GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

カテゴリ: 勤トレ(自転車通勤トレーニング)

おやじ転車です。

4月の始動以来、僕的にはなかなかのヘビーなライドが続いてます。
乗らない時は全く乗らないのに、乗り出したら加減知らずで乗るというw
なんとなく自分の人生に似てるなと最近感じます。

そして、今日もやってしまいました。(4/9のお話)
昨日の「槇尾山・滝畑ライド」と一緒で、往路でヘビーライドを企てたのです。



「今日もやっちゃうか!今日は南河内SL〜水越峠〜現場にしよう!」



このコースで行くと60kmは確実です。


「ちょっと前は、勤トレなんて信じられへんかったのにな。自分で言うのも何やけど、大したもんやと思う」


そんな事を思いながら、おやじ転車は自転車を走らせます。


さすがに、昨日のヘビーライドからの今日なので、脚は常にジンジン感がありました。
当然、スピードも乗りません。


小鳥たちのさえずりが唯一の救いでした。



2016-04-09-08-20-23

地に生えてる草たちは青々と茂り、春満開の様相を手がけています。


「いつ来ても良い道やなぁ」



筋肉痛は残っているものの、自然と笑みがこぼれニコニコしながら進むおやじ転車でした。



2016-04-09-08-21-09

シーズンを通してこのルートを走っていただけに、季節の変化をしみじみと感じます。



そして、柏原グレープが見えてきました。
2016-04-09-08-27-15


「ごめんよ、今日は君じゃないんだ」


決まりすぎた・・。



そう言い残し石川沿いへと向かいます。


そして、菜の花に包まれた細い直線に差し掛かった時、

小鳥たちのさえずりが、それはそれはとてもよく聴こえてきました。


「まるでメロディーのようだ・・」


そう思いながら一定のケイデンスで走っていると


「チェーンの回転する音がまるでリズムやな・・」


Uuu〜♪ 


小鳥のさえずりとチェーンの回転のリズムで、自然と口ずさみ出します。



そしてそれは、やがて歌詞も付け足されていきました。


「勤トレの歌」
作詞・作曲:おやじ転車  
演奏:小鳥たちとケイデンズ



Uuuu〜♪

勤・勤・勤トレ〜♪ 今日はサイクルロードで勝負さ〜♪

それでも柏原グレープ食べない〜♪


「悲しいけど、俺、水越なのよね」


ダダダダダッ


OH!許しておくれよ柏原グレープ〜♪

OH!次回は必ずTTするから〜♪



(間奏)



勤・勤・勤トレ〜♪ 今から水越びみょーにしんどい〜♪

無理せず滝畑しとけば良かった〜♪



「調子はどうだい? ルーキークライマー」



ダダダダダッ


OH!滝畑・水越・千早に鍋谷〜♪

OH!オイラはいつでも頂上ゴールさ〜♪




「決まった・・決まりすぎたぜ」



おやじ転車、この歌が石川のサイクルロードに響くよう、誰もいないのを確認して、大きな声でもう一度繰り返しました。


「すっきりした!


この歌のおかげで、少しびみょーだった水越峠にしっかりと足を向ける事が出来たのでした。


2016-04-09-14-56-19

しかし、くっだらねーww



〜水越峠編へと続きます〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


おやじ転車です。


勤トレで使用している、プリマちゃんのフロント・チェーンリングの歯が痩せて「山」も低くなってきたので、チェーンとの噛み合わせが上手くいかなくなっていました。

2016-04-07-10-20-12

2016-04-07-10-20-34

アウター・インナーともです。
そこで、行きつけのショップに診ていただき、両方とも交換する事になりました。
僕は、本格な整備については、信用出来るプロの方に全てお任せする派です。
安心を買いたいので、信用出来る方であれば、整備についてのお金も基本的に高くても構いません。

プリマちゃん、2008年に購入して、チェーンリングは一度も交換していませんでした。
どんくらい乗ったかはハッキリしませんが、2万〜3万キロは走っていると思います。

さすがに、そんだけ乗ってるとこんな風になっちゃうんですね。

しばらくはDOCK入りです。


なので、その間の勤トレ号はCAAD12です。
ホイールがWH9000-C24なので贅沢すぎますw


先日の「4月始動記念100km通勤ライド」に引き続き、今日も朝の仕事の入りがいつもより1時間遅いので、


「今日も、往路だけヘビーな感じにするか」



と、いつもより厳しいコースを考えます。


「そや!久々に槇尾山なんてどや?」

「そやな、あそこはトレーニングコースとしては最適やしな」

「やろ?で、槇尾山からの滝畑っていうなw」

「マジかよw それ、まぁまぁやんww」

「じゃあそれで決まりやな!」

「そやな!それで行こや!!」



早朝5時30分、おやじ転車劇場で幕は開けました。



ルートはこんな感じです。

BlogPaint



それでは、まずは槇尾山と滝畑の写真をご覧下さいませ。




2016-04-08-08-27-26
槇尾山の自転車でのゴール地点です。
なんか神々しい写真が撮れました。


2016-04-08-08-33-46
後の滝畑と比較してみましょう。







2016-04-08-08-36-36
槇尾山コースでは、この景色が結構好きです。



続いて滝畑です。




2016-04-08-09-11-05
夕月橋から撮りました。



image
いつもの風景とは違う視点です。



2016-04-08-09-16-57
槇尾山と一緒でした。




如何でしたでしょうか?
では、今日の本題へと入っていきたいと思います。

坂道を登っている時、実は体力はまだ残っているにも関わらず気持ち的にタレてしまって、その状態で走ってしまう事ってありませんか?

今日の僕がまさにそんな感じでした。

そんな時って、皆さんどうされてます?
タレたまま走ってますでしょうか?


僕は、このタレ方についてはちょっとしたコツを使って、ペースを回復し走っています。
ただし、あくまで体力が残っていたらでの話です。


それは、登っている途中、


「あ、あかん、いまいち登る気が起こらん・・ペースが落ちてくる」


まさにそんな時です。


まずはそっと目を瞑ります(危ない


そして、自分の憧れている選手がライドしている時の後ろ姿を想像します(要はその方を追いかけるシーンをイメージする

これは、夢のような存在の選手より、できるだけ存在が近く速い方がベターかと思われます。


目を瞑ったまま(だから危ない


「俺もこんな風に登ってみたい!!」


と強く念じます。


するとあら不思議!サイコンを見てみると、スピードとケイデンスが少しづつ上がっていってるではありませんか!!


しかも、登り方がその時だけその憧れの方のような登り方になっていると気づきます。(実際はそうでもない


そして、そのまま上がったスピードを再び維持していくといった具合です。


一度お試しになっては如何でしょうか。
何度も言いますが、気持ちだけが少しタレて、体力はまだ残っている状態に限ります(限定感満載w)


今日は、そんなタレてしまう前のコツを書いてみました。



注意:効果は人によりますw



最後までお読み下さり、ありがとうございました。


勤トレ@槇尾山・滝畑ダブルス ライド
63.7 km

今月の走行距離
166.1 km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


おやじ転車です。


前回の、往路:光滝編の続きです。


仕事が比較的早く終業したので、


「早く終わったな。帰りはどうしようか?」

「往路で46km稼いだから、せっかくやし復路で54kmは稼いで、4月勤トレ始めました記念として100kmは行きたいな。」

「となると、コース的には・・」
 

「鍋谷か・・」


「キ、キツいなww」



距離を稼ぐだけなのに、無意識に山岳を含めてしまうおやじ転車でした。



「早朝でも大概あかんタレやったのに、今から鍋谷て、相当タレそうな気がするw」

「でも、行くと決めたからには、最低でも平均くん以上を目指そう」



仕事が終わった後の勤トレは、朝の勤トレより何かと堪えるパターンが多いので、鍋谷の麓に到着するまでの間に諦めてしまわないようtwitterで呟き、自分の逃げ道を断ちます。


image


「鍋谷登ったら勤トレ往復100km越え出来る。なんせ登ろう!」

どうしても山岳を含めたいようです。


2016-04-06-17-05-45


「よし登るか」


一応、タイム計測しながら、登り始めました。
案の定、ペースは上がりませんでしたが、朝の勤トレと同じく、上がらないながらもペースだけは落とさないように登っていきます。


「しんどいけど、これ、勤トレなのよね」


どっかで聞いたセリフを呟きながら、そしてハァハァ言いながら登っていき、


2016-04-06-17-33-55


ゴールです。


タイム24分40秒


まぁ仕事帰りならこんなもんか。

帰ってからヒルクライムTTで確認してみましたが、平均くんは24分43秒でしたw


「あっぶねww なんか平均くん速くなってないかw」


記憶では確か25分台だったので、思わず焦ったおやじ転車でした。


「さ、帰ろう」


暗くなってきたので、早々に鍋谷を切り上げます。

「おっと、気温計気温計」

2016-04-06-17-35-59

グローブなしで登りました。


「よし、これで確実に100km越えが確定したぞ。よかったよかった。」


登らなくても100km越えは出来るってことを、この時点でもまだ分かっていませんw


気持ちよく下っていきます。

そして、時折現れる春のシーンをパチリしながら

2016-04-06-17-51-34

2016-04-06-23-00-11

麓も過ぎ外環状R170へと向かうのでした。


そして、往路とは反対側の南楽園の坂に差し掛かった時、前方にローディーさんが走ってました。
 

「お!ローディーさんや!」
 

追いついてみようと脚に力を入れた時、それは突然やってきました。
 

「あら?なんか力入らへんぞ」
 

と思ったら、今度は急激に腹が減った感覚になり、寒気すらも襲ってきたのです。
 

「どゆことしょゆことどゆこと?」 
 
 
あまりの突然さに、おやじ転車はパニクりました。
 

「どゆことしょゆことどゆこと?」
 

2回繰り返しましたw

何より、寒気がほんとに驚きました。


「これ、ひょっとしてハンガーノックか??」

「だとしたら身近すぎるやろww」



しかし、今にして思えば、昼ごはんも軽めだった上に、特に補給も取らない状態で夕方からの鍋谷は、可能性はゼロではない気がしました。


「でも、とりあえず前のローディーさんには追いつこう」


必死で登るけど、力が全然入りません。
調子の良い時は時速20km以上で登っているこの坂を、時速10kmという屈辱のスピードで登って行きました。

やがてローディーさんには追いつきましたが、僕も必死だったので軽く会釈を交わしただけで降りに入りました。

降りでは、ほぼノーペダルでした。


「あかん、全然漕ぐ気が起こらん」

「そして、めっちゃ腹減った・・」



おやじ転車の頭の中には、もうちょっと先にあるコンビニの事しかありませんでした。


「あと少しでコンビニや」

「菓子パン菓子パン」

「菓子パン菓子パン」


菓子パンが幻覚のように目の周りをグルグル回ってますw←おやじ転車は菓子パンが大好き


「菓子パン菓子パン」


気づいたらほんとに呟いてましたw


そして、お目当てのコンビニに到着し、一目散に菓子パンコーナーへと向かいます。
もうそれしか見えてなかったので、周囲から変な目線を感じましたが、さすがに今回は人の目が気になりませんでしたw


とりあえず菓子パン一つを取り、ドリンクも入っていなかったので、


「あ、飲み物飲み物」


と、無意識に豆乳を掴んでいましたw(普段よく買う)


コンビニを出て、無造作に菓子パンの袋を破きます←イメージとしては、無人島で初めて食料にありつけた時の感じ


2016-04-06-18-27-10

今回はホイップサンドをチョイスしました。


モグモグムシャムシャ


コンビニで菓子パンを貪り食う46歳。
想像しただけで照れちゃいます。



「やっぱ菓子パンやね、うん」


モグモグムシャムシャ


「喉通りにくいな、豆乳豆乳っと」


おやじ転車、豆乳をグッといきます。


「あ、あかん、全然喉通らへんwww」


豆乳は大失敗でした。


ライド後の豆乳、喉も通らない上に、清涼感ゼロですごく不味いww

「なんでこれを選んだんやw」


しかし、背に腹は変えれません。
後10kmほど走らないといけないので、少しでも何かしら腹に入れておかなければと思い、渾身の力を込めて豆乳をチューチューしました。


「ゲロゲロw」

「喉、渇きっぱなしかよw」


おやじ転車はブツブツ言いながらコンビニを後にしました。



そして残りの10km、口の中に豆乳のほのかな香りを残したまま、無事帰宅する事が出来ましたとさ。



~おしまい~



今日の教訓

ヒルクライムと豆乳は合わない



みなさんもご一緒に

ヒルクライムと豆乳は合わない



ありがとうございました。




このシリーズも最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。


4月の勤トレ始動ライド
102.4km

今月の走行距離
102.4km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


4月に入ってからというもの、今日という日まで自転車に乗れていませんでした。
そして今日、ようやく勤トレを行う事が出来ました。

危なかったです。このまま行けば確実に堕落への一途を辿ってしまうとこでした。



早朝5時30分に起床し、弁当を詰め、大量の朝飯を摂り、


「よっしゃ行くか」


4月の勤トレ始動です。


まず往路です。
往路は、滝畑ダムの成れの果て、光滝経由で仕事場へと向かいました。



こんな感じです。
BlogPaint

今回の往路の距離は46km、通勤の往路としてはそこそこ稼げてる距離です。
久々の勤トレだったので、


「5日ぶりやのに、こんな距離とか、こんな登りとか、あかんタレにならへんかな? 大丈夫かな?」


一抹の不安を抱えつつも、おやじ転車は走り出しました。



すると、平坦区間では意外にも脚は回っていたので、


「これマジいけるやん!!これやったら、登りも普通に登れそうや。さすが俺!」


笑みがこぼれます。


そして最初の坂、南楽園の坂で早々にあかんタレを発動しましたw


「ハァハァ・・ど、どこがいけんねん、全然あかんやないかw」


やっぱり、5日間のブランクはあるもんですね。
なんやろ、心肺はまだマシで、身体がアカン感じでした。


早速のあかんタレで、もうここからは無理して速度を上げようとせず、アカンなりのスピードをできるだけキープしつつ、丁寧なペダリングを意識して進む事にしました。
スピードの拘りは今回キャンセルです。


やがて関西サイクルの坂に入り、ここでも当然ハァハァで登ります。



「こないだの地獄ライドで登った時の勢いが全くないなw」

「このギャップが素敵すぎるww」



おやじ転車、逆にニヤニヤしながら登りました。

そして滝畑に入り、その先の光滝へと向かいます。


「やっぱ自転車っていいよな」

「一人は一人ですごく楽しいわ」




滝畑通りの桜並木を眺めながら、おやじ転車はそう思いました。


気持ち良すぎます。


途中、良い風景を発見しました。パチリ。

2016-04-06-07-54-31

自転車の醍醐味の一つですね。



「朝からこんなにも楽しくていいのだろうか」




光滝のキャンプ場に到着しました。
2016-04-06-07-50-07

「よし、こっから現場までは下り基調。爽快に走ろう!」



気持ちよく自転車は進み、途中、これいいなと思ったとこでパチリをしながら


2016-04-06-07-57-14


自転車は進みます。


やがて気温計に到着し、

2016-04-06-08-01-18

「汗ばむ早朝となってきたな」と呟きながら、裏道へと入って行きました。



そして、その裏道の道中、いつも気になっている箇所がありました。
これです。

BlogPaint




拡大してみましょう。

image

「ここまでどうやって行くねん!てか、大雨台風来たらヤバくないか!w」って書こうと思ったら


なんか変なん写ってるやないかwww



BlogPaint

なんやねんコレw



拡大してみましょう。

image

もう一度言います。



なんやねんコレwww



おやじ転車、人生初のフライング・ヒューマノイドを激写したのかもしれません(びみょー



この写真を撮った時は特に気にはならなかったのですが・・。

果たして、これは何なのでしょうか。


そんな往路の光滝ライドでした。



ただ今、復路編を執筆中です。

今しばらくお待ち下さい。


ありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


おやじ転車です。


今日は4日ぶりのライドでした。
雨とか雨とか飲み会とか、そんな理由でした。
4日も空くと、坂道を登る感覚を忘れてないか、とても不安になります。


しかし、実際に走ってみると意外とそうでもないので、



「やっぱ、よく走っているだけあるよな。継続は力なりとはよく言ったもんや」



と思いながら、南楽園の坂をハァハァ言うてましたw


そして南楽園の坂を過ぎ、ふと、



「登りって、もっと尻を意識した方がいいんかな? 太ももが脱力するくらいに意識した方がいいんかな?」



僕は勤トレの時、特に登りについては、あーでもないこーでもないと考えながら登る事が多く、そしてそれが習慣になって、最近ふとした時にでも、登り方について思い浮かぶ事が多くなってきました。

今日もそのパターンでした。

で、思った事は早速試してみます。

天野山カントリークラブ(ストラバではメモリアル峠)の坂を、とにかく尻に集中し、太ももは極端なくらいに力を抜いて登ってみました。(と言っても、パワーは入れていると思う)


「お、これは太ももの乳酸が少ない気がするな。でも、ブレるな」


この登り方は、以前に何度もやった事あるのですが、今回はさらに太ももを脱力し、尻に力入れてみると、スピードはあまり変わらず、比較的楽に登れる感じがしました。


そして、それをすると腰まわりが何だかブレるので、もっと腹圧を意識してみました。



安定した気がします。いい感じでした。なんだか久しぶりの収穫です。


そのまま関西サイクルの坂へと入り、同じような要領で登ってみると、


「おぉ・・なんかいける感じがする」


坂がキツくなっても、太ももが楽な感じの印象は変わりませんでした。


「これ、明日にでも本格的な峠で試してみたいな」


と、思うくらいの登り方でした。


まぁでも、そんな事を繰り返しながら現在に至っているので、そんなに期待は出来ませんが、効果はもっと試してみないと分かんないし、しばらく続けてみようかななんて思ってる次第です。


滝畑のトンネルをくぐり、いつものダムを眺めます。

2016-03-21-07-54-53
なんか久しぶり


そして、そんな滝畑ダムもひっそりと春を迎えているようです
2016-03-21-07-56-20





2016-03-21-07-56-53
真ん中がピンボケっていうねw



2016-03-21-07-58-39
で、5℃と。


確実に春が来てますね。


そして、今日は現場から会社のある難波までルートと、難波から自宅ルートという、なんとも小刻みな勤トレ(略して小勤)となりました。


走行距離は、合計すると通勤としてはそこそこの距離でした。


自宅へと向かう道中、新しくできたイオンの側を通ると、

2016-03-21-23-09-39

そこだけクリスマスチックでしたw



今日は、登りについてひょっとしたら収穫があったかもしれない小勤でした。


明日(3/22)、100太郎さんと一緒に、柏原グレープで今日の登りを試してみます。

100太郎さん、快く引き受けて下さりありがとうございました^^




今日も最後までお読み下さり、ありがとうございました。

今日のライド
勤トレ滝畑と会社 77.6km

今月の走行距離
716km





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


このページのトップヘ