GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

カテゴリ: 雑記

おやじ転車です


昨日行った「紀ノ川広域農道往復tt」、案の定ダメージが深く、仕事仲間から

「えらい疲れてそうですけど、大丈夫ですか?」

と声を掛けられ、

「あ、あぁ、、大丈夫だ、、心配ない、、」

と、ドラマによくある病気を隠している主人公のようなセリフで、何とかその場を切り抜けました。



今日の記事は、今回のttは一体何がいけなかったのか?を振り返り検証したいと思います。

ただ、振り返って検証すると言っても、パワーメーターとか持ってる訳でもないし、細かい事苦手だし、まぁ感覚で綴っていきます。


あ、大前提として、今回負けたのは単に走力不足です。
それは練習で補うとして、振り返りたいのはその走り方です。


それでは早速。

このttは往復のttですので、まず往路のタイムを見てみましょう。

BlogPaint


往路では、おやじ転車が、やまちゃんより4分50秒先行しています。



そして、復路(ただし復路のセグメントは、広域農道往復ttの復路より約5km短い)

BlogPaint

今度は、やまちゃんが、おやじ転車より4分2秒先行しています。


つまり、残り約5km地点で、


おやじ転車 2時間2分3秒

やまちゃん 2時間2分52秒


だったのが、最終的には


23


となった訳です(大泣


つまり、やまちゃんは、残りの約5kmで1分6秒も縮める事が出来たんか??!!!

すごすぎやろww


で、注目すべきはそのアベレージです。


おやじ転車 往路 31.6km/h 復路 26.8km/h  トータル 29.1km/h

やまちゃん 往路 29.3km/h 復路 28.7km/h トータル 29.2km/h


おやじ転車、復路でタレまくりちょんバレw


それに比べて、やまちゃんの方が往路・復路とも安定したアベレージで走ってますね。
おやじ転車は、なんかもう感情のままに走ってるのが数値でみてもハッキリわかりますw


たぶんこれが主な敗因なんですよねぇ(いや確実


自分の中でも、この事は頭では理解していて、実際往路は「できるだけ抑えてマイペースで走ろう」を心がけ、特に登りはいつもより力を抜いて登っていたつもりでした。

しかし、僕の中でこの往路のタイムは、明らかにオーバーペースです。
なぜそうなったか?
それは、おそらくアベレージをできるだけ貯金したかったのだと思います。
復路である程度タレても貯金でアベレージ持たす、そういう意識が勝手に働いていたのだと思います。

思い返せば、「抑えて」を意識していたつもりでも、往路の心拍は降り以外はほぼ90%でした。


心拍ゾーンの結果を見てみましょう。

03


そらアベレージ貯金なんて湯水のように使い果たすわw



もう、復路ではガチャガチャでした。
自転車と自分の体が上手くかみ合わず、踏んでも踏んでもスピードは乗りませんでした。
そして、みるみる下がっていくアベレージ。
それを少しでも上げていこうとすると、さらに力みが増して見事なまでの悪循環。

これじゃぁダメです。
話になりません。


やまちゃんは、きっとそんな事はなかったはず。
やまちゃんのアベレージと心拍を見てみると、最後までペース管理が出来てた事は容易に想像がつきます。

往路でペースを抑えて走ると「抑えて走ったのに、復路でもしもタレてしまったらどうしよう」という不安が先走って、その結果無意識にペースを上げてしまったのだと思います。

これは、自分に自信がない証拠です。



次回のリベンジまでには「前半そこそこ速いペースで、後半はもっと速いから知らんで」くらいの実力をつけて挑みたいものです。



がんばろ。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です



表題の通り、最近左膝が少し痛いです。
そして、この痛みは始まってから、かれこれ1ヶ月が過ぎました。



遠い眼差しでおやじ転車は呟きます。


「あの時、、か」


ある白目ライドでの出来事が、おやじ転車の脳裏を横切りました。



そう、これがその時の記録です。


image


この時、自走で犬鳴山を経由し、広域農道往復で白目を剥いた後、そのままどこか緩い峠を通って帰ればいいのに、わざわざ葛城山を登って帰ってしまったという。


なぜそんな意味不な事をしたのか、、。
おやじ転車は考えました。


「若気の至り?ってやつやな、きっと」


語尾上げ言葉でそんなセリフを呟くおやじ転車も今年で48歳。
自転車に初老という文字はありません(ただし他はボロボロ



しかし、この時の葛城山はかつてないくらいキツく、例えていうならあの7葛のラストよりも脚が動いてませんでした。

そして、この時左膝に違和感を覚えていたのですが、しょうもない見栄で最後まで登りきったのです。


「あの時、無理せんとやめときゃよかった。ほんまにしょうもない事をしたな」


それ以来、ライドを少し控えて様子を見ていたのですが、そんなに痛くないし大丈夫か?と思って走りに行き続けるとまた膝が痛くなり、そして再び様子を見て治れば走りに行く、そしたらまた痛くなるの繰り返しで現在に至ります。


最近は、痛くなっても走りに影響するほどでは無くなってきているのですが(GSJに参加してるくらいやからw)、ここは一旦完治するまで乗らない方がいいのかなぁ。

乗らないなら乗らないで、できる事は沢山あるから良いのですが、自転車に跨がれないというのは色んな意味でかなり辛いです。



まぁもうちょっと様子を見てみるか。



これを読んで下さってる皆さまはきっと大丈夫かと思いますが、ほんとライドでご無理はなさらないように。
どうしてもって時には、「きちんと体と相談」してからでも遅くはないと思います。



今回は、勝手な無茶をするとロクな事はないよ(たぶん自転車に限らず)なお話でした。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


ちょっとこれから、忘備録的に各月のまとめ的なやつを記事として書こうと思いまして、、。
個人的に日々の記録は付けているのですが、なんかこう淡々とした付け方になっているので、ブログではその時の感情も少し取り入れて、より過去の状況を分かりやすくしておこうかなと言うのが狙いです。



4月の走行まとめ

走行距離:1,272km
タイム:52時間17分
高度上昇量:15,656m
消費カロリー:26,717cal
平均体重:先月より500g↓
平均体脂肪:先月より0.5%↓

勤トレ回数:7
ただの通勤:4
ライド回数:10



雑感:
・4月は、冬季の走行距離と勤トレ数に比べて若干少ないけど、速い方たちとご一緒させて貰った機会が多かったので、内容的には濃い練習が出来た。


・冬の練習の成果を確かめるべく、4月から5月くらいまで気になるコースをTT。
そして、今のところ各コースにおいて記録更新中。「寒い時期に乗り込むと必ず成果が出るから」を身を以て体験してる。嬉しい。


・印象に残ったライドは3つ。
一つ目は、KOMを死守していた超マイナーな勤トレルートを、自転車仲間のマルちゃんにあっさり獲られるw
image


image


そして、このツイッターの雄叫びと共に、獲られた翌日かなり朝早く起きて血眼で走りに行き、奪還。

この時は、ワイワイとかなり盛り上がって何だか面白かったですw



2つ目は、あだっちゃいさんが開催されてる「GSJ練」

image


これは、主にのどか村の周回コースを走るトレーニングで、このまま開催が続けばひょっとしたら「FRAT練」な感じになるのではないでしょうか。
ハァハァ率の高いこの「GSJ練」
速い方たちもよく参加して下さるので、FRAT練やこのGSJでしっかり練習すれば力がつくと思います。
ちなみに「GSJ」は、ゴリラーサル・スタジオ・ジャパンの略だそうです。



3つ目は、先日のブログにも書きました、キャベツさん送別ライド。
その時、初めて「金蔵寺」と言う逢坂峠を登るTTコースを走ってきました。
なかなか面白いコースでした。
緩斜面、急坂、激坂がうまい具合にミックスされていてる4km程のコースですが、とても登りごたえがあり、送別にふさわしく皆んなで悶絶しまくりましたw

で、そのスタート地点にあった


image

こやつの事が今だに脳裏から離れません。
何やねんこれw



以上が4月のまとめとなりました。
5月は、いつもの練習に加え、4月同様気になるコースをTTする月になると思います。
そして、メインの十三峠も5月中にはTTしよう。


秋の本番(目標タイム更新)に向けて弾みのつくタイムが出ますように、、。



以上、4月の走行まとめでした。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


「Lonely Death Ride in WAKAYAMA 〜いわゆる一つの無事死亡〜 その1」から早3ヶ月が経ちました。

みなさま、変わりなくお過ごしでしょうか?

おやじ転車は、自転車に関しては何ら変わりなく精進な日々を過ごしているつもりであります。

この広域農道編、その2を途中まで執筆していましたが、続きを期待されていた方がもしもいらっしゃれば本当にすみません。
この冬場に少しでも多く練習したいという気持ちが勝ってしまい、その練習量から(そんな大したアレではないけど)続きを書く前に必ずと言っていいほど寝落ちってしまい、


〜いわゆる一つの無事寝坊〜(やるやんと思われた方、ありがとうございます)


という毎日が続いてしまった次第なのであります。


もはや「その2」は、過去にも程というものがあり、書く事が出来なくなっちゃいました(てへぺろ

(makotakeさん、大変遅くなってすみません、コメントありがとうございます)

ただ、このシリーズで言いたかった事は、このコースは真剣に走れば本当に練習が身に付くコースだと言う事です。
闇雲にペダルを踏むのではなく、いかに楽してペダルを回し続ける事が出来るか?これについてとても考えさせられる「いわゆる一つの無事死亡」なんです。

僕は以来、何度かこのコース走りましたが、その度に「楽に」を意識するようになり、そして他のコースでもそれを試す事によって、その大切さを痛感しました。



刺激が欲しい方、速くなりたい方、このコースはまじオススメです(白目剥くけど





さて、今回久々に筆を取らせて頂いたのは、自転車仲間であるO.H.Cのキャベツさんが、この度お仕事で転勤されるとの事で、、。


何故だか分からないですが(いや分かるけど表現しにくい)、この出来事を僕の中の記憶に留めたいと言う思いから書かせて頂きました。




キャベツさん、今日の日はさようなら、また会う日まで^^



S__8028181




いつまでも青春
いつまでも友達






読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

おやじ転車です。


image




明けましておめでとうございます。
今年もよろしく遊んで下さいませ(ぺこり)



さて、おやじ転車は、2016年に立てていた目標を達成出来ていたのか、振り返って見る事にします。



 2016年の目標と結果は、こんな感じでした。


1、鍋谷峠 21分切り
結果:ガチTT出来なかったので保留


2、和泉葛城山 塔原 32分切り
結果:これもガチTT出来なかったので分からないけど、4葛目で32分24秒だったので、おそらくいける。
 

3、和泉葛城山 牛滝 33分切り 
結果:2葛目で32分20秒 クリア


4、和泉葛城山 蕎原 38分切り 
結果:ガチTTしました。35分33秒 クリア


5、和泉葛城山 中尾 43分切り
結果:ガチTT出来なかったので保留 


6、十三峠 17分切り 
結果:ガチTTしました。16分45秒(ストラバ)クリア
 

7、葡萄坂 14分切り 
結果:ガチTTしました。13分43秒(ストラバ)クリア
 

8、暗峠の走破と平均くん以上 
結果:足つき無し、20分56秒 クリア



9、四季ごとに7葛
結果:冬がまだ 
 

10、年間走行距離 15,000km
結果:caad12を購入した2015.11〜2016.11を1年とし、計測していましたが、14,896kmだったので、クリアならず。
 

11、琵琶一か淡一
結果:両方実現したのでクリア 
 

12、田舎である丹後半島まで自転車で行く
結果:行けなかった


と、こんな感じで2016は終えましたが、重要目標はだいたい達成しました。
が、しかし結果を見てみるとそもそもの設定が低かったのかもしれません。

なので、

2017は、もっとハードルを上げて挑もうと思います(静かに鼻息が荒くなってる)



・おやじ転車に課せた2017年に達成する予定の事


1.十三峠 15分台(15分59秒.999999999含む)

2.葡萄坂 12分台(12分59秒.999999999含む)

3.和泉葛城山・塔原 29分台(29分59秒.999999999含む)

4.金剛RW 29分台(29分59秒.999999999含む)

5.上福井・天狗岩 32分台(32分59秒.999999999含む)

6.妙見山 19分台(19分59秒.999999999含む)

7.六甲・逆瀬川 42分台(42分59秒.999999999含む)


・・・。


なるほど、そんな感じですか。



酒を飲みながら書いてるだけに、一年後が楽しみですw




それでは皆さま、今年もよろしくお願いします。
最後までお読み頂きありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ