GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

カテゴリ: ライド

おやじ転車です



昨日(5/23)、予定どーり大台ケ原へ行って来ました。


超絶楽しかったです。


おやじ転車のロングは、グルメもなけりゃ写真パチパチもあまりないけど、自転車に乗る事が大好きだからいつも楽しいです。


そして今回の大台ケ原ロング、当ブログで参加者を募ってみたものの、平日な事もあってか中々オッケーコメントを頂けませんでしたが、実はコッソリとmasabowさんが参加表明をして下さっていました。(白目

しかし、ご都合でその参加が叶わなくなり、



「ホッとしたような残念なような複雑な気分やな」

「よし、今回もソロで行くか、、」



と、ソロの覚悟をソロだけにそろそろ決めようとしていた時でした。


「ん?LINEメッセージがきてるぞ」


masabowさんからでした。


「なんやろ?」


その内容を見たおやじ転車、思わず顔が引きつりワナワナと手が震え、持っていたIphoneを床にバッタと落としてしまいました。


その時の様子がこちらです。

33


おやじ転車の頭は見事に禿げ上がりました。


何故なら、うめぴょんはおやじ転車の子どもよりも若く、もはや息子と言っても過言ではないレヴェル、そして何と言っても、伊吹山ヒルクライムレースの年代別チャンプ!


そんな圧倒的な速さを持ち合わせた、しかも自分の子どもよりも若い子と二人っきり、、、。



「どんなライドになるのか展開が全く読めんぞww」


おやじ転車はその夜ドキドキしすぎてあまり寝れませんでした。

そして翌朝、待ち合わせの滝谷セブンイレブンへ向かいます。


「俺みたいなん相手に、ほんまに来てくれるんかな? あ、そうかmasabowさんのドッキリかw」

「そやな、きっとそや。うん、そやそや。そやで。そうそうそやそや。」


と呪文のように「そや」を繰り返しながらセブンイレブンに到着すると、


2017-05-23-05-51-25

お、おるwww


「おはようございます!来ました!」


爽やかでした。

セブンイレブンに到着するまで不安の塊だったおやじ転車、この爽やかな第一声でその不安は爽やかに消えました。

「うん、白目以外はなんか大丈夫な気がして来たぞ」

そして、しばし談笑し、

「さ、ぼちぼち行きますか! もう誰も来ーひんやろ」

「ですよね、行きましょう!」

自転車に跨り、出発しようとしたその時でした。

「あれ?一人ローディーが来たで?」


2017-05-23-06-00-20

「おはようございます」

「え?」

「ブログを読んでやって来ました、Nと言います」

「え?」

えーーーー!!!

マジでーーーー!!!!!


なんとNさんは、僕のブログを読んで下さり、一度会って見たいと言う事で、わざわざ来てくれはったのです!

軽いパニックになったおやじ転車、

「これドッキリちゃうんかw」

「いや、実際ドッキリしたからドッキリやな!」


もはや、心の中ではプラカードが全てを占有していました。

1f55fcc80eb9e8765a1894d334459c73-e1423619680604



そして、うめぴょんの方に目をやると、なんかワクワクしてるしw

とりあえず、Nさんの脚力など確認して、パニック状態が収まらないまま、

「じゃあ早速行きましょ行きましょ!!」

と、ある意味Nさんの有無を言わさず的な感じで、そのままの流れで出発してしまいました。


そんなNさんは、後にこう仰っています。

「初対面だし不安が多いので、本当はご挨拶だけして帰ろうと思っていたんですw」

とwww


最速の男・うめぴょん、勢いだけの男・おやじ転車、初めましてだらけの男・Nさん


この3人が繰り広げる大台ケ原ランデブー

果たしてどんな結末を迎えるのでしょうかw




〜つづく〜
(出来るだけがんがりますw)




読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 

おやじ転車です


さて、明日はいよいよ大台ケ原アタック(自走でやけど)です。
で、その集合場所と時間を、


富田林の滝谷不動セブンイレブンに6時30分


としていましたが、大台ケ原HCコースの一部に、時間通行止めの規制がかかっているようです。

38

この感じですと、10:40にアタック開始で通行止めの時間帯は回避されると思うので、集合時間を少し早めて、


6時30分→6時に変更します。


30分早くなりますが、よろしくお願いします。


・・・。


て、今でも参加者はゼロですけどもww


なので、これはまだ見ぬドッキリを仕掛けようとして下さる方へのご案内です。


この変更案内がなければ、ドッキリを企てている方は6時30分に来て、


バーン!!!
1f55fcc80eb9e8765a1894d334459c73-e1423619680604

って出した後、



「あれ?」


ってなりますもんねw


早朝のコンビニで出してしまったプラカード、引っ込めるタイミングを完全に見失うと思うんです(棒立



これは後々、その方との関係がビョーな感じになると思うので、ドッキリの可能性がゼロではない限り、案内変更の記事はちゃんと書かせて頂かないとあきません。

それでは繰り返します。

ドッキリをお考えのあなたさま!

そう、あなたさまです!!

集合時間は6時30分ではなく、6時です!!!

おやじ転車は、6時に滝谷不動のセブンイレブンにいてますので、そこんとこよろしくお願いします!



それでは意味はないけどご一緒に!!


ジークジオン( ̄Д ̄)ノ!!!


ジークジオン( ̄Д ̄)ノ( ̄Д ̄)ノ!!




皆さま、切実にお待ちしております(ぺこり





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


おやじ転車には、自転車に関しての「今年の目標」ってやつが幾つかあります。

その目標とは、気になっているヒルクライムコースにそれぞれ「何分切り」という設定をして、それを破る事です。

しかし、自分的にはどのコースもタイム設定のハードルがかなり高いため、本番と定めている秋に向け、その現状確認として今日は目標コースの一つである「ぶどう坂tt」に行って来ました。


ぶどう坂は、STRAVAセグメントでもチャレンジ人数が非常に多い、関西圏では最もポピュラーなヒルクライムコースの一つです。
最近では、KINAN Cycling Teamの山本元喜選手がタイムアタックされた事でも有名ですね。


コースプロフィールは、こんな感じです。
58

距離:3.7km 標高差:281m 平均勾配:7%


しんどいけど、距離が短いので早く終わるコースです。


そんなぶどう坂をttしてきたおやじ転車、ではその様子を振り返ってみましょう。



「さて、出発の準備に取り掛かるか」

おやじ転車、その緊張の中、FRATジャージを身にまとい独り言をブツブツ呟きながら着替えます。


「新しい靴下、、」
2017-05-16-12-33-15


「新しいクリート、、」
2017-05-16-12-33-39





そして、何より会社の後輩が

『パイセン!この俺のサドル、、ずっと使って下さい!!』

と言ったと思われるスペシャのローミン・エボ

image
(借りぱち上等)


「こんだけの新しい変化、、、もう何も怖いものはない」

「あとは、おはよう朝日の占いを見て、さらに士気を高めよう」


ゲン担ぎとっても大事なおやじ転車、士気を高めると言いつつもドキドキしながら星占いランキングを凝視します。

2017-05-16-07-57-28




「・・・。」



士気の下がったおやじ転車は、そっと玄関を後にしました。



占いの事を終始気にしながら大和川沿いを走り、ぶどう坂ttのスタート地点に到着です。



「現在の俺のタイムは13分43秒。秋の本番では13分切り。」

「今日のタイムが、果たして先につながるか」

「よし、行こう。ほるあさえしなければ、今の俺ならとりあえずの更新は出来るはず!」



いざ勝負!!!


チュロリ♪(ガーミンのラップ音)



ほるああぁぁぁーーーー!!!!!


おやじ転車、星占いランキング12位を頭から払拭しようと、いきなりほるあを発動してしまいました。



「あかんあかん!!あかんて!」


しかし、ここは流石に同じ過ちは繰り返しません。
直ぐに冷静さを取り戻し、ペースを落とし、後半に続くにつれ徐々にペースを上げていき、そして最後まで力を抜かずゴールしました。



結果

34


22秒更新しました。


しかし、秋に13分切りの事を思うと、決して喜べるタイムではありません。


「秋までにもっと練習するしかないな。がんばろ」


そして、帰宅までにまだ少し時間があったので、のどか村周回コースをノンストップで2周し、今日の練習を終え休憩をしていた時の事でした。


2017-05-16-10-27-38



「こんにちは!」


と、声がしたので、その方向に目をやると、

「あ!うめぴょん!!」

そう、今、ノリに乗ってる若手クライマーのうめぴょんことうめぴょんでした(名前を知らないw)

うめぴょんとしばらく談笑し、


「めっちゃ速いのに、謙虚で好青年やな」


と、おやじ転車は思ったのでした。

ちなみに、うめぴょんはこの日十三峠を15分30秒、その後ぶどう坂を2本登って、2本とも13分フラットでした(すげーーーww)

その話を聞いたおやじ転車、全く勝負にならないのに何故だか悔しさを覚えましたが、口に出すと大人気ない&失笑されるパターンになるので、そこはグッと堪えました。

最後に「一緒に写真撮ってもらえますか?」とミーハー心をさらけ出し、パチリと一枚。

BlogPaint

良い写真を撮らせて頂きました。


うめぴょん、ありがとう。
今度遊んでね。



うめぴょんと別れ、ぶどう坂を下りその途中にあるいつもの看板に目をやりました。


2017-05-16-11-31-21

「柏原ぶどう、、、か」

「ん?」


BlogPaint

「ありがとう、柏原ぶどう」


柏原ぶどうはおやじ転車を応援してくれていました。


「秋までに、必ずや秋までに!」


おやじ転車は、そう心に誓いぶどう坂を下り大和川を駆け抜けて行くのでした。



再来週は、いよいよ十三峠の現状確認です。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


昨日行った「紀ノ川広域農道往復tt」、案の定ダメージが深く、仕事仲間から

「えらい疲れてそうですけど、大丈夫ですか?」

と声を掛けられ、

「あ、あぁ、、大丈夫だ、、心配ない、、」

と、ドラマによくある病気を隠している主人公のようなセリフで、何とかその場を切り抜けました。



今日の記事は、今回のttは一体何がいけなかったのか?を振り返り検証したいと思います。

ただ、振り返って検証すると言っても、パワーメーターとか持ってる訳でもないし、細かい事苦手だし、まぁ感覚で綴っていきます。


あ、大前提として、今回負けたのは単に走力不足です。
それは練習で補うとして、振り返りたいのはその走り方です。


それでは早速。

このttは往復のttですので、まず往路のタイムを見てみましょう。

BlogPaint


往路では、おやじ転車が、やまちゃんより4分50秒先行しています。



そして、復路(ただし復路のセグメントは、広域農道往復ttの復路より約5km短い)

BlogPaint

今度は、やまちゃんが、おやじ転車より4分2秒先行しています。


つまり、残り約5km地点で、


おやじ転車 2時間2分3秒

やまちゃん 2時間2分52秒


だったのが、最終的には


23


となった訳です(大泣


つまり、やまちゃんは、残りの約5kmで1分6秒も縮める事が出来たんか??!!!

すごすぎやろww


で、注目すべきはそのアベレージです。


おやじ転車 往路 31.6km/h 復路 26.8km/h  トータル 29.1km/h

やまちゃん 往路 29.3km/h 復路 28.7km/h トータル 29.2km/h


おやじ転車、復路でタレまくりちょんバレw


それに比べて、やまちゃんの方が往路・復路とも安定したアベレージで走ってますね。
おやじ転車は、なんかもう感情のままに走ってるのが数値でみてもハッキリわかりますw


たぶんこれが主な敗因なんですよねぇ(いや確実


自分の中でも、この事は頭では理解していて、実際往路は「できるだけ抑えてマイペースで走ろう」を心がけ、特に登りはいつもより力を抜いて登っていたつもりでした。

しかし、僕の中でこの往路のタイムは、明らかにオーバーペースです。
なぜそうなったか?
それは、おそらくアベレージをできるだけ貯金したかったのだと思います。
復路である程度タレても貯金でアベレージ持たす、そういう意識が勝手に働いていたのだと思います。

思い返せば、「抑えて」を意識していたつもりでも、往路の心拍は降り以外はほぼ90%でした。


心拍ゾーンの結果を見てみましょう。

03


そらアベレージ貯金なんて湯水のように使い果たすわw



もう、復路ではガチャガチャでした。
自転車と自分の体が上手くかみ合わず、踏んでも踏んでもスピードは乗りませんでした。
そして、みるみる下がっていくアベレージ。
それを少しでも上げていこうとすると、さらに力みが増して見事なまでの悪循環。

これじゃぁダメです。
話になりません。


やまちゃんは、きっとそんな事はなかったはず。
やまちゃんのアベレージと心拍を見てみると、最後までペース管理が出来てた事は容易に想像がつきます。

往路でペースを抑えて走ると「抑えて走ったのに、復路でもしもタレてしまったらどうしよう」という不安が先走って、その結果無意識にペースを上げてしまったのだと思います。

これは、自分に自信がない証拠です。



次回のリベンジまでには「前半そこそこ速いペースで、後半はもっと速いから知らんで」くらいの実力をつけて挑みたいものです。



がんばろ。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です


今回のタイトル、日本語に訳すと


「紀ノ川広域農道で白目」


となるはずです。

今日は、しばらくTTする予定のなかったコース「紀ノ川広域農道往復 」に行って来ました。


その理由は、自転車仲間のやまちゃんさんが、

2017-05-11-19-00-27

と、自転車仲間のトプローさんと、僕おやじ転車の記録を圧倒的な差で抜き、それをドヤ顔ツイートされていたので、これはもう行かざるを得ません。


その圧倒的な差とは、どんなものだったのでしょう。


あっと、その前に「紀ノ川広域農道往復」のコースプロフィールですね。

35

以前の記事にも載せた事がありますが、こんな感じです。

距離65km、高度上昇量が約1,300m

まぁはっきり言って、僕的にはかなり、いやほんとかなりキツイコースです。
アップダウンの雨あられ、とにかくひたすらアップダウンです。
その勾配も、決して緩い勾配ではなく、

2017-05-11-10-27-54

こんな感じの勾配が常に続きます。(特に後半)

そして、その圧倒的な差と言いますと、


やまちゃんさん 2時間13分40秒

トプローさん 2時間20分52秒

おやじ転車 2時間23分43秒


こんな感じでした。

トプローさんで約7分差、おやじ転車に至っては10分も差がありますw

ただ、おやじ転車の場合、ここまで自走で40kmほど漕いで来た後の記録でしたので、それがせめてもの救いでした。



「にしても10分差てw サラ脚で走って、この差って埋まるんやろかw」


そんな不安を抱えながら、おやじ転車、今回は言い訳できない車載モードです。

2017-05-11-08-38-44


「和歌山まで車載で行く事になるなんて、、。なんたる屈辱」


自走が基本のおやじ転車、たかだか現地まで40kmほどの距離を車載で行く事に、その悔しさを覚えます。


「なんか車やと時間かかるな。自転車で行く方がよっぽど早いのに、、」


そんな事ある訳ないのに、頭が完全に自転車脳になってるようです。



紀見峠を経由し、改めてコースを確認しながら車を走らせます。

2017-05-11-10-23-46


「相変わらずエグイでしかしw」


やがてスタート地点である根来寺に到着しました。
無料駐車場に車を止め、スタンバイをし緊張のスタートです。


「さぁ行くか」


チュロリッ♪(ガーミンのラップ音)



ほるあぁぁぁーーーーーー!!!!!



結果
2017-05-11-13-19-30

負けました。(17秒差ww)


帰りの車では、生きる屍状態で運転してました(危ない


「まだまだ甘いわ俺」


そうポツンと呟き、そっと涙を拭うおやじ転車でした。




次回、実際どんな走りだったのかを思い返したいと思います。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このページのトップヘ