GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

カテゴリ: 勤トレ(自転車通勤トレーニング)

おやじ転車です。


ここのとこ、雨とのタイミングがばっちしで、勤トレが中々出来ませんでした。

しかし、スランプというかなんと言いますか、ペダルを回す脚がいつも重くて、なんかこう進んでない感じになる事が多く、こないだのFRAT練なんかも色んな条件が重なったとはいえ、散々な走りだったり、更には、僕とタイムが近い人たちが次々と記録を更新するしで、気持ちは焦るばかりでした。(おめでとうございます!!)

なので、そういう意味では休養を取って、一旦、心と体をリフレッシュする事は必要だったのかもしれません。


そして、昨日の仕事帰り、久しぶりに勤トレを行いました。



「雨、大丈夫そうやし、やるか」


気持ちが高ぶります。


現場を出て、自転車を漕ぎ出すと、



「お、仕事終わりでも今日は脚が回る。進んでる感じがする!」



その高ぶった気持ちが爆発しそうな勢いだったので、



「よっしゃ、今日は久々に岩湧の森まで勤トレしよう!!」



岩湧の森コースの勤トレは、プロフィール的に中々のトレーニングコースです。


※岩湧の森については、こちらに詳しく書かせて頂いております。


意気揚々とR170を南西へと向かいます。


「いや、ほんま気持ちええな。この時この瞬間でしか味わえないこの感じ。最高やん!」


と少し笑みも浮かべながら、R170から岩脇の森コースがある滝畑方面へと入って行きました。

コースに入るまでも登りが続くので、そこでペダルを踏んで改めて調子を確かめますがやっぱりいい感じです。

そして、コースのスタート地点に到着し、


「おっしゃ、いくで!!!」


おやじ転車、この岩湧の森コースを彼なりにぶっ飛ばすつもりです。


ほるあぁぁーー!!


コース入り口から続く緩斜面の林道を一気に駆け抜け(てるつもり)、激坂への入り口へと向かいます!


「ええ感じや!!」


確かにええ感じでした。久々にペダルが踏めていました。


「回せ回せぃ!!」


と、さらにペダルを回転させようとした瞬間!!


ストーーーーップス!!!!


いきなりブレーキです!


「な、なんや、あれは?!」

2016-06-30-16-46-12

おやじ転車、この距離で凝視します。


ズームイン!!!



2016-07-01-11-51-55



い、犬が放し飼いで居座っとるやんけwww



BlogPaint


いきなりのストップで、一気に噴き出した汗がフレームにボトボトと落ちていきます。




そして高鳴る心臓の鼓動・・・




静寂の中、汗だくになったおやじ転車は呟きます。



「これはどうすれば、、」

「しかも、でかいwww」



クリートを外します。


パチン!!!


犬がハッとした様子でこっちを見ました。



ヒエッ!!




「ビビるな、おやじ転車! お前の目的は岩湧の森の制覇やろ!!こんなとこで止まってる場合やないんや!!」


「よっしゃ、ここはひとつメンチ切って、相手の戦意を喪失させたる!」



ものすごく遠くから、おやじ転車、ワンちゃんにメンチを切ります。


がるるるる〜〜〜!


「この距離やったら負けへんぞ!どや!!」


その瞬間、同じくメンチを切っていた(切ってない)犬がサッと腰を上げました。


ヒエッ!!


おやじ転車、相手を刺激しないようそーっと踵を返し、



「今日のところはこれで勘弁したる」


吉本かww



「情けなさすぎるやろw」


そう呟きながら、来た道を戻ります(マジ情けないw)


そして結局、


「いつもの光滝にするか、とほほ」


しかし、光滝まではまたまた登りになるので、


「よっしゃ、トレーニングトレーニング!!」


と、気持ちを切り替えて、手抜きをせず必死で登るのでした。

2016-06-30-17-07-39

2016-06-30-17-08-07

蔵王峠の登り口まで漕ぎました。


2016-06-30-17-07-47

このあたりは、川の水もきれいで自然豊かです。

2016-06-30-17-10-36

途中、こんな激坂もあったりします。


蔵王峠の登り口までライド出来たので、最終的には満足しました。


そして帰路に着く途中、

2016-06-30-17-15-05

久しぶりに気温計をパチリとしました。



2016-06-30-17-15-16
紫陽花が満開です。


image

どうです?めちゃきれいでしょ?


「やっぱライドっていいよな、うん」


としみじみしながら滝畑の道を走りました。

2016-06-30-17-23-22

2016-06-30-17-23-31

いつもの風景たち。



そのまま、関西サイクルへ続く道を反対側から登り、

2016-06-30-17-31-03

めっちゃ通るけど、初めて撮ったんじゃないでしょうか。



2016-06-30-18-00-20

これまた、いつもの平坦を気持ちよく走って、家路に着いたのでした。


この日は、久しぶりやったし、脚も回ったしで、とても満足な勤トレとなりました。



やっぱ、自転車は最高です。



おしまい。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


前回の記事にも書かせて頂いたのですが、最近の勤トレ(自転車通勤トレーニングの略)は日を追う毎に、僕的には激しさを増してる気がします。

原因は、やはり「登りをもっと速くなりたい」これ一択につきます。

そして、「ただガムシャラに練習しても」とは思うのですが、今は何でしょう、とにかく乗って乗って乗りまくらんとあかんっていう気持ちが先行してしまって、それが純粋に行動となってるようです。


そんなヘビー勤トレが続く中、先日、100太郎さんから、南大阪通勤ヒルクライムのユキオさんに会いに行くとの話があり、僕もその日は仕事が昼からだったので、ぜひとも一緒に行きたいです!と申し出ました。


ユキオさんは、僕がずっと気になっていた方のお一人だったので、その日が来るのを楽しみにしてました。


ちなみに、その日のユキオさんの通勤コースは和泉葛城山の蕎原ルートとの事でした(通勤コースではないはずw)



「蕎原かぁ・・しかし、なんちゅう通勤コースやww」

「そしたら、俺は蕎原を登って和歌山方面に降りて、鍋谷(和歌山)登って現場入りかな」
 


と、おやじ転車も感覚マヒ度は負けてませんww


ちなみに、蕎原ルートは当ブログでも何度か書かせて頂いてますが、葛城山7ルートの中でも1、2位を競うほどの激坂があり、基本的には、中級者からのコースだと思います。


そして、いよいよ当日を迎えました。


ユキオさんに会いに行くのは、100太郎さんとハルさん、そして僕おやじ転車です。

ユキオさんは、その日9時15分頃から蕎原を登り始めるとの話だったので、3人は9時頃にスタート地点で待ち合せをしました。(ちなみに、ユキオさんは100太郎さんだけが来ると思っている)


おやじ転車、最近は牛滝から登る事が多いので、蕎原までの道を走るのは久しぶりでした。


「なんか、めっちゃ懐かしいな」

「仕事が休みの度に『待ってろよ蕎原!』なんて嘯きながら走ってたよなw」


「この道のりは、俺のライドの原点やな、うん」


2016-06-20-08-40-49

「このお地蔵さんに、よく挨拶しながら走ってたよな」


2016-06-20-08-46-29

「このあたりから『今日はギタンギタンにはされへんぞ!』とか言いながら、ドキドキしてたよなw」



そして、スタート地点に到着しました。

2016-06-20-08-49-50


間も無くして、ハルさんと100太郎さんも到着し、みんなでユキオさんを待ちます。

2016-06-20-08-57-55


3人で談笑してると、ユキオさんがやってきました。
そして、予想通りのビックリアクションww


お互いにご挨拶を交わして、和やかな空気が流れます。
いつの時でもそうですが、僕はこの瞬間がとても好きです。


見てください、最高の笑顔をしたナイスミドルたち。
BlogPaint
100太郎さん立ち会いのもと、まるで歴史的な何かの条約が成立した瞬間のようですww


BlogPaint
ほんと、終始笑顔でした。


そして、ユキオさんは仕事のお時間が迫ってきたので、


「それでは早速行きましょう!」


と、初対面ライドらしく全員で出発かと思いきや、

2016-06-20-16-03-37


予想通りの全開系w


「悪いのは俺だけじゃない」


自信が確信に変わった瞬間でしたw



「仕事あるからペース上げんとこうと思ったのに」



とかブツブツ言いながらも、ペダルを思い切り踏んでしまうおやじ転車でしたw


そして、全員をパスしてハイランドパークから脚を緩めて走っていると、背後からチェーンの音が。

振り返るとハルさんです。


はい、ここで競争w  


「ハイランドパークからゴールまでのルートって、いつ行っても必ず誰かと競争になるなw」

「何かもうルーチン化しとるww」


必死で漕ぎながらも、そんな事を思うと何だか笑けてくるのでした。

結局、最後まで踏むのやめずゼェゼェゴールです。


ハルさんもゼェゼェゴールw


しかしハルさん、こないだの7葛の時より確実に速くなっていたので、



「何か、みんなどんどん強くなってるな。ほんまに負けてられへんわ」


と、ハルさんと笑顔で会話しつつ、心の中でメラメラしているおやじ転車でしたw

やがて100太郎さん、ユキオさんもゴールです。

100太郎さんはニューバイクで記録更新、ユキオさんはビックリするくらい重いエスケープで蕎原を上がってきたので、ロードに乗り換えるとマジヤバイパターンです。


BlogPaint
100太郎さんは、ほんと胡座(あぐら)が似合いますw



もっと色んなお話をしたかったのですが、ユキオさんと僕の仕事時間が迫ってきたので、急いで記念写真をパチリしました。


2016-06-20-10-16-00

ユキオさん、初めてお会いしたのに、ものすごく短時間でしたがw

とても有意義なお時間をありがとうございました。


夏の7葛、お待ちしてます。


ユキオさんは塔原を下り、100太郎さんは牛滝を下って別れました。
そして、僕とハルさんは、中尾を下って鍋谷峠(和歌山側)へと向かいます。

道中、ハルさんのタイヤがサイドカットしてしまいましたが、そこはハルさん流石です(当たり前なんでしょうけど)、僕と談笑しながら10分もかからない速さで、全てを完結していましたw


和歌山側の鍋谷峠は、平均斜度が7%で比較的緩めの登りが6kmほど続くコースとなっています。



「ハルさん、先に言っておきますけど僕はアタックしませんからねw 仕事もあるし」



もう、先に予防線を張っておかないと、いつ何が起こるかわかりませんww


その言葉を聞いてニヤっとするだけのハルさんw


なんか嫌な予感ww


「確か、ここからがスタートですわ」

「あ、そうですか」

『ほっ、意外と素直やん、ハルさん』


と思ったのもつかの間。


ハルさん、グイグイスピードを上げていきますwww


ちょw


とりあえずは、引きつった笑顔でハルさんを追い、そのまま後ろを必死で着いて行きます。

ハルさんは、全くスピードを緩める事なく登ります。


「きっつ!!」


おやじ転車、引きつった笑顔がだんだんと真顔になってきてw、


・・・

「ハルさんは、鍋谷初めてやから前に出て案内するという名目で」(道なりやけど)


やるか・・



こおぉぉぉーーーーーー



「高取戦国HC、がんばろうね」


ほるあぁぁぁーーーーーー!!!!!!



おやじ転車、渾身の力で登ります!



「行けえぇーーー!俺の脚いぃぃーー!!!!」



もう、そこからは全力です!(案内してない)


暫く走って、ハルさんの姿は見えなくなりましたが、さっきの蕎原での事があるので、最後まで力を抜かず走りきりましたw


「ハァハァハァ、い、今から仕事やぞw、ハァハァハァ」

「ハァハァハァ結局こうなるw」


そして、ハルさんが見えてきました!


「ハルさんラスト!!!」


ハルさんも全力でゴールです!!


2016-06-20-11-48-56

全開で駆け抜けた2台のロードバイク




楽しい!ほんま楽しすぎる!





2016-06-20-11-49-11

戦いの後は、もちろんノーサイドです!


いや、ほんと最高の勤トレでした。


そして最高の勤トレ後の仕事は、最低ラインを何とかクリアするレベルでしたw


image


みなさま、楽しすぎる午前中をありがとうございました!!





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


4/24、おやじ転車にとって特別な日となりました。

それは、ずっと憧れていたトプローさん主催のFRAT練に初めて参加させてもらったからです。
 

感無量です。
 

そして、初参加に付け加えて更に驚くべき事がありました。
 

それは・・・
 

どん!!!

03


どん!! !
55


どん!! !
21



 なんちゅー絵面www
 

何と!!!


トプローさん vs ザクさん vs おやじ転車
 

この三つ巴戦が行われるらしいのです!!(らしいてw)
 

わーい
 

いやいや、なんで?
なんでこんな事になったのだい?w 


思い当たる節は・・あ、たぶん僕が、


「FRAT練に参加させて貰った時に、トプローさんも居てはったら相乗効果で、どちらも17分切りが出来るんじゃないか」 


と葛城ライドの時に、ポロっと言ったのがひょっとしてキッカケなのかなw


葛城ライドから一週間後のビワイチライドの時、くにかつおさんが、

「24日、トプローさんとの対決、楽しみですよねー」

「え?対決?」

「O.H.Cではめっちゃ盛り上がってますよw」

「え?盛り上がってる?」

「なんか、ザクさんも入って三つ巴戦になるんだとか」

「え?ザクさん?」

「三つ巴戦?」


ちょまてよww

どーゆーことぉー??!!


どうやらO.H.Cさんの中では、ザクさんがこれを機にトプローさんと対決して制する!みたいな話になっているらしく、そして、トプローさんは僕との直接対決(申し込んではいないw)を受け入れくれているようでした。


まさか、こんなに話が大きくなっているとはw


しかも、ギャラリー参加者はめっちゃ多くなるとかWW←もう大文字


「えらいこっちゃw 」

「ビワイチから四日後やぞ!
「くにかつさん、なんで僕の脚を削ってしもたんやww 」




おやじ転車、ビワイチが終わってからとりあえず2日間は全く何もせず、「何故だか決戦」の前日のみ回復走的に勤トレを行いました。

慌ててもしょーがない。
でも、一応意思確認だけしておこうw

もの凄く盛り上がっている噂は聞いてましたが、本人同士で「やろうぜ!」みたいな話は一度もしていませんw
 
しかも、ザクさんにおいては、まさに青天の霹靂ですww

とりあえずは、トプローさんのブログに非公開でコメントし、そしてトプローさんは快く引き受けて下さいました。
ザクさんは、トプローさんとの対戦が目的のようだったので、そのままにしておきましたw 



いつもの勤トレ、回復走とはいえ色々考えながら走ります。
 

「今の感じなら、明日はいけるか」
 

この3日間、酒も完全に断ちました。
休肝日のない僕にとっては、異例中の異例です。

そのせいか、この回復走も良い感じで脚は回せてました。
関西サイクルの坂も、淡々と登る事が出来ました。

滝畑のいつもの風景を見ながら
 


「滝畑ダム、俺は明日戦ってくるよ」
 

友達のいないおやじ転車、とうとうダムを擬人化しました。

そして、いつものように気温計を撮り



少し汗ばむけど、何とも心地よい滝畑の自然が、僕の体にパワーを与えてくれます。


「ふうっ」


一息つきます。
 

気負う事は何もない。
やれるだけの事をやれば良いだけや。 


「・・・」



「やってやるぞーーー!!!!」


おやじ転車、確実に気負ってますw



そして、その夜


「明日の準備はオッケーっと」

「やっぱ、前日となるとさすがに緊張してきたな」

「明日は3時30分起きか・・って3時30かよww」

「で今は21時30分、とりあえず横になろう。たぶん寝れへんやろけどなw」



そして、おやじ転車、気づけば2時30分でしたw


「まぁまぁ寝たなw」


支度に取り掛かります。


~つづく~



勤トレ@滝畑
50.5km

今月の走行距離
736.6km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


僕には、お気に入りに登録させて頂いてるブログがいくつかあります。
そして、そのお気に入りのブロガーさんのブログを拝読していると、


「みんなとても激しく楽しそうに頑張ってる」


「自転車が大好き」を力の源に置いて、日々激しく楽しく頑張ってる様子が僕の心の中に伝わってきます。
そして、自然とその流れに身を任せる自分がいて、


「俺も頑張りたい。だから頑張る」


と、カチコチな意識で頑張るのではなく、あたかも最初から意識に組み込まれている感覚で、柔らかく自然に頑張ろうとする自分に気づきます。


そんな感覚で、こないだ(4/16)の勤トレは、天野山金剛寺という30kmほどのミドルコースを走りましたが、意識とは不思議なもんで、そんな「頑張る」をちょっと片隅に置くだけで、僕的にえらいハイスピードな勤トレになりましたw

メンタルの考え方って、きっとたくさんあると思いますが、その中でも「意識する事」は普遍的に大事な事なんだと思いました。


そして今日は(4/18)

「のどか村にしよう」

コースはこんな感じです。

BlogPaint


ポイントは、この勤トレコースは50km強ある事、葡萄坂がある事、信号のないサイクルラインがある事です。

自転車通勤トレーニングとしては、このコースもいいトレーニングルートだと思います。


いつものように大和川のサイクルラインを駆け抜け、


「爽やかすぎるやろ!なんという気持ちの良い朝!」


今日も抜群の快晴でした。

そして、走りながら思っていた事が、いろんな頑張っている人たちの事だったので、自然とスピードも上がります。

そして、葡萄坂のスタート地点に到着し、

2016-04-18-08-15-12

「基本は常に14分台で登る事やな」

と、自分に言い聞かせてスタートしました。


キツイけど、しんどいけど、頑張れます。


ところが、キツイ坂の瞬間だけリアをローに入れた時、まさかのチェーン落ちとなってしまいました。

登りのメカトラは、ほんと勘弁です。

なかなかうまい事嵌らず、


「あーもう!」



ようやく嵌って、再び走り出します。

何が嫌って、自分のギアチェンジのやり方もマズイかもしれませんが、再び走り出した時はどうしても飛ばしてしまうので、すぐに乳酸が溜まってしまい、結局タレてしまうっていう・・。


これがマジで嫌ですわ。


もう、すっかり乳酸溜まりまくりです。

プンプンしながら怒りの乳酸ゴールです

2016-04-18-08-34-27

タイムは15分30でした(ストラバは16分40くらいだったけどw 多分ウロウロしてたから?)

「ま、仕方ないわな」

と、サクッと撮ってのどか村へと進みます。

のどか村までのコースも、少しアップダウンがあるので、ここも良いトレーニングになります。

2016-04-18-08-43-10

のどか村、到着です。

2016-04-18-08-47-19

まぁ特に何もなくw
トイレだけ済ませて、早々に下りました。

時間も無くなってきたので、コーシローさんには程遠いですが、できるだけ飛ばして下ります。



例の看板、柏原ぶどうは

2016-04-18-08-58-06


今回、これにしか見えませんでした。


BlogPaint






2016-04-18-08-57-54

それでも、この景色に救われました。




そして、石川SLに入り、ものすごい向かい風の中w、

「勤トレって楽しいなぁ!」

と、ここは少し無理やり呟きましたw



向かい風の強さ、こんな感じですww

2016-04-18-09-36-45

石川の風物詩、こいのぼり軍団も羽搏きすぎですw


2016-04-18-09-36-29

情緒に浸る余裕、ありませんw


強がって「勤トレ楽しい!」と言ってましたが、最終的には



「石川サイルクラインに弱い鬼が出るって知ってるか・・」



自分に呟き、おやじ転車弱い鬼の形相に変身です。


「ヒエェェェーーーー!!!」


弱い鬼は、そう叫びながらサイクルラインを抜けて行ったのでした。


ある意味、めちゃめちゃハードな勤トレでした。


おしまい。


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!

勤トレ@のどか村〜南河内SL (帰路含む)
67.6km

今月の走行距離
495.4km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


前回の南河内SLからの続きです。

小鳥たちのさえずりと、チェーン回転のリズムで作詞作曲をし、それを歌ってサイクルラインのゴール、富田林に到着しました。
 

「よっしゃ、ここから水越まではもうちょいやな」

「きっと、いろんなローディーさんたちと出会うんやろな」
 

おやじ転車が、今回の勤トレで水越峠を選んだ理由はここにありました。

そう、今日は土曜日です。
いい季節になってくると、土日の朝はたくさんのローディーさんたちが集まって来られます。

もちろん水越峠もその一つだと聞きます。
土日のローディーさんたちにとって、水越峠はきっと通過点でしかないと思うのですが、その通過される頻度が半端ない筈なので、何かしら良き出会いがと期待に胸を膨らませるのでした。



「いろんな方々が走ってはるんやろな。楽しみやな。」



そう思いながら森屋の交差点に到着しました。

2016-04-09-09-17-09



そして、特にタイムは意識せず、闇タイム計測も行わずスタートです。


「良い出会いがありますように」


おやじ転車、意気揚々と自転車を走らせます。

水越峠は、峠という感覚ではなくゆる〜い坂が長〜く続いていて、トンネルの手前の分岐から林道に入るのですが、その林道もそんなに傾斜は強くなく、とても短い距離なので、普通に走っている分には比較的楽に漕げるコースとなっています。



「たぶん、トンネル手前の分岐点あたりでグループライドの方達と遭遇するんやろな」


「きっと俺が見つけて追いかけて、『おはようございます!』なんてなw」


「そしたら、グループの中のお一人が、ちょっとびっくりした感じで『あ、ども。おはようございます』とか言ったりしてなw」


「ほんでほんで、俺が『いやぁ良いですね!ここからどちらか行かれるんですか?!』って聞いたら『大台ケ原まで行くんですよー』とか言って」


「『え?大台ケ原すか?!自走で??!! まじすかー!!皆さんで行かれるんですね!』なんてねw」




大台ケ原ローディー「そうなんですよー!いやもう既にハァハァですわw」


おやじ転車「またまたぁw、でも羨ましいっすわー!」


大台ケ原ローディー「「え?どちらかに行かれるんじゃないんです?」


おやじ転車「いえいえ、これから仕事なんですよ〜」


大台ケ原ローディー「そうなんですね?! それは大変ですね〜」


おやじ転車「いや、もう慣れっこですから ははははww」


二人「ははははw」


大台ケ原ローディー「そしたら、県境まで一緒にどうです?」


おやじ転車「あ、ぜひお願いします!」


大台ケ原ローディー「みんな、この人も一緒に走るよ!」


大台ケ原ローディーズ「「おおぉー!!」


おやじ転車「うわぁー皆さん速いっす!」


大台ケ原ローディー「ちゃんとついて来てるじゃないですか!」


おやじ転車「いやもう、アップアップですよ!」


大台ケ原ローディー「またまたぁww もうすぐ県境ですよ!」


おやじ転車「はい!よしスパート!ほおぉるあぁぁーー!!!」


大台ケ原ローディー「お!じゃぁ私も! どおぉぉりゃあぁぁーーー!!!」


おやじ転車「すげえっす!すげえっす!」


二人「ぬおぉぉーーー!!!!」


二人「ハァハァハァ」



大台ケ原ローディー「いやー良い勝負でしたね! 今から大台ケ原はきついっすw ははははww」


おやじ転車「いえいえ僕の方こそ、今から仕事はきついっすわw ははははww」


おやじ転車「ありがとうございました!!」


大台ケ原ローディー「良ければうちのチームに入りませんか?」


おやじ転車「え?!いえ!そんなめっそうもないです!!」


大台ケ原ローディー「一緒に速くなりましょうよ! なんでしたら、今から一緒に大台ケ原へ行きましょうか?!ww」

おやじ転車「行きましょう!!」



そして、リアルおやじ転車は県境に着きました。

2016-04-09-14-57-08


人っ子一人いやしねぇ・・・。



妄想のおやじ転車は、仕事を放って大台ケ原へと向かいましたが、現実のおやじ転車は


「これじゃいつもと変わらんやん・・」


いつもとなんら変わりのない勤トレのゴールとなりました。


「儚い夢やったな・・。俺にはボッチが似合う・・か」


そう言いながら水越峠を後にしました。


そして、その下り中、複数のローディーさんたちが登って来られました。


「今やんww」


そう呟き、水越峠に悔いを残して現場へと向かうのでしたw



せめて土日くらいは、方向が一緒のローディーさんたちと走りたいなと思った、おやじ転車でした。


〜おしまい〜


勤トレ@南河内SLと水越峠と近道帰宅 ライド
76.1km

今月の走行距離
242.3km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


このページのトップヘ