GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

カテゴリ: 和泉葛城山

おやじ転車です。


 7葛・夏の陣 〜俺たちの天国〜
この記事から、本編のスタートです。

今回の7葛、前回と比べて「ほるあぁ」度は少なかったように思います。
それは、一応、呼び掛けの張本人なので、全体を分かっておかなければならなかったのと、体調が正直なところ万全ではなかったので、も一つ力が入らなかったというのが理由です。


しかし、要所要所では燃えましたけどもw


そんな中、トプローさんは、僕が「当日、家の事情で車があかんかったら自走して8葛する」という話を聞いて、それに付き合ってやろうという事で、集合前に既に1本(塔原)を登っておられましたw

少なくとも、トプローさんの体調はバッチリなようですw


そんな中での1本目、粉河ルートを下ります。

1本目の応援に駆けつけて下さったのは


ZOOMさん


ZOOMさんは、僕の記事にコメントを下さっていて、ストラバでもお世話になっている方です。

僕は、ZOOMさんの状態の経緯を少し知っていたので、ストラバでそのライドの様子をずっと見ていました。
ほとんど、ローラーでの復帰トレーニングでしたが、今回応援に駆けつけて下さるほどに回復されたようで、本当に良かったです。
そして、その走りもしっかりされていたのでホッとしました。


ZOOMさん、ありがとうございました。
次回の機会がありましたら、一緒に走りましょう!





1本目の粉河を先頭で降っている時、たまに後ろを振り返ります。


「おぉ、すごい人数ww」


おやじ転車は感無量でした。
思えばこの葛城山ライド、ずーっと一人でした。
葛城山で知り合い、仲良くして下さってる方々は、山頂や道中で偶然お会いした時に、ご一緒してもらうくらいでした。

それが、今はこうやって長い隊列を組んで降って行く。


このような事は、ほんの1年ほど前までには想像すらつかなかった事です。




「まだ始まったばかりやけど、みんな楽しんでくれてるかな?」



そんな事を考えながら、長い長い粉河を降って行きます。


そして、ようやくスタート地点に到着です。

2016-07-05-07-10-54

みんなに


「どうでした?粉河」


と聞くと、口を揃えて


「長いww」


でしたw


そう、粉河は葛城山7ルートの中でも一番長く、距離にすると12km弱あります。
斜度はそれほどですが、距離が長いので脚が疲れる後半にこのコースをもって来るよりも、脚のある最初にもってきて、アップがてらに登った方がまだ楽かなという判断です。


スタート地点にて、皆さん思い思いに談笑してる中、おやじ転車は、


『この最初の登りで、皆さんの走力を確認しておこう』


『特に乗り気さんは要注意やなw 場合によっては制止せなあかん』


なんで制止せなあかんのかよく分かりませんが、とにかくヤバい匂いがプンプンでしたw


「さ、そろそろ出発しましょか!」


そう言って、皆さんを促しますが「最初は誰行くねん」的な空気が充満し、なかなかスタートが切れなかったので、とりあえずおやじ転車が一番にスタートです。


そして、後ろからクリートの音がパチンパチン聞こえてきて、皆さんも走り出したようです。


「さぁ、スタートや。どんな感じになるか?、、か??」



バビューーーーン!!!!



乗り気さん、いきなりなりきり乗りKINGの発動ですww



ちょ待てよwww



何故かキムタク風になるおやじ転車w



「なんちゅーペースで進むねんw」

「これ、俺的にTTペースやぞいww」


追いかけなくていいのに、慌てて追いかけるおやじ転車、何とか追い付き少しの間後ろに付いて走ります。

「やっぱすげーわw」

「クライマーというより、レベルの高いオールラウンダーやな」


「俺はレベルの低いオールラウンダー、おや・ジ・転車やけどなwププッww」


一応、しょーもない事を考えて笑うおやじ転車でしたが、その笑顔は引きつってましたw


いきなりなりきり乗りKINGは、スピードを緩めるどころか、ぐんぐん進んでいきます。

そして、僕に


「緩斜面では飛ばしておかないとですね!ははっ!」


必死な形相のおやじ転車、



「ちきしょー、爽やかな顔して言いやがってww」



余裕な表情のいきなりなりきり乗りKING、このスピードが彼にとってのアップなのかもしれませんw



「あかん、こんなペースじゃ7葛なんて絶対無理!ついて行くのやめようw」


「しかし、千切れていくのカッコ悪いよな。なんか理由つけて『まだまだいけるけど、仕方なく』的な感じに出来ひんかなw」



こんなセコイ考えが、おやじ転車の成長を阻んでいる気がしますw


『そや、乗りKINGについて行ったら、みんなの動画が撮れなくなるからって事にしとこう』


おやじ転車、冷静な顔を装いながら、若干呼吸を無理して止めながら、


「乗り気さん、このまま行きたいけど、みんなの分の動画を撮らなあかんから、ペース落として待ちますわ。先行っててください」


「あ、了解です!」


ピューっと、乗り気さんは行ってしまいました。


「ふぅ〜、くわばらくわばら」


九死に一生を得たおやじ転車、安堵の表情でみんなを待ちます。


やがて、Zackeyさんがニコニコしながら抜いていき、続いてトプローさん、コーシローさん、YASUさんも僕を抜いて行きます。


「ちょっと、みんなの動画撮ってるんで!」


と言いながら、後ろまで下がり、ハルさん、めうさんZOOMさん、リッツさんと動画を撮っていきます。


「よし、これで一通り撮り終えた。元気なうちの最初だけやろな、こうやって撮れるのw」

「でもこれで、だいたいの走力がわかったぞ。たぶん7葛が終わるまで、こんな感じやろな」

「俺は、どのあたりの位置で走れるやろう。少なくとも乗りKINGの位置でない事は確かやなw」


そして、みんなそれぞれマイペースでゴールです。

2016-07-05-08-15-18


さすがにまだ1本目という事もあって、みんな余裕の表情でした。


しかし、次は葛城山最凶の中尾ルートです。


みんな、どんな風にバラけていくのでしょうか。


楽しみですw





それでは、最後に乗り気さんから千切れる事を悟られないように(悟られてる)作った動画を貼っておきますので、よろしければご覧下さいませw






次回は中尾編です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。



7月5日(火)、ついにその日はやってきました。


そう、それは僕が今年の目標にあげている「四季の7葛」の中で、最も過酷な戦い(誰と)になるであろう



夏の陣(灼熱なだけに赤で表現)



その火蓋がまさに切られようとしていました。



時刻は5時。



身支度を済ませ外に出てみると、朝日がまるで7葛の成功を導くかのように、僕を照らしてくれていました。


その光を体全身に浴びたおやじ転車、



「俺はこの朝日に誓う!この体燃え尽きようとも7本登り切る事を!!」




2016-07-05-05-12-33




いつも大げさなおやじ転車、今回もどうやら大げさですw



「しかし、この時間でこの暑さか・・」

「マジやばいかもやなww」



若干の不安の残しつつも車に乗り込み、最近よく聴いてる「sim redmond band」の曲をかけながら車を走らせました。

そして、牛滝ルートに入り、その登りを上って行きます。


「車で登ると、ほんとこんな登り道をよく上るよなと思うわ」


自転車ではなく、車で林道を登ると、なんだかヒルクライムの凄さがわかります。


やがて待ち合わせの山頂に着くと、すでに何名かの葛城戦士たちは到着されてました。

BlogPaint


2016-07-05-06-30-28

2016-07-05-06-34-09
ちょww


そして、全員が揃い、恒例の自己紹介とダベリングタイムで、出発予定の6時30分が早くも15分以上押すというw



さてここで、改めてそんな葛城戦士たちのご紹介をさせて頂きます。


・ko460さん 
image




・ハルさん 
2016-07-08-01-11-22
笑顔最高w


・トプローさん 
2016-07-08-01-20-59


・YASUさん 
2016-07-08-01-13-50


・リッツさん 
2016-07-08-01-08-58


・乗り気さん
2016-07-08-01-15-27


・Zackyさん
2016-07-08-01-17-03


・めうさん
2016-07-08-01-21-39


・おやじ転車
2016-07-08-01-19-06



この9名が、今回の葛城戦士となり、、いえ、実はもう一人葛城戦士がいました。




2016-07-06-17-56-34

そう、直前で一緒のライドが叶わなかった、



なおとさん



しかしなおとさんは、なんと前日の7/4にソロで7葛を達成したのです!


BlogPaint
※岸和田ツーリングクラブさまより拝借


凄すぎます。感動です。


そして、なおとさんは、この一枚のメモ用紙に伝言を書き留め、岸和田ツーリングクラブさんの掲示板にそっと貼って行かれたのでした。



戦士たちはこのメモ用紙を見て驚き、そして一気に士気が上がりました。


このメモ用紙は、それぞれの戦士たちの心に深く刻み込まれまた事でしょう(たぶん



なおとさん、粋な演出ありがとう



さぁそろそろ出発の時間です。(めっちゃ押してるけど



「みんさん、準備はいいですか?」



「おー!!」



「では、参りましょう。まずは粉河です」




葛城戦士たちの自転車は、粉河に向けて静かに走り出しました。




〜つづく〜





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。



7/5(火)に、和泉葛城山全7コースを1日で登り切るという、通称「7葛」 を行うのですが、それを一人で登るより、みんなで登る方がバトルワイワイキャッキャッとなって楽しいだろうと言う事で、当ブログにてお声をかけさせて貰ったところ、6/28現在で、応援葛城とマストの方も含めると、何と12名もの方たちが参加を表明してくれました。


これは非常に嬉しい事です。
皆さま、平日にも関わらずお仕事やご家庭などの調整をして頂き、本当にありがとうございます。


そして、まだまだ僕たちと一緒にバトル ワイワイされる方を募集しておりますので、よろしければどうぞご参加下さいませ。


また、応援葛城(1葛や2葛など)ももちろん募集いたしております。 
応援葛城は、前回の7葛でもそうでしたが、大変心強く励みになっていました。
こちらの方も、どうぞよろしくお願い致します。


尚、表明をして下さった方には、ただいまLINEで7葛グループを作成いたしておりますので、よろしければそちらの方にご招待致します。


7葛メンバーの方に対しての緊急連絡などは、全て7葛グループで行いたいと思います。
応援葛城の方は、このグループにて7葛メンバーの状況をお知らせしますので、どうぞご活用下さい。




そういえば、今回の7葛が決行されれば、当然その記事を書かせてもらうのですが、おそらく最大規模の記事になると思います。


そこで、最大規模な記事に見合うタイトルを考えてみた所、幾つか思い付いたので、ちょっと挙げてみたのですが、、、。


「7葛・夏の陣 〜精魂尽き果てるまで〜」


「7葛・夏の陣  〜燃え尽きて・夏〜」


「7葛・夏の陣  〜天国への階段〜」


「7葛・夏の陣  〜生きる屍〜」


「7葛・夏の陣  〜最後の時〜」


「7葛・夏の陣  〜生き急ぐ戦士たち〜」


「7葛・夏の陣  〜召されよ〜」



なんか昇天系なタイトルばっかりやなwww



それは何故か?
原因は、そのメンバー構成にあると思いますw

では、お待たせ致しました(待ってない
6/28現在の7葛メンバーと応援葛城メンバーをご紹介致します。



7葛戦士

・ko460さん
(登りのヒットマン。いつの間にか背後についている。スタート前、こちらには笑顔で対応しながら、手元ではいつもタイムをゼロに合わせている。優しい人柄とは裏腹に、その瞳の奥はいつも虎視眈々)


・ハルさん
(ダンシングブレイカー。まさにリアル巻きちゃんダンシング。しかも速い!おまけに、「最近はシッティングでも回せるようになりました」と、もう手のつけようがない。そして柔らかな瞳の奥はいつも虎視眈々)


・トプローさん
(おなじみ、快速獣人トプロングホーン。付き位置でその背中を見ると、いつも青い炎が出ている。緩斜面になった瞬間に変身する。そして男らしいその瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・リッツさん
(急成長ど真ん中。歳は僕と一緒なのに伸びしろ率がパネー。今回、全くの初葛城挑戦。その無謀さは通ずるものがある。おそらく、この経験で一気に成長の予感。道が詳しいその瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・YASUさん
(最近、自己記録を何分単位で縮めている強者。これから先も、グングン更新しそうな勢いのあるライダー。はっきり言って要注意。おまけに逆ブラインドというよく分からないテクニックで相手を翻弄する。外人ライダーのようなその瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・なおとさん
(癒しキャラ。しかし、「これぞ、THE・ど根性」というライドで決してくじけない、意志の強い持ち主。たまに「なんて日だ!」と言いそうな表情をする時がある。今回の7葛、おそらく努力と意地がキラリと光るだろう。そんな根性の瞳の奥は、いつも虎視眈々)


・Zackeyさん
(お会いするのは今回初めて。にも関わらず、いろんな方面からそのポテンシャルの高さを耳にする。葛城山そのものが初めてだが、全ルートのクリアはもちろんの事、確実にその爪痕を残して行きそうな匂いがプンプン。お菓子待ってます。そんなZackeyさんの瞳の奥も、きっと虎視眈々)



・乗り気さん
(一言で言うとライオンキング(なんやそれ。恐ろしい実力の持ち主(経験済み)彼の雄叫びで葛城山そのものが制圧されそう。もちろん初葛城。少なくとも、おやじ転車は彼によって気化されるだろう。見た目は笑顔の素敵なナイスガイ。しかし、その瞳の奥はラオウな覇王)


・おやじ転車
(メンバーにビビりすぎてコメントなし)


応援葛城戦士

・100太郎さん

・ユキオさん

・zoomさん


みなさま、応援よろしくお願いします!!


と、今のところ、このようなメンバーになっております。


この記事をご覧下さって、

「よっしゃ、俺も私もやってやるか!」

という方がいらっしゃいましたら、もうホントにどんどんお待ちしております。


よろしくお願いします。



7葛・夏の陣 進捗状況でした。


2016-05-01-14-02-01
「ゆたか茶屋」さんより撮影(今回行かないけど)




読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


すんごく突然なのですが、


7葛、一緒にやりませんか?


ただ、決行日が7月5日(火)というド平日なのがアレですがw


僕は、今年の目標の中の一つに「四季の7葛」というのを揚げていて「7葛・夏の陣」はその夏バージョンになります。

春の7葛は、今や伝説となっている(なってない


〜7葛で見た初老たちの熱い思い〜


の時に行い、それはもう感動の7葛だった事を今でも鮮明に覚えています。


この時参加して下さった方は、100太郎さんとハルさん、そしてたくさんのサプライズゲストの皆さんでした。


いい思い出でした。


今回、一緒にやりませんか?とお誘いさせて貰っているのは、単純に一人で登り続けるよりも、皆さんと登る方が色んな意味で楽しいからです。

そして、夏の7葛は経験上厳しいものになるかと思いますが、厳しかったり楽しかったり、仕事以外でそんな全てを共有出来る事って、大人になるにつれ少なくなってきてるような気がして、、。


そんな理由から、ご案内させて頂く運びとなりました。


葛城山を登る事が出来る方でしたら、どなた様もどしどしご参加お願いします!


平日なんでアレですが!


7葛参加でなくても、1葛冷やかし、応援葛城など、何葛城でも来て貰えるだけで嬉しく思っております!


それではご案内です。


「7葛・夏の陣 〜精魂尽き果てるまで(仮)〜」


・7月5日(火)6:30頂上スタート(6時30分に出発しますので、それまでに頂上集合でお願いします。)

・雨天荒天時は中止(前日の18時までに、http://weather-gpv.infoにて判断したいと思います)

・ルート(コースは下記の通りで遂行しますが、時間はあくまで目安です)


6:30頂上発→7:00粉河→8:00頂上→8:30中尾→9:30頂上→10:00犬鳴→11:00頂上→12:00蕎原(愛のパンで軽い昼食)→13:00頂上→13:30塔原→14:30頂上→15:00神通→16:00頂上→16:30牛滝→17:30頂上


こんな感じで考えてます。登りで1時間、下りで30分、愛のパンで30分。

人によっては、かなりの余裕を見たタイムスケジュールになってますが、これが意外とカツカツになったりする時もありますw

ちなみに、うどんの「ゆたか茶屋」さんは火曜日は定休日となってます(管理練そのものが閉まってる)


応援して下さる方や、少しだけ参加の方は、この時間を目安にして下さいませ。



現時点で、7葛参加予定の方は、

ko460さん
ハルさん
トプローさん
YASUさん
なおとさん
おやじ転車

となってます(このメンバーはマストw


そして、まだ確定ではありませんが、あんな方やこんな方がいけるかもと、もっぱらのウワサです(僕の中でw

更には応援に来てくださる方も、僕にとっては嬉しい方々が来てくださるかもと聞いてます。


ちなみに、現時点で応援して下さる方は

100太郎さん(マスト)
ヤス吉さん(マスト)

となっております。



ご参加の表明、質問等ございましたら、この記事のコメント欄にてお願い致します。



それでは皆様、たくさんのご応募お待ちしております!!
ありがとうございました!


2016-05-01-15-46-10





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

おやじ転車です。


いよいよと言いますか、ようやくと言いますか、

最終回です。

おやじ転車、感極まってPCの画面が潤んで見えません。
そんな状態で、最後まで書き終える事ができるのでしょうか。



それでは、シリーズ最終話、

7葛で見た初老たちの熱い思い ⑨
〜 粉河編その2:初老たちの熱い思い 〜

どうぞご覧下さいませ。
ありがとうございました。




波乱の幕開けとなった、7葛目のスタート。

僕と100太郎さんは気持ちは燃えていましたが、やはりと言いますか、体はそれにはついて来てくれませんでした。 

最初こそ喋りながら登っていたものの、やがて会話もなくなり長い長い緩坂を黙々と並走しながら登って行きます。 


「ハルさんは無事に登っているのだろうか・・」


時折、そんな事も思ったりもします。


日もだいぶ落ちてきました。 

僕たち二人の長い影が、ゆっくりゆっくりと進んで行きます。 


「100太郎さん、限界に近いやろな・・ほんまにキツそうや」


あたりはとても静かで、風の音とペダルを回す音しか聞こえて来ませんでした。 


「頑張ってと声をかけたいけど、もう既に頑張る以上に頑張ってるし」 

「黙って見守るしか俺には出来ひん」 


100太郎さんは、疲労感を滲ませながらも頑張ってペダルを踏んでいました。 

それでも、サングラスの奥の瞳は生きていると感じました。 

おやじ転車、心の中で 

「その調子その調子!!」 

と叫んでいました。 



何度か空気を再注入するため、自転車を降ります。 

その時、100太郎さんが 


「もう膝がガクガクで寛平ちゃんみたいや」
 

100太郎さんの膝はプルプルしてました。 


ほ、ほんまに寛平ちゃんみたいやないかw 


思わず吹いてしまいましたw w

100太郎さんの仕草は、寛平ちゃんそのものでしたw 

ご自分でこの重い空気を一気に振り払うとは・・。

100太郎さん、お見事ですw

おやじ転車、思わず



「かい〜〜の、やって下さい」
 

と頼みそうになりましたが、言ったら殴られると思ったのでやめましたw
 

そして、再び走り出します。 


「このペースだと、かなり時間がオーバーするな・・。ハルさんはもう着いたのだろうか」

「ハルさんは、きっと先に帰る事になるやろな・・」




ようやく神通との分岐点に差し掛かり、ちょっと達成感です。 


しかし、ここから頂上までは、まだ約5kmあります。5kmてw 


空気の注入もだんだん頻繁になってきて、自転車を降りる回数も増えてきました。 



「100太郎さんの自転車、頂上まで持つかな」
 


何度何度も空気を入れながら、少しづつ少しづつ進んでいきました。


「100太郎さん、自転車さすがにヤバくないですか?」

「いや、でもここで諦めたくないんですよね」


おやじ転車、そのセリフに返す言葉がありません。


「わかりました、行きましょう100太郎さん」


再び自転車を前へ前へと進めます。


すると、前方から一台の車がやって来て、僕たちの前で止まりました。


「ん?何?」



「お二人とも大丈夫ですか??!!」



「ハ、ハルさん!!!!」(ここ、登場のBGM要)



なんと、一足先に7葛を達成したハルさんが、時間がリミットにも関わらず僕たちを心配して来てくれたのです!!!


僕はこの時、マジで感動しました。


初老たちの熱い思い・・


3人の葛城戦士、一気に盛り上がりを見せます!!


ハルさんの運転する車は、ハザードランプをつけながら僕たちを先導します。


「まるでサポートカーっすねww」


この雰囲気、

大ピンチのエース:100太郎さん

心配性のアシスト:おやじ転車

ガチメカニック:ハルさん


こんな構図が成り立っていましたw


そう、100太郎さんはエースです。

エースのタイヤの空気が抜けてます!

サポートカーは緊急停止!

メカニックのハルさん、ハッチバックを開け予備タイヤ(ハルさんのw)出して、手際よくエースに渡します!


エース自ら交換してましたww


「おぉー、めっちゃ軽いwww」


タイヤを交換したエースの100太郎さん、最後の登りを一気に駆け上がります!

アシストのおやじ転車、すぐに前へ出てエースを牽き始めます。


なんという連携プレーw

最後の最後で、初めての一致団結!!ww


「こんな嬉しい7葛はかつてあっただろうか」


おやじ転車、もう感動しまくりです。

そして、頂上が見えてきました!


100太郎さん!あとは任せました!!と心の中で叫び、先頭を譲ります!


100太郎さん、渾身の力を込めてゴーーーール!!!!



やったーーーー!!!!!



全員、7葛達成です!!!!!


やりました。全員がやり遂げたのです。



記帳しました。

BlogPaint

100太郎さん、ハルさん、おめでとうございます!



そして、感動の余韻に浸る時間もないまま、慌てて帰る用意をしますw

このへんが葛城戦士らしいですw



もう今にも車を出しそうな勢いだったので、



「すみません、せめて記念に一枚w」




パチリ!!
2016-05-01-17-44-45




2016年5月1日 和泉葛城山頂上にて

7葛
184.8km  8,139up






長い長いシリーズ、最後の最後までお読み下さり、本当にありがとうございました。

感謝の気持ちで一杯です。







読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


このページのトップヘ