GOGO!おやじ転車

ホビーライダーが書く、自転車って楽しいね日記

カテゴリ: 機材

おやじ転車です。

 今日は、なかなか書くことが浮かばず、連続更新を断念しようかと思いました。

「せっかくここまで続いたのになぁ」

と、日本酒を飲みながらcaad12のフレームをコンコンしていると、

「あ、caadとprimaのフレームの音の違いなんてどおやろう?」

なんじゃそれ。

明らかに苦し紛れの発想です。

僕は自転車に乗ることは大好きで、ライドの様子を書く事にはそんなに苦ではないのですが、機材については基本的な事以外は全く詳しくないので、文章で表現する事がなかなか難しいです。

ですので、僕の「機材カテゴリー」の内容はもう恥ずかしいくらい薄っぺらい内容です。
そして、今回のこのよく分からない内容も「機材カテゴリー」に入れて、より拍車をかけますので、そこんとこよろしくお願いします。


それでは、2008年と2015年という時代の差、コルナゴとキャノンデールというメーカーの違いがありますが、同じアルミで音がどれほど変わるかお聴き下さい。
(しかし、ほんまなんじゃそれ)

 

いかがでしたしょうか?
caadの方が、アルミの厚さが薄い音してませんか?

実際触ってみると、primaは分厚くしっかりとしたアルミ、 caadはほんとに薄く、ちょっと力を加えると凹んでしまいそうなアルミの感じがします。

caad12、アルミなのにこれだけの軽量だというのは驚きなのですが、気をつけて乗らないと、ぶつけてしまったら直ぐに凹んでしまいそうな怖さがあります。


時代とメーカーの違いは当然ありますが、こうやって音一つ取っても、これだけの違いがあるのは驚きですね。

そして、これだけ薄いアルミでも、ガンガン乗っても、ガシガシ踏んでも(この辺が全く理論的でなく、擬音で全てを語ろうとしている)何も支障ないどころか、踏み込むほど自分の力以上に進んでくれます。

caad12、ほんとすごいです。
(他の高級バイクに乗った事ないから言えるんですけど)

今日は、そんな音の違いから「今のアルミって凄いな」をお伝えしました。


全然理論的ではない機材評価、最後までお付き合い下さりありがとうございました。





読んで下さった皆さま、ありがとうございました。
ランキングに参加しております故、応援して貰えると幸いです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





 

おやじ転車です。

今日は、体調の事もあり脚のOFF日としました。
明日は休みなので、自転車で何処か行きたいですし。

それで、今回は僕の持っている自転車、COLNAGO primaveraとCANNONDALE caad12
の違いを、会話形式でご説明したいと思います。

いかんせん、乗った事のある自転車が少なく、この2台を基準としての比べでしかないので、 ご参考になるか分かりませんが、よろしければどうぞお付合い下さいませ。

表現も下手です。例えば、剛性・しなり具合 ・クイックな何とかとか、いまいち分かっていません。

ですので、あくまでこの2つを 比べてどうなのか?と言った視点で、そして、もしこの2台と会話出来たら、彼ら(彼女ら?)は何と言うのか、そう言った形で2台の違いを表現してみたいと思います。 

ホイールは、caad12がwh9000-24でprimaがwh6800です。
タイヤのサイズは、caadが25cでprimaは23cです。

それでは、どうぞご覧ください。

●乗り心地(振動性)
caad12の場合

おやじ転車「あ、コンクリートのデコボコ道や!」

caad12「旦那!こんなデコボコ、あっしのフレームで和らげますぜ!」

おやじ転車「うぉっ、このデコボコ、角が取れてる!まろやかぁ〜」

primaの場合

おやじ転車「あ、コンクリートのデコボコ道や!」

prima「マジっすか?!旦那ゆっくり行ってくだせぇ!いてっ!いててっ!」

おやじ転車「いてっ!いてっ!いててっ!」

●漕ぎ出し
caad12の場合

おやじ転車「信号青や、よし行くかっ!」

caad12「行きますぜ旦那」

スッ

おやじ転車「相変わらずクール軽いな」

primaの場合

おやじ転車「信号青や、よし行くかっ!」

prima「はいはい、行きますよ」

ギーコギーコ

おやじ転車「船の漕ぎ出しとちゃうねんから…」

●加速感 
caad12の場合

おやじ転車「よっしゃ、ここから更に上げていくで!」

caad12「合点承知の助!!」

おやじ転車「あ、ちょとちょっと、速すぎやろ?! 俺のスピードに合わせてや!」

caad12「旦那!それを言うなら、もっと鍛えて下さいよ!」

おやじ転車「ごめん」

primaの場合
 
おやじ転車「よっしゃ、ここから更に上 くで!」

prima「合点承知の助!!」

おやじ転車「あ、ちょとちょっと、遅すぎやろ?! 俺のスピードに合わせてや!」

prima「旦那がもっと落として下さいよ〜」

おやじ転車「俺が減速してどーすんねーん」

●登坂力
caad12の場合
 
おやじ転車「きっつい坂や!caad12いけるか?!」

caad12「任せて下さいよ!旦那!ちょっとトルクかけてみて下さい!」

おやじ転車「うおっ!かるっ!坂がちょっとだけ好きになったわ!」

primaの場合
 
おやじ転車「きっつい坂や!primaいけるか?!」

prima「無理っす」

おやじ転車「…」

●ダンシング
caad12の場合
 
おやじ転車「caad12!ここからダンシングで加速するで!」

caad12「了解しやした!旦那!リズムよく踏んでみてくだせぇ!」

スパッスパッスパッ!
グイッ!グイッ!グイッ!

おやじ転車「caad12!切れ味良すぎ!俺の実力以上に進まないで!お願い!」

primaの場合
 
おやじ転車「prima!ここからダンシングで加速するで!」

prima「ココからっすか?!マジで?!空気よんで下さいよ〜 全く〜」

ヒーコラヒーコラヒーコラ

おやじ転車「頼むし進んで」

●下りのコーナリング
caad12の場合
 
おやじ転車「caad12!このコーナー、このスピードでいけるか?!」

caad12「任してくだせぇ!行きますぜ、旦那! 振り落とされないで下さいよ!」

おやじ転車「言ってくれる!なっ?!このスピードで膨らまず吸い付くように曲がっていく!!」

caad12「旦那!テクニックあれば、もっと突っ込めますぜ!」

おやじ転車「そ、そうか(もう無理)」

primaの場合
 
おやじ転車「prima!このコーナー、このスピードでいけるか?!」

prima「ヒェッ」

おやじ転車「おぉっ、あかんあかん!膨らんでるって!」

prima「ヒェッ」

おやじ転車「減速〜〜!!」

と、まぁ正直、primaとcaad12ではこのくらいの差があります。
決してprimaがダメだと言ってる訳ではありません。
他と比べる事をせず、prima単体であれば、これはこれで性能的に何ら問題ない自転車やと思います。
しかし、caad12とwh9000との組み合わせで乗り比べてみると、正直caad12の圧勝です。
ただし、スピードのキープは、そんなに遜色ないように思いましたけども。
例えば、時速40kmをキープするといった具合です。
そこから加速とかすると、ハッキリとした差はでますが、キープのままだと2台とも同じような感じです。
そこが、唯一primaと変わらない感じがしました。

まぁ値段も全然違いますしね。

でも、僕はこのprimaが大好きです。

2台とも僕の宝物です。

明日は葛城山かな。

いつも最後まで目を通して下さりありがとうございました。

おやじ転車です。

いつもご覧頂きありがとうございます。

予報通りの雨でしたね。午後からは止みましたが、風と寒さがキツかったように思います。
なので、今日は脚のOFF日です。

先日、1号機がオーバーホールから帰ってきました。
COLNAGO primavera2008モデルです。
2015-12-02-11-09-59
昨日の水越ライドで、95kmほど試走しました。

ショップの店長さん、ありがとうございました。
調子、ばっちしです。

primaは、いわゆる入門モデルというやつです。
見た目オンリーで購入しました。

簡単なスペックは、
コンポ 5600系
ホイール wh6800(もともとはアクシウム)
重量は約9kg

その当時、ロードバイクの「ロ」の字も知らない僕が、
自宅の堺から、その時の現場である吹田までの電車通勤がどうしても嫌だったので、
あらゆるプレゼンを駆使して嫁さんに提示し、やっとの事で購入したバイクです。

そして、僕は大和川の朝日と淀川の夕日を、
こいつとともに風を切りながら走ってきました。
かっこいい表現ですが、実際は毎日必死のぱっちでした。

primaとはかれこれ7年の付き合いになります。
2015-12-02-11-10-22
愛着感、パネーです。

caad12に乗り換えてから、あまりの性能の違いに正直愕然とはしましたが、
しかしだからと言って、乗らないつもりは全くありません。
おそらく、複数台持ってらっしゃる方は皆そうだと思いますけれども。

当初のかっこよさ重視、街乗り専門で乗ってた僕に付き合ってくれたprima。
本格的な山道を駆け上るにまでに僕を成長させてくれたprima。
たまに、本気で話しかける時もあったprima。

そして、僕の舌を唸らせたprima、、ハム。

・・・。

いつまでも大事に乗っていきたいですね。


今日も最後までありがとうございました。
 

このページのトップヘ