
そして、僕とハルさんは、中尾を下って鍋谷峠(和歌山側)へと向かいます。

道中、ハルさんのタイヤがサイドカットしてしまいましたが、そこはハルさん流石です(当たり前なんでしょうけど)、僕と談笑しながら10分もかからない速さで、全てを完結していましたw


和歌山側の鍋谷峠は、平均斜度が7%で比較的緩めの登りが6kmほど続くコースとなっています。



「ハルさん、先に言っておきますけど僕はアタックしませんからねw 仕事もあるし」



もう、先に予防線を張っておかないと、いつ何が起こるかわかりませんww


その言葉を聞いてニヤっとするだけのハルさんw


なんか嫌な予感ww


「確か、ここからがスタートですわ」

「あ、そうですか」

『ほっ、意外と素直やん、ハルさん』


と思ったのもつかの間。


ハルさん、グイグイスピードを上げていきますwww


ちょw


とりあえずは、引きつった笑顔でハルさんを追い、そのまま後ろを必死で着いて行きます。

ハルさんは、全くスピードを緩める事なく登ります。


「きっつ!!」


おやじ転車、引きつった笑顔がだんだんと真顔になってきてw、


・・・

「ハルさんは、鍋谷初めてやから前に出て案内するという名目で」(道なりやけど)


やるか・・



こおぉぉぉーーーーーー



「高取戦国HC、がんばろうね」


ほるあぁぁぁーーーーーー!!!!!!



おやじ転車、渾身の力で登ります!



「行けえぇーーー!俺の脚いぃぃーー!!!!」



もう、そこからは全力です!(案内してない)


暫く走って、ハルさんの姿は見えなくなりましたが、さっきの蕎原での事があるので、最後まで力を抜かず走りきりましたw


「ハァハァハァ、い、今から仕事やぞw、ハァハァハァ」

「ハァハァハァ結局こうなるw」


そして、ハルさんが見えてきました!


「ハルさんラスト!!!」


ハルさんも全力でゴールです!!


2016-06-20-11-48-56

全開で駆け抜けた2台のロードバイク




楽しい!ほんま楽しすぎる!





2016-06-20-11-49-11

戦いの後は、もちろんノーサイドです!


いや、ほんと最高の勤トレでした。


そして最高の勤トレ後の仕事は、最低ラインを何とかクリアするレベルでしたw


image


みなさま、楽しすぎる午前中をありがとうございました!!





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ